コスモプロフ・アジア2020で語られた新ノーマルと、次世代の美容トレンド予測
見出し画像

コスモプロフ・アジア2020で語られた新ノーマルと、次世代の美容トレンド予測

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

「コスモプロフ・アジア・デジタル・ウィーク」として完全オンラインで開催されたアジア最大級の国際美容展示会では、出展アイテムからビューティトレンドを割り出す「COSMO TRENDS」をはじめ、各ウェビナーで2021年に向けた予測がいくつも示された。コスモプロフ・アジア2020をレポートする記事の2回目は、これらのキーワードから美容業界の潮流と、成長著しいAPACの若い層の動向も読み解く。(1回目のレポート記事コスモプロフ・アジア2020はオンライン開催、AIによるビジネスマッチングで好評』

■恒例のCOSMO TRENDS、2021年を占う6つのキーワードとは

コスモプロフ・アジア・デジタル・ウィークでは、従来ならば会場内のステージや特設スペースで開かれるライブイベントやセミナーも動画配信に切り替えられた。インターナショナルな調査会社やビューティブランドの創業者などエキスパートが登壇し、旬のテーマについて講演する「COSMO TALK」も、1回30分に短縮してのバーチャル開催となった。

図1

その年のコスモプロフ・アジアに出品された商品を分析することで、最新のビューティトレンドを割り出して解説する、恒例の「COSMO TRENDS」の発表もウェビナーとして行われた。これは、導き出された6つのトレンドキーワードにあわせて、各トレンドを象徴する出展商品をピックアップして紹介するものだ。

その1 「セルフケア・テック」

登壇したのは、企業向けコンサルティングのほか、美容業界に関する各種レポートを提供するBeautystreamsのエグゼクティブ・エディター、ローラ・ジブ(Laura Ziv)氏で、選ばれた2020のキーワードのその1は「セルフケア・テック」だった。外出自粛による巣ごもり需要から、自宅にて自分でできるスキンケアに注目が集まっていることを示し、韓国 WaveonのAI搭載スマート美顔器や、同じく韓国企業 FrontisのAIによる肌分析やパーソナライズしたケアの提案などが受けられる家庭用ARビューティミラーなどがあげられた。

その2 「ローカル・トレジャー」

続いてのキーワード「ローカル・トレジャー」では、地域の特産品を素材にしたスキンケア製品をハイライト。ザクロを主成分にしたイタリアのSOCO S.p.A.のビオシャンプーなどに並び、愛知県東三河で原料の薬草栽培から手がける日本ブランド「Waphyto(ワフィト)」の製品レジェナ トナーが取り上げられた。

図1

その3 「ハイパー・ハイジーン」

また、その3「ハイパー・ハイジーン」では、衛生に対する意識の高まりを指摘し、殺菌に加えて、潤い効果をプラスしたイタリアDott. Ciccarelliのハンドクリームや、香港企業Belle CosmicのUV殺菌化粧ポーチにスポットを当てた。

この続きをみるには

この続き: 3,369文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf