マガジンのカバー画像

ソーシャルアクション

46
BeautyTech.jpのなかで美容企業・ブランドによる社会課題に対するアクションに関する記事です。
運営しているクリエイター

記事一覧

化粧品ロス課題を“ブランド価値”に転換へ、ドットシーが挑む専門ECサイト

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2週間前
25

化粧品ビジネスの可能性に投資も加速、公正な取引への環境整備が急務【アフリカ市場の…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2週間前
24

英ラッシュCDOが明かすSNSもCRMも「やらない」戦略、業界に投げかけるユーザーファー…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2か月前
50

受賞プロジェクトは、パーソナライズと高い社会性がキーワード「Japan Beauty and Fas…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(…

BeautyTech.jp
5か月前
14

中国新興フェムケアブランド「Big Tree Cloud」、生理の貧困など社会課題に切り込み急…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ |メルマガ(…

BeautyTech.jp
6か月前
13

「ゲーミフィケーション」「美容×メンタルヘルス」がキーワード【海外トレンド 2023…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
7か月前
25

それは社会性のあるイノベーションなのか。「Japan Beauty and Fashion Tech Awards 2022」が光をあてた6社

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 株式会社アイスタイルと『WWDJAPAN』を発行する株式会社INFASパブリケーションズが主催し、2022年のビューティとファッションの領域で最も「人を幸せにするイノベーション」を体現した企業およびプロジェクトを表彰する「Japan Beauty and Fashion Tech A

バングラデシュのD2Cブランド先駆けとしてTruce Beautyが目指すエシカルコスメ

まだD2Cブランドが少ないバングラデシュで、BLMをきっかけとする若い世代のムーブメントにイン…

BeautyTech.jp
1年前
19

リトコスとアルデバラン、日本でソーシャルコスメをリードする2社の地域発の試み

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1年前
17

食べられる容器や菌糸体のエコ素材などユニークなサステナブルパッケージ【Luxe Pack …

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2年前
16

インド美容ECのBODDESS、Z世代へのメッセージ性とオムニチャネル戦略で急成長

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2年前
19

ファーメンステーションが新原料開発でOEM事業開始、グローバル展開も視野へ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2年前
25

ロレアルやLVMH、アフリカの化粧品原料とマルチカルチャー美容市場の可能性を語る

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2年前
19

コスメバンク本格始動、経済的困難下の女性世帯にコスメギフト配布と化粧品余剰課題の双方を解決へ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 全国のシングルマザーら経済的困難を抱える世帯に、化粧品メーカーが持つ余剰在庫のコスメを詰め合わせ、支援団体などを通じて無償提供する「コスメバンクプロジェクト」のパイロットテストが、2021年12月に初回ギフトとして2万2,000世帯への配送を終えた。これを受け、活動の継続と拡大を目指