化粧品業界の次なるSDGsトレンドは「アップサイクル」 で循環型社会へ。海外の9事例
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

化粧品業界の次なるSDGsトレンドは「アップサイクル」 で循環型社会へ。海外の9事例

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

本来は廃棄されるはずの素材に、手を加えることで付加価値を与え、新しい材料や製品に変換する「アップサイクル」。化粧品業界では、SDGs文脈におけるリサイクルの次の段階として、この試みが広がりつつある。パンデミックをきっかけに、注目度が高まっているアップサイクル原料について、海外ブランドや原料企業各社の取り組みの9つの事例を紹介する。

従来ゴミとしていたものに付加価値づけし原料などにアップグレード

「アップサイクル」とは、廃棄物や不要になったものや、生産工程で出る副産物などをゴミとして捨てるのではなく、アイディアや手を加えて、そのモノの価値を高め、新たな需要を生み出すサステナブルな循環システムを指す。

「リサイクル」は、廃棄されていたものを再生利用するという意味では、アップサイクルの持つ意味に近いが、リサイクルでは廃棄物を一旦、資源の状態にまで戻してから再商品化する。たとえば回収した使用済みPETボトルを再生処理して、フレーク化、ペレット化したプラスチック原料にするなどが一例だ。それに対して、不要品の素材や特徴をそのまま活かし、かつ価値をアップグレードするのがアップサイクルで、リサイクルに比べて再生処理にかかる手間やコストが比較的少ないのも特徴だ。

欧米を中心に、化粧品業界では大手、スタートアップを問わず、アップサイクルの試みに着手する企業が増えている。なかでも、世界的な課題となっているフードロスに着目し、廃棄される食材や食品製造の過程で生じる副産物をアップサイクルすることで化粧品原料に変換している事例が多い。

アップサイクル原料の使用は、クリーンビューティやヴィーガンコスメとの親和性が高く、2019年頃より、ザ・ボディショップやラッシュなどのグローバルブランドも商品化をスタートさせている。そして2020年からのパンデミックに伴い、原料の調達や生産、販売までのサプライチェーンが、多くの業界で打撃を受けたのをきっかけに、アップサイクル原料による、地域内での循環社会の構築に注目が集まるようになってきた。

アマゾン傘下の大手オーガニックスーパー、ホールフーズ・マーケットでは、「2021年ビューティトレンドTOP5」の1つに、アップサイクルを挙げている。「新型コロナウイルスの影響で、消費者の生活や意識に大きな変化が生まれた。消費者は、アップサイクルや水の使用量を抑えた原料など、環境負荷が小さく自分の価値観にあったブランドを求めている」と、同社のレポートに記述されている

この続きをみるには

この続き: 3,642文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf