コティの救世主となるか。KYLIE SKINは米国らしい憧れとトレンドでできている
見出し画像

コティの救世主となるか。KYLIE SKINは米国らしい憧れとトレンドでできている

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

「KYLIE SKIN(カイリースキン)」は、SNSを駆使したマーケティングにより欧米で大ヒットしたカイリー・ジェンナーのブランド「Kylie Cosmetics」のスキンケアラインだ。そのベーシックアイテムを実際に試用した使い心地や成分の製品レビューを通して、コティ傘下でグローバル展開を狙う同セレブブランドの思惑を探る。

KYLIE SKIN(カイリースキン)」は、米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ(Keeping Up with the Kardacians)」で知られる、セレブリティ一家の最年少メンバーであるカイリー・ジェンナーが、2015年に立ち上げたビューティブランド「Kylie Cosmetics(カイリーコスメティクス)」のスキンケアライン。2019年5月、スキンケア8品、ボディケア3品でローンチされた。

「Kylie Cosmetics」はわずか3色のリキッドリップとリップライナーのセットから始まったブランドだが、オンラインのみのスタート時から自らをアイコンにSNSを駆使して18ヵ月で累計4億2,000万ドル(約447億円)の売上をたたき出し、2018年には年間で3億6,000万ドル(約383億円)を売り上げている。起業家としてのカイリー自身も、21歳にして世界最年少で2019年版「フォーブス」誌の長者番付にランクインするなど大成功を収めた

2019年11月に、株式の51%を6億ドル(約638億円)でコティに売却、経営権を譲った。だが、カイリーは今後も製品開発やPRのイニシアティブを取っていくという。コティグループは日本で知名度のあるブランドこそ少ないが、カバーガールやリンメル、ウエラ、マックスファクター(日本からは撤退。SK-Ⅱは現在P&Gグループ)などのブランドを擁する、世界6位(BeautyPackaging のTOP20 GLOBAL BEAUTY COMPANIESより)の美容関連企業だ。近年ではデヴィッド・ベッカムやビヨンセなどセレブの名を冠したブランドにも力を入れている。

コティは現在、経営不振からの脱却を目指し、ヘアケアなどプロフェッショナル部門の売却を含めたブランドの再編を行っている最中にある。グローバルなビューティ企業がこぞって狙う若い世代に圧倒的な影響力をもつKylie Cosmeticsを、グループ再生に向けての切り札にしたい思惑もあるのではないか。では、そのKYLIE SKINのアイテムを詳しくみていこう。

マットピンクで統一、気分が上がるパッケージ

KYLIE SKINの価格帯は20~30ドルと、メインターゲットの25歳以下のZ世代にとってはやや高価な印象。少し背伸びをして手に入れるスキンケアとしてはちょうどいい設定かもしれない。

この続きをみるには

この続き: 3,147文字 / 画像6枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf