新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

化粧品業界の次なるSDGsトレンドは「アップサイクル」 で循環型社会へ。海外の9事例

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

本来は廃棄されるはずの素材に、手を加えることで付加価値を与え、新しい材料や製品に変換する「アップサイクル」。化粧品業界では、SDGs文脈におけるリサイクルの次の段階として、この試みが広がりつつある。パンデミックをきっかけに、注目度が高まっているアップサイクル原料について、海外ブランドや原料企業各社の取り組みの9つの事例を紹介する。

従来ゴミとしていたものに付加価値づけし原料などにアップグレード

「アップサイクル」とは、廃棄物や不要になったものや、生産工程で出る副産物などをゴミとして捨てるのではなく、アイディアや手を加えて、そのモノの価値を高め、新たな需要を生み出すサステナブルな循環システムを指す。

「リサイクル」は、廃棄されていたものを再生利用するという意味では、アップサイクルの持つ意味に近いが、リサイクルでは廃棄物を一旦、資源の状態にまで戻してから再商品化する。たとえば回収した使用済みPETボトルを再生処理して、フレーク化、ペレット化したプラスチック原料にするなどが一例だ。それに対して、不要品の素材や特徴をそのまま活かし、かつ価値をアップグレードするのがアップサイクルで、リサイクルに比べて再生処理にかかる手間やコストが比較的少ないのも特徴だ。

欧米を中心に、化粧品業界では大手、スタートアップを問わず、アップサイクルの試みに着手する企業が増えている。なかでも、世界的な課題となっているフードロスに着目し、廃棄される食材や食品製造の過程で生じる副産物をアップサイクルすることで化粧品原料に変換している事例が多い。

アップサイクル原料の使用は、クリーンビューティやヴィーガンコスメとの親和性が高く、2019年頃より、ザ・ボディショップやラッシュなどのグローバルブランドも商品化をスタートさせている。そして2020年からのパンデミックに伴い、原料の調達や生産、販売までのサプライチェーンが、多くの業界で打撃を受けたのをきっかけに、アップサイクル原料による、地域内での循環社会の構築に注目が集まるようになってきた。

アマゾン傘下の大手オーガニックスーパー、ホールフーズ・マーケットでは、「2021年ビューティトレンドTOP5」の1つに、アップサイクルを挙げている。「新型コロナウイルスの影響で、消費者の生活や意識に大きな変化が生まれた。消費者は、アップサイクルや水の使用量を抑えた原料など、環境負荷が小さく自分の価値観にあったブランドを求めている」と、同社のレポートに記述されている

セレブエステティシャンで自身の化粧品ブランドも持つアンジェラ・ケグリア(Angela Caglia)氏は、2020年のBYRDIE誌のインタビューに答え「アップサイクルがリサイクルに取って代わるようになる」として、「アップサイクルとは、アイテムを再利用してモノの寿命をのばすことであり、すでに溢れている埋立地にゴミを追加することが避けられる」と語っている

廃棄される果物、野菜など、植物性素材を利用する3ブランド

具体的に、アップサイクル原料を使った化粧品ブランド事例をみていこう。まずは、廃棄される食材など植物性素材を、化粧品の原料として利用するケースだ。

ザ・ボディショップ

早い段階から環境問題に積極的に取り組むザ・ボディショップでは、見ためが悪いという理由で売り物にならず廃棄されるオーガニックの人参を農家から仕入れ、ヴィーガン洗顔料「キャロット・ウォッシュ」や「キャロット・クリーム」として商品化し、2019年7月より販売を開始した。英国では農作物の20~40%が、外見に難があるために市場に出せないとされるが、人参に含まれる豊富な抗酸化成分には変わりがない点に目をつけ、原料として活用した。同様に、出荷前の選別ではねられた規格外のバナナを使ったコレクションや、形が不揃いな果物を使ったバスブレンドを販売。いずれもサステナブルな商品パッケージを採用し、多くの消費者から支持を得ている。

UGLYCHIC 

地方創生をテーマに地場の特産品を使ったヴィーガンコスメブランド「owndo」を手がける、韓国企業BLOCALLYが立ち上げた「UGLYCHIC」も、形が悪かったりキズがあるなど、見ためがUGLY(醜い)なために廃棄されるオーガニックな農作物を原料に採用。ブロッコリーを用いたUVクリーム、チョウセンゴミシのシャンプー、リンゴから作ったデリケートゾーン・フェミニンウォッシュなどをラインナップする。

Le Prunier 

生産農家が、作物の廃棄物を利用した化粧品ブランドを立ち上げるケースもある。Le Prunierの「Plum Beauty Oil」は、米カリフォルニアで100年にわたりプラムを栽培するファミリー企業の農園で誕生した製品だ。世界最大のオーガニックプラムの生産者である同園では、収穫したプラムをコールドプレスし、これまで廃棄されていた種からオイルを抽出。ビタミンEが豊富に含まれたスキンケアなどに使える美容オイルとして提案している。またコールドプレスで残った果肉は、ドライフルーツやベビーフードに利用され、無駄になるものは何もないゼロウエストを実現しているとする。

他産業の製造過程で出る副産物を活用する6つのブランドや企業

アップサイクルではさまざまな産業で商品の製造過程で発生する、搾りかすなど、これまでは廃棄されることの多かった副産物を活用する例も少なくない。

ラッシュ

環境負荷を軽減するサステナブルな商品を次々と発表しているラッシュでは、缶詰などに加工する際に出るひよこ豆の煮汁「アクアファバ」に着目した。アクアファバは泡立てるとメレンゲ状に膨張するなど、卵白に似た性質をもち、卵白の代替品としてヴィーガニストの間で注目されている。ラッシュではアクアファバには髪をダメージから守り強くする働きがあることを見出し、シャンプーバーやコンディショナーに配合している

スクリーンショット 2021-05-31 13.40.09

Lush Vegan Protein Shampoo
出典:Lush UK

IFF

アップサイクル原料の利用は、香料の世界にも広がっている。米国の大手香料メーカーIFFでは、クリーンビューティの世界的なトレンドを背景に、果物や野菜を粉末にして配合する化粧品生産技術や、食品廃棄物の再利用ソリューションを持つ米PowderPure社を2017年に買収。同社の技術力を活かし、フードロスの問題に取り組む複数のプロジェクトを2019年から立ち上げ、いくつもの製品化を果たしている。たとえば、バイオマス生産したローズマリーやホップを燻煙したサンフラワーオイル、スーパーやジュースバーで廃棄されるオレンジの皮を回収して抽出したエッセンシャルオイル、ターメリックの収穫時に廃棄されていた葉や根から抽出した香り成分などだ。IFFでは、このようにアップサイクル原料を積極的に利用し、農家や食品加工工場で出る副産物を利用して商品化する循環型社会を目指しているとする

シムライズ

香料・芳香化合物、食品成分などを取り扱うドイツが本拠地の化学品メーカー、シムライズでも、アップサイクルにもとづくクリーンビューティ向けの化粧品原料を提案している。同社では、クランベリーを採用し、クランベリージュースなどの製造工程で出る絞りかすとフィルターで取り除かれる種から、抗酸化や肌の柔軟性を高める作用のある成分をパウダー状に抽出し、原料として販売を開始した。そのほかにも、食品業界で発生するアーティチョーク、カリフラワー、アスパラガス、玉ねぎなどの野菜の副産物から、オイルを抽出しフレグランス原料を製造。あわせて、原材料の野菜は、季節性を尊重しながら、地元で調達しているとする

O’ Right

台湾発のヘアケアブランド「O’right」は、2006年にコーヒーを淹れたあとの残りかすから抽出したオイルを配合したシャンプーを発売。容器もコーヒーかすとPLA(生分解性ポリマーの一種)から作られた生分解性ボトルとする。あわせて、廃棄物の削減と地球資源の有効活用を目指し、循環型のモノづくりを説くCradle to Cradle認証を取得している。また、世界レベルの研究部門を持つ証しとして、国際TAF認証を5つ保持。2018年には世界初のゼロカーボンシャンプーを開発したほか、2019年「サステナブル・ビューティ・アワード」のサステナビリティ・リーダーシップ部門で優勝するなど、数々の賞を受賞しており国際的にも高い評価がされている。

Dr.Craft

カシスジュースの搾りかすに天然由来の色素アントシアニンが含まれ、これにヘアカラーリング効果があるとの、英国リーズ大学教授による発見にもとづき、アップサイクル原料を使用したヘアカラーを発表したのが、Keracolが運営するDr.Craftだ。同ブランドは、英国のスーパーなどで広く販売されているカシス由来の清涼飲料「ライビーナ(Ribena)」の製造工程で出る副産物を使用し、最大で12回髪を洗うまで色落ちしない、ナチュラルなカラーリング剤を開発した。

画像3

Natural Purple Berry
Brightening Serum(中央)
出典:Global Cosmetics News

Circumference

サステナブルスキンケアブランドをうたうCircumferenceは、オリーブオイルメーカーのBrightlandとパートナーシップを結び、米カリフォルニアの農園でオリーブオイルを生産する工程で、使用されずに廃棄されるオリーブの葉からの抽出成分を配合したクレンザーを2021年4月にローンチした。同製品は、Circumferenceがスタートした素材の無駄を減らす「Waste-Not Sourcing Initiative」プロジェクトの第二弾商品である。2020年に発表されたワイン醸造業で発生する使われないブドウの葉由来成分を加えた第一弾商品のモイスチャライザーは、同ブランドのベストセラーとしてナンバーワンの売れ行きを誇っている

大手化粧品メーカー各社が容器のリサイクルなど環境負荷を減らすシステムへと移行を始めるなか、廃棄物の削減に繋がるアップサイクル原料の利用は、今後さらに注目を集めることになるだろう。しかし、アップサイクルならではの課題もある。それは、アップサイクル原料=ゴミの利用というネガティブなイメージが一部では根強く、化粧品に使用することに嫌悪感を感じる層も少なくない点だ。

英国のあるデザイン会社の従業員24名に対して行なった簡易調査では、アップサイクル原料を使った化粧品の魅力度は、10点満点で6点にとどまった。そして約半数が、生ゴミを連想し購入をためらうと答えている。アップサイクル原料が「通常なら廃棄されるもの」「搾りかす」「余剰品」に由来するという説明だけでは、「まっさら(ヴァージン)な」原料に比べて、劣っているように受け止められかねないのだ。メーカーはどんな意図を持って、アップサイクル原料をどのように使用しているのか、そのクオリティや製造工程について、消費者に細やかに伝えていく必要がある。

Text: 佐藤まきこ(Makiko Sato)、編集部
Top image: MT-R via shutterstock

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
49
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp