マガジンのカバー画像

AR・VR・XR

96
BeautyTech.jpのAR・VR・XRに関連する記事です。
運営しているクリエイター

記事一覧

三越伊勢丹がメタバース起点イベントでファッション業界の課題と未来を提示する理由

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3週間前
27

リアル、オムニチャネル、そしてメタバースへ。進化する「購買体験」【GW Special そ…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1か月前
7

「CALIVERSE」メタバースコマースの可能性、ロッテグループが仕掛けるハイパーリアル…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2か月前
6

スマホのスキャンでバーチャル店舗を制作、MUJIの銀座店も再現されたKDDI「αU place…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2か月前
7

中国発「XREAL」最新ARグラスは、美容業界も注目すべき"サングラス型”と"空間コンピ…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3か月前
22

リアル店舗とオンラインショッピングの垣根がなくなる「空間コマース」、Shopifyが考…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
4か月前
19

ロート製薬、「根羽清ココロ」と仕掛けるメタバース空間でのコミュニケーションと購買体験

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 株式会社HIKKYが主催するVR空間で開催される大規模イベント「バーチャルマーケット」。2018年8月に初開催されたのち、年2回のペースで開催が定着し、その常連企業のひとつが、2022年から4回にわたって出展を重ねるロート製薬だ。同社のデジタル施策を牽引するチームの担当者に、取り組

生成AIを活用したアバター作成アプリMIAOYAが中国で人気、メタバース内でも活用へ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(…

BeautyTech.jp
5か月前
30

セフォラのビューティイベント「セフォリア」、デジタルとリアルで顧客エンゲージメン…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
8か月前
19

中小の美容サロンや化粧品ブランドも導入しやすくなったデジタル施策、リアルの体験価…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
8か月前
7

レックが挑戦する100均コスメを「普段使い」へ。肌チェックやARバーチャルメイクも導…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
8か月前
14

韓国ミラーロイドがスマートミラーで実現する美容サロンのDX、ARシミュレーションから…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
9か月前
16

インフルエンサーの提案からバーチャルメイク体験で購入導線へ、新・タイアップ手法「…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
10か月前
4

生成AIが飛躍的に変えるバーチャルメイク体験、課題は厳密性の担保【美容業界における生成AIのインパクトを考える(3)】

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o テキストや画像、動画の生成AI(Generative AI)は、日本政府のAI戦略会議で「産業革命やインターネット革命よりずっと大きなものになる」と分析されるほどの社会へのインパクトが想定されている。美容業界のビジネスパーソンとしてどのような展望を描けばよいのか、イノベーション・AI