見出し画像

皮膚常在菌コントロールの新成分、桃谷順天館が美容から健康、繊維へも拡大へ

◆ English version: Combining Tradition with Technology for beauty care that goes beyond skin-deep: Momotani Juntenkan researches good bacteria to expand into health, skincare-supplements, and fiber materials
◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

135年前に「にきびとり美顔水」で創業した株式会社桃谷順天館は、ニキビ研究から皮膚常在菌に着目して、ニキビや肌荒れの原因となる悪玉菌を減らし、肌のフローラバランスを整える独自成分「フローラコントローラFC161」を開発した。化粧品への配合だけにとどまらず、それを練り込んだ繊維素材の開発や、肌と腸内環境の研究から美肌に導くサプリメント、食品メニューの開発にも、スタートアップと協働するなどオープンイノベーションで積極的に取り組む。老舗美容企業の“菌”にまつわる新たな事業戦略を追った。

どう常在菌を最適化するか。多様化するアプローチ

2013年ころから注目され始めた常在菌コスメが、昨年から再び盛り上がりを見せている。その火付け役となったのが、昨年2019年9月に“美肌菌のサポート”をコンセプトにリニューアルしたランコムの美容液「ジェニフィック アドバンスト N」だ。皮膚常在菌叢を「美肌菌」と再定義し、SNS映えするコンセプトを打ち出す手法で、皮膚常在菌のパイオニアブランドとしての認知獲得に成功した取り組みは、こちらの記事でも取り上げた。

「ジェニフィック アドバンスト N」は、外的環境によるストレスや加齢によって減少した皮膚常在菌の栄養分となる成分を配合し、その回復を目指す処方が特徴だ。それに対し、今回紹介する桃谷順天館のスキンケアは、ニキビや肌荒れの原因となる悪玉菌に対して選択的にアプローチする独自成分が配合されている。一般に美肌菌、常在菌コスメといっても、菌へのアプローチが多様化してきているのだ。

桃谷順天館は「ニキビ」へのこだわりから皮膚常在菌研究へ

桃谷順天館は、約400年続く薬種商を継いだ創業者であり、和歌山県初の薬剤師となった桃谷政次郎氏が、ニキビに悩む妻のために、日本で初めて西洋医学を取り入れた化粧水「にきびとり美顔水」を開発したのが原点だ。その美顔水は、今もなお「明色美顔水 薬用化粧水」として発売されており、超ロングセラー商品となっている。

画像6

創業(1885年)当時の「にきびとり美顔水」(左)
現在の「明色美顔水 薬用化粧水」(右)

同社は、創業130周年を見据えた2014年12月、次の強みとなる事業の卵を見つけるべく、現在の「桃谷総合文化研究所」の前身となる「Next R&D研究所」を設立。同研究所所長に就任した杉野哲造氏は、大学や企業の研究室や学会、展示会、セミナーなどに積極的に参加して情報収集を行い、着目したのが「皮膚常在菌」だった。

画像7

株式会社桃谷順天館
桃谷総合文化研究所 所長
杉野哲造氏

肌には、200種類以上の皮膚常在菌が発見されており、代表的な皮膚細菌には、アクネ菌、表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌などがあげられる。中でも黄色ブドウ球菌は皮膚バリア機能に悪影響を与えるといわれており、アトピー性皮膚炎との関係性が多数報告されている。一方、表皮ブドウ球菌は黄色ブドウ球菌を抑制し、健康な肌から高頻度で検出されることが知られている。

当時、日本皮膚科学会では、アクネ菌の薬剤耐性化が報告されており、ニキビを薬で完全に治療することは難しいとされていた。その後、2015年に強力な抗菌剤である過酸化ベンゾイル(BPO)が厚生労働省に認可されたのを機に、皮膚科医領域でのニキビ治療は急速に進み、“ゴールを迎えた”との表現もあった。その一方で、BPO使用者の副作用の報告や、コンピューターサイエンスの急速な進化から腸内や皮膚にいる細菌叢が詳細に研究できるようになった点に杉野氏は着目し、細菌叢研究領域からニキビ改善にアプローチできないかと考え、細菌叢を研究するプロジェクトを発足した。

「ニキビといえばアクネ菌で、アクネ菌は悪というイメージが強い。しかし、実はアクネ菌は脂漏部に存在する皮膚常在菌の8割近くを占める菌だ。そのうち、ニキビと関連性の高いアクネ菌の株は一部だという研究報告もある。また、肌のバリア機能に悪影響を与える黄色ブドウ球菌についても解明されていないことが多い」(杉野氏)

そこで同研究所は、肌に悪い影響を及ぼす菌のみを選択的に減らし、肌のフローラバランスを整える独自成分「フローラコントローラ」を開発した。世界初となるこの技術は、国際学会でも発表され、現在、国際特許を出願している。

画像2

フローラコントローラFC161を配合したゲルを
連続使用したときの肌の菌状態の変化

その研究の1つであるフローラコントローラFC161を配合し、開発された第一弾の化粧品が、2019年8月にグループ会社である明色化粧品から発売された「モイストラボフローラ」だ。悪玉菌を選択的に減らし、細菌叢のバランスを整えることで、肌の水分量を増加させ、その状態を保つことができる点から、「メイクしながらスキンケア」というコンセプトで商品化されたベースメイクシリーズだ。

そして2020年2月には、同じく明色化粧品からフローラコントローラFC161を配合した、ゆらぎ敏感肌向けスキンケアブランド「リペア&バランス」をリリースした。発売後の数ヵ月は、単月販売個数達成率が平均122%と順調な推移をみせ、その後、新型コロナウイルスの影響で店舗の一時閉鎖などが生じて、一旦落ち込むも、9月に集中ケアアイテム2品を追加発売した直後の単月販売個数達成率は約205%となった。

同社は、「スキンフローラ研究所」というメディアを立ち上げて、スキンフローラに関する最新研究を読みやすい記事にまとめ、その存在や可能性を広めるための情報発信をすすめている。

repair&balanceロゴ右下

ゆらぎ敏感肌をケアする
無添加スキンケアブランド
「リペア&バランス」

フローラコントローラFC161を練り込んだ繊維開発

フローラコントローラ技術の応用は、化粧品だけにとどまらない。同社は2018年、フローラコントローラFC161を練りこんだ新規繊維「モイストファイバー」をオーミケンシ株式会社と共同で開発することに成功し、2019年に特許を取得した。

モイストファイバーに対して、表皮ブドウ球菌と黄色ブドウ球菌を同量接種し、18時間後の菌量を比較した。すると、黄色ブドウ球菌が10.1%まで減少し、表皮ブドウ球菌は89.9%と増加がみられ、菌のバランスをコントロールすることができたという。また、モイストファイバーを肌に貼付し、4時間後の肌の水分量を測定したところ、肌の水分量が約1.4倍となる実験結果が得られた。

図1

同研究所は、着けているだけでうるおい効果のあるモイストファイバーを使って布マスクを開発し、現在、クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」で販売(2020年11月29日まで)されている。その他にも、肌着や寝具などのさまざまな繊維製品の開発を進行中だ。

スタートアップと協働し美肌と腸内細菌の研究からサプリメント開発

皮膚常在菌から派生して、同研究所がいま力を入れているのが、肌と腸内細菌の研究だ。腸内細菌研究のスタートアップとの共同研究で、40〜50代の女性の肌パラメーター(水分量や弾力等)や食生活、生活環境と、皮膚、腸、口腔の細菌叢の解析を行った結果、年齢を重ねても肌が美しい人には、女性ホルモンに似た作用のある物質を生み出す3種類の腸内細菌が多く存在していることをつきとめた。そこで、この腸内細菌が増加するように腸内細菌叢をコントロールする成分「フローラコントローラISR」を開発し、2019年9月に特許を出願した。

この独自成分を配合した「RF28 INNER SKINビューティフローラサプリメント」を摂取する前と、1ヶ月間摂取しつづけたあとで、肌パラメーターや腸内細菌叢の比較を行った。その結果、腸内細菌叢が変化し、美肌に関係する3つの腸内細菌の存在量が増加しただけでなく、肌の角質水分量が約30%、肌弾力が約8%増加したという。「フローラコントローラISRの成分を実際の食べ物で摂取するには、毎日トマト29個分、オレンジ約7個分などを食べる必要があるが、サプリメントであれば、毎日手軽に摂取できる」(杉野氏)。


RF28インナースキンビューティーフローラサプリメント楽天top

「RF28 INNER SKIN
ビューティフローラサプリメント」
1箱(3,000mg×28包)
 6,480円(税込)

また、同研究所は、現役近畿大学生のスタートアップ D harbor株式会社と共同で「美肌レストラン Bistro M'sプロジェクト」という美×食の事業をスタートした。

「美肌レストラン Bistro M'sプロジェクト」では、フローラコントローラ ISRを普段の食事で手軽に摂取できる食品メニューを開発し、コロナ禍でニーズが高まるデリバリーフードビジネスでの提供を予定している。2020年11月にオンラインショップを立ち上げ、大阪市内での配達をスタートした。

同研究所は、D harbor以外にも、事業アイディアのある学生スタートアップとの協業プロジェクトを積極的に進めている。「期間を決めて託し、その期間は、学生たちが事業執行者として意思決定を行い、ゴール後の選択肢(事業の返却、子会社化、事業部長採用など)を持ちながら、柔軟なアライアンスのもとに取り組んでいる」(杉野氏)。

画像6

美肌レストラン Bistro M’sプロジェクトメンバー

桃谷順天館は江戸時代慶長期から続く薬種商を始まりとして、130年あまり化粧品が事業の柱であった。しかし、今は業界の垣根がなくなってきており、化粧品の枠組みに捉われない柔軟な発想でイノベーションを生み出していく必要があるという、同社代表取締役社長 桃谷誠一郎氏の強い想いから、経営直轄で「桃谷総合文化研究所」が設立された。

杉野氏は、「桃谷総合文化研究所では、スピード感をもって小さく始めてピボットすることを意識している。将来的には化粧品以外の軸となる収益事業の確立を目指しているが、直近はまず、大学や異業種企業、スタートアップや国内外から得た最新情報や技術シーズをもとに、オープンイノベーションを推進し、新しいビジネスモデルの検証を積極的に進めていく」としている。

Text:小野梨奈(Lina Ono)
Top image:wavebreakmedia via shutterstock
画像提供:桃谷順天館・明色化粧品

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
19
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp