マガジンのカバー画像

ソーシャルアクション

43
BeautyTech.jpのなかで美容企業・ブランドによる社会課題に対するアクションに関する記事です。
運営しているクリエイター

記事一覧

受賞プロジェクトは、パーソナライズと高い社会性がキーワード「Japan Beauty and Fas…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(…

BeautyTech.jp
2か月前
13

中国新興フェムケアブランド「Big Tree Cloud」、生理の貧困など社会課題に切り込み急…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ |メルマガ(…

BeautyTech.jp
2か月前
14

「ゲーミフィケーション」「美容×メンタルヘルス」がキーワード【海外トレンド 2023…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3か月前
25

それは社会性のあるイノベーションなのか。「Japan Beauty and Fashion Tech Awards 2…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1年前
8

バングラデシュのD2Cブランド先駆けとしてTruce Beautyが目指すエシカ…

まだD2Cブランドが少ないバングラデシュで、BLMをきっかけとする若い世代のムーブメントにイン…

BeautyTech.jp
1年前
19

リトコスとアルデバラン、日本でソーシャルコスメをリードする2社の地域発の試み

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1年前
17

食べられる容器や菌糸体のエコ素材などユニークなサステナブルパッケージ【Luxe Pack Paris 2022後編】

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 2022年5月末に仏・パリで開催された持続可能なプレミアムパッケージに特化した展示会「Edition Spéciale by Luxe Pack」の前編では、ラグジュアリー美容企業のエコデザインの開発背景についてレポートした。後編は同展示会に出品された自然由来のユニークな素材などを用

インド美容ECのBODDESS、Z世代へのメッセージ性とオムニチャネル戦略で急成…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1年前
19

ファーメンステーションが新原料開発でOEM事業開始、グローバル展開も視野へ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1年前
24

ロレアルやLVMH、アフリカの化粧品原料とマルチカルチャー美容市場の可能性を語る

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1年前
19

コスメバンク本格始動、経済的困難下の女性世帯にコスメギフト配布と化粧品余剰課題の…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2年前
36

マーケ主導でSDGsとビジネス戦略を融合、ユニリーバの「LUX Rethink …

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクか…

BeautyTech.jp
2年前
28

仏美容業界トレンド、触覚の数値化や企業横断の環境インパクト評価基準など 【Cosmeti…

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクか…

BeautyTech.jp
2年前
30

フランスの美容・ファッションスタートアップによるエシカルな循環型消費の最前線

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 仏政府系投資銀行Bpifranceが主催したイベント「BIG」は、中小企業やスタートアップのグローバル進出を後押しするのが目的だ。マクロン大統領も登壇し、女性起業家支援の一層の推進や、循環型経済といったホットトピックスが飛び交った。