見出し画像

常在菌コスメの最新動向。今後の大きな潮流となるか

◆ English version: Resident Microflora: A New Approach to Personalized Skincare
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

腸内、口腔内に続いて、皮膚に存在する「皮膚常在菌」に着目したスキンケアアイテムが商品、価格ともにこなれてきている。その最新動向を「育菌」と「補菌」の2つの視点から追ってみた。

人には20〜30種類の常在菌が存在しており、顔だけで5〜10種類、その数は約10億個とも一般的にいわれている。皮膚表面に存在する「皮膚常在菌」は、外部からの病原菌の侵入を防ぐバリア機能を果たしており、代表的なものに、アトピーを起こす黄色ブドウ球菌やニキビの原因となるアクネ菌、そして “美肌菌”として近年注目されている「表皮ブドウ球菌」がある。

目には見えない微生物「皮膚常在菌」の世界

厚さ0.02mmの角質層に生息する表皮ブドウ球菌は、皮脂や汗をエサにして、肌のうるおいのもととなるグリセリンを作ったり、酸を作って皮脂に含まれる脂肪酸と一緒に肌を弱酸性に保ったり、悪玉菌である黄色ブドウ球菌の増殖を防いだり、とさまざまな働きをしている。しかし、なんらかの原因で菌叢のバランスが崩れ、特定の皮膚常在菌が過剰に増殖し、病原菌の侵入・増殖が起こると、それが肌トラブルとなる。

皮膚常在菌は多ければよいというものではない。皮膚常在菌の構成バランス・菌数を整え、表皮ブドウ球菌を優位な状態にして、肌のバリア機能を高めることが、健常な皮膚を保つ条件となる。そのスキンケアのアプローチとして、大きく「育菌」と「補菌」の2つがある。

文字通り、皮膚常在菌を育てる「育菌」

「育菌」とは、表皮ブドウ球菌が好む栄養をスキンケアで肌に与え、棲みやすい環境に整えて菌を育てるというアプローチだ。大手メーカーでは、ロート製薬が出しているグルコオリゴ糖を配合した「プロメディアル」、乳酸菌飲料でおなじみのヤクルトのスキンケアシリーズなどがある。

独立系で注目を集めているのが、「1本で、強く美しく」というキャッチコピーを掲げるオールインワンのスキンケア「BioMedi(ビオメディ)」。オリゴ糖と乳酸菌を独自にブランドしたLG100を配合。2016年の発売後まもなくSNSで火が付き、クチコミで広まったためすぐに売り切れてしまったという。

出典:BioMedi


「BioMedi」は、1本でケアが完了する「エッセンスミルクリーム」と、汚れだけを落とすことと、うるおいを守ることにこだわったコメヌカ入り「エッセンスモイストソープ」で展開。「敏感肌でもトラブルなく使える」「これ1本で肌がしっとりもちもちになる」といったクチコミが多く寄せられ、リピーターも多い。

海外でも、育菌コスメ市場が盛り上がりを見せており、中には、菌そのものを吹き付けるというスキンケアもある。生きたバクテリア(ammonia oxidizing bacteria, AOB)が入った「Mother Dirt」は、MIT出身のデイブ・ホイットロック氏によって開発されたスキンケア。AOBには、皮膚常在菌のバランスを整えるだけでなく、悪臭の原因物質を分解する働きがあり、彼は「Mother Dirt Mist」を1日2回身体にふりかけるだけで、なんと12年間もシャワーを浴びずに過ごしているというから驚きだ。

出典:MOTER DIRT

皮膚常在菌を補いながらスキンケアの「補菌」

一方で、表皮ブドウ球菌を肌から採取し、人工的に培養して肌に塗布するのが「補菌」というアプローチだ。表皮ブドウ球菌を肌に戻すと、どのような効果が期待できるのか。

長崎国際大学の野嶽勇一講師と榊原隆三講師が行った臨床試験では、表皮ブドウ球菌を肌に戻すと、約4週間で表皮ブドウ球菌が10~20倍程度検出されたが、塗布を中断してからは、約4週間で塗布前の検出量と同等までに減少したことから、表皮ブドウ球菌を継続的に肌に与え続けることの重要性が示されている。そのほか、肌の水分量が改善し、保湿改善を実感するスコアも高く出たという。(下記図表)

[Pilot study on novel skin care method by augmentation with
Staphylococcus epidermidis, an autologous skin microbe – A blinded
randomized clinical trial]を元に作図

この結果を日本でいち早く商品化したのが、2013年に登場し話題となった「美肌菌バンク」だ。専用キットを使って皮膚常在菌を採取し、マイナス80度にて冷凍保管される。その中から表皮ブドウ球菌のみを選別して培養・増殖、専用のローションと一緒に肌に戻すというもの。画期的なスキンケアだが、初期登録料だけで20万円、美肌菌を利用するために月額約6万円という料金体系で、一般人にはなかなか浸透しづらかった。

出典:美肌菌バンク

「補菌」スキンケアの低価格バージョンが登場

その後、価格競争フェーズに移り、リーズナブルな価格の肌フローラ検査キットや、採取した美肌菌を導入したスキンケア商品が続々と登場する。

遺伝子検査キットを日本でいち早く広めたジェネシスヘルスケアは、皮膚常在菌検査キット「SKIN MICROBIOME」を9800円(税別)で販売。株式会社エルピダは、採取キットを使って美肌菌を採取し、それを配合した完全オーダーメイドのジェルクリームを5400円(税込)から提供している。美肌菌を採取するのは初回のみで、定期的に製品を購入していれば、何年たっても採取時の美肌菌を化粧品に配合して利用することができる。

出典:エルピダ

このように、卵子バンク同様、若いうちに美肌菌を凍結保管しておき、10年後、自分の肌に戻して、美肌菌の働きを活性化させてアンチエイジング、といったことがいまや可能な時代になった。自分の皮膚常在菌が入った、自分だけのスキンケアアイテム——これこそ、究極のパーソナライズドスキンケアといえるのではないか。

菌との共生を考えた商品開発の時代へ

今回は、常在菌を美容の側面から取り上げた。しかし、第3の臓器とも言われる皮膚に存在する常在菌は、医学的にも重要な役割を担っていることが、さまざまな研究によって明らかになってきている。

巷にあふれる“菌を一掃する”という考え方が見直され、ヒトという生命体がどう常在菌と関わり共生していけるのかという視点が、今後の商品開発においてはいっそう重要になっていくと考えられる。

Text: 小野梨奈(Lina Ono)

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
16
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

この記事が入っているマガジン

BeautyTech.jp記事
BeautyTech.jp記事
  • 477本

BeautyTech.jpのすべての日本語コンテンツはこちらからご覧いただけます