海外BeautyTechトレンド「米小売大手×化粧品専門店」「新・セレブコスメ」「環境影響評価コンソーシアム」がキーワード【2022年2月-3月】
見出し画像

海外BeautyTechトレンド「米小売大手×化粧品専門店」「新・セレブコスメ」「環境影響評価コンソーシアム」がキーワード【2022年2月-3月】

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

毎月1回、ビューティ業界にインパクトを与える海外ニュースを俯瞰し、注目すべきポイントと報道の裏側にある背景を解説。グローバルな視点からビジネスの潮流を紐解く。今回は、セフォラやウルタと提携する米大手小売チェーンの戦略や、著名な俳優やモデルが自らコミットメントして立ち上げた新たな化粧品ブランドと、30社を超える化粧品企業が協働し2022年末の始動を目指す環境影響評価コンソーシアムについて取り上げる。

大規模小売チェーン米コールズ、セフォラのショップ・イン・ショップを400店新規オープンへ

出典:Global Cosmetics News

★注目ポイント
米小売業界では、コールズがセフォラと、Targetはウルタ、ウォルマートが英Space NKなど、化粧品専門小売との提携を強めている。消費者の変化、いわゆるマス製品だけではなく、ハイエンドやサステナブルなコンセプトの化粧品を他の生活用品と一緒に購入したいという、新しい消費者意識に呼応しての試みだ。

米大手小売チェーンのコールズ(Kohl’s)は2022年内に、かねてから提携関係にあるセフォラのショップ・イン・ショップ「Sephora at Kohl’s」の新店舗を400店、36州においてオープンする計画を発表した。この400店舗により、Sephora at Kohl’sの店舗数は600になり、2023年までに850店舗を目指すとする。

Sephora at Kohl’sはセフォラの路面独立型店舗の外観と雰囲気を模倣し、メイクアップ、スキンケア、ヘア、フレグランスの中高価格帯ブランドや、クリーンビューティブランドを取り扱う。また、セフォラのトレーニングを受けたビューティアドバイザーが接客を担当する。

米大手小売チェーンと化粧品専門店の提携は、Target×ウルタビューティも積極的な展開が進んでおり、2021年8月にはウルタのショップ・イン・ショップ101店舗がオープン、Targetは2022年にはさらに250以上のウルタの新店舗を開設するとしている。

加えて、世界最大の小売チェーンであるウォルマートが、英国のプレステージビューティ小売店Space NKとの提携を発表した。「BeautySpaceNK」と名付けられたこのコラボレーションは、立ち上げ時にまずSpace NKと取引のある15ブランドが参加し、さまざまなカテゴリーから600超の商品をSpace NKがキュレーションして、ウォルマートのECサイトで2022年3月より販売をスタート。今夏には米ウォルマートの約250店舗でBeautySpaceNK専用コーナーが設けられる予定で、独占ブランドも含まれるという。

BeautySpaceNK
出典:Walmartプレスリリース

こうした大手小売チェーンと化粧品専門店のパートナーシップが加速している背景には、米国では実店舗に客足が戻ってきていることが理由の1つにある。だが一方で、原油価格の高騰に代表される物価上昇が進む状況で、ガソリン代など生活費を節約するために、買い物に訪れる場所は1カ所に絞り、多様な商品を一度にリーズナブルな価格で購入できるショップを選ぶという消費者意識が高まっていることも大きい。

さらには、大手小売チェーンがそれぞれの特徴を出し、同店でしか買えない商品を棚に並べることで差別化と顧客の囲い込みを果たし、それを顧客数の増加と買い回りによる売上向上につなげる戦略も込められている。

ウォルマートのプレステージビューティ部門のマーチャンダイジングディレクターのローリー・ティジアー(Laurie Tessier)氏は、Space NKとの提携にあたり、「ウォルマートはビューティのトップディストネーションとして、品揃えを拡充し、魅力的な商品へのアクセスを容易にすることで、顧客を驚かせる新しい方法を常に探している」と話す。あわせて「私たちは、大衆向けとハイエンドの両方の美容製品を、ワンストップのシンプルで真に便利なショッピングスポットで提供できる」と強調し、消費者の要望にいち早く対応していることを示唆した

この続きをみるには

この続き: 3,979文字 / 画像3枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf