見出し画像

植物療法研究から生まれた新ブランドWaphyto、抽出テクノロジーで世界へ

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

日本のフィトテラピー(植物療法)の第一人者、森田敦子氏による化粧品ブランド「Waphyto(ワフィト)」は、薬草栽培から商品開発までを森田氏自身が手がけ、製品の確かさとエシカルなコンセプトが光る。いままで難しかった植物成分の抽出を、船用機器専業メーカーとのオープンイノベーションで開発した独自の装置で実現し、この技術でOEM/ODMを目指し、地域創生とグローバル進出も狙う。その構想を詳しく聞いた。

東三河の土壌に可能性を見出し、無農薬の薬草栽培からスタート

パリ13大学医薬学部で植物薬理学を学び、帰国後は日本の植物療法の第一人者としてフィトテラピーの普及に尽力してきた株式会社Waphyto 代表取締役 森田敦子氏は、2003年に、日本バイオベンチャー大賞近畿バイオインダストリー振興会議賞を受賞するなど、植物バイオ化学者としてのキャリアをあわせ持つ。

森田氏の地元である愛知県東三河は、中央構造線断層帯に位置し、徳川家康が薬草学を実践した土地としても有名な場所だ。その地で森田氏は、約20年前から、地元の農家と一緒に無農薬で薬草を栽培し、東三河の土壌ならではの植物成分を抽出し、効果効能の科学的分析を繰り返す研究を続けてきた。そして、その植物成分を最大限に抽出するために、新たな抽出機を開発し、フィトテラピーと本草学にバイオテクノロジーを融合させた「植物バイオメソドロジー」を確立。その集大成としてライフスタイルブランド「Waphyto」を2020年9月にローンチした。

和とPHYTO(植物)を組み合わせたWaphytoという名前には、人が自然と美しく調和することへの願いが込められているという。

画像1

株式会社Waphyto
代表取締役 森田敦子氏

潜水艦製造の技術コラボで誕生した新たな抽出テクノロジー

「フィトテラピーや本草学は、西洋と東洋で使用する薬草の違いはあるが、植物の中に含まれる機能性成分を体内に取り込み、身体のバランスを保ち、状態を緩和するケアがベースにある。その機能性成分を植物から的確に抽出し、その効果を科学的に分析した成分として配合するためには、サイエンスと技術の進化が不可欠だった」(森田氏)

植物から成分を抽出する方法は多数あるが、煮沸法では水溶性の成分しか抽出できず、そもそも60℃以上では酵素が失活してしまうといったさまざまな課題があり、植物成分の多くは、これまでの技術では抽出できない、すなわち解明されていないものの方が多いという。

そこで森田氏が考案したのが、「飽和水蒸気圧環流式サイクロン抽出法」というものだ。飽和水蒸気圧によって沸点が変わることを利用し、沸点を下げた状態で機能性成分を抽出する。しかし、飽和水蒸気圧を扱う装置は、圧力の高い蒸気によって爆発する危険性が高く、普通の機械工場で製造することは難しい。そこで森田氏は、この構想を実現するために、防衛庁の潜水艦などを製造する船用機器専業メーカー ムサシノ機器株式会社に抽出機の開発を持ちかけた。当初は、先方の担当者も驚き半信半疑だったが、森田氏の熱い説得でその重要性や可能性に気づき、大きなイノベーションにつながったという。

約17年の年月をかけて完成した「飽和水蒸気圧環流式サイクロン抽出法」は、抽出機の温度と圧力を遠隔で制御でき、側面に設置された小さな窓からは顕微鏡で成分の抽出状況を確認することが可能だ。2019年には特許を取得している。

この機器の開発により、抽出量が増え、これまで抽出することのできなかった新成分を取り出すことが可能になったほか、抽出成分は化粧品だけでなく、医薬品などの原料としての活用など大きな可能性を秘めているという。

画像3

ムサシノ機器株式会社と共同開発した
飽和水蒸気圧環流式サイクロン抽出法

たとえば、桑の葉に含まれ、高血糖や高血圧の抑制作用がある有効成分1-デオキシノジリマイシン(DNJ)は、DNAやRNAのプロファイルから成分の抽出温度が25〜30℃であることが解析される。そこで、抽出機で水蒸気圧を調整し、25〜30℃で沸騰させることで、従来よりも30%増のDNJが抽出できるようになった。さらに、抽出した成分を分析してみると、フラボノイドやポリフェノールなど機能性成分も多く含まれていることがわかった。

「化粧品企業と重化学工業という異質なものが組み合わさることによって、新しいイノベーションが生まれた。今回開発した抽出機によって、いまだ発見されていない新しい成分や効能が見つかる可能性はおおいにある」(森田氏)

東三河で栽培された菊、ゴツコラ、ヨモギ、スギナについても同様の手法で機能性成分を抽出。桑を含めた東三河産の5つの植物から抽出された独自成分がWaphytoには配合されている。

成分から容器まですべてがエシカルなものづくり

Waphytoは、世界的に広がりつつあるクリーンビューティやSDGsの文脈に沿ったモノづくりを実践しており、環境負荷の少ない処方や容器や販促物を選択し、生産者の持続可能な生活向上や、女性のエンパワメントを含む"4つのE"(Elemental、Environmental、Ethical、Empowerment)をフィロソフィーとして掲げている。

スキンケア、ボディケア、ヘアケア、デリケートゾーンケア、ハンドケアの全22品には、日本の伝統色から選ばれたアースカラーが用いられており、ブランドのタグラインである「母なる大地をカラフルに生きよう」というメッセージを表現している。森田氏は、「日本の伝統色がもつ神秘的な高揚感や心を落ち着かせてくれる色の効果を、国内外の多くの人に伝えたい」と説明する。

画像3

「くわぞめ」「かわらけいろ」「せいじねず」「ちぐさいろ」といった自然界に存在する微妙な色の違いを表現するために、パッケージ開発は韓国のOLIVE PACKAGINGに依頼し、約1年かけて開発したという。容器は二重構造になっており、外側部分は回収された再生プラスチックを使用してつくられている。使用後のボトルは中目黒にある旗艦店で回収を行う。

1次産業を6次産業化。Waphytoの技術を軸にグローバル展開

コロナ禍でのブランドローンチとなったが、初動は好調で、発売後1ヶ月で想定の4倍以上の売上があった。WaphytoのInstagramライブを見て購入したユーザーが多かったという。10月にはハンドクリーム、12月にはママ&ベビーライン、来年にはサプリメントの発売を予定しており、「塗る、香る、飲むの3つの相乗効果が体の健康には不可欠である」というフィトテラピーの哲学に沿って、Waphytoのラインナップを充実させていく予定だ。

同時に、これまでに培った海外での販売ネットワークを活かし、ロシアや中東、アジアへの海外展開の準備もすすめている。11月には、ロシアで開催されるバーチャル展示会にも出展を予定している。

現在は、東三河地域に本社を置き、四輪車・二輪車向け部品の開発・製造・販売や社会課題の解決につながる新規事業の創出・拡大に取り組む武蔵精密工業株式会社(以下、ムサシ)と株式会社Waphytoで合弁会社を設立した。ムサシの代表取締役社長 大塚浩史氏は、森田氏の中学校の同級生で、森田氏の世の中に貢献したいという思いやビジョンに共感し、パートナーとしてWaphytoに関わることを決めたという。

ムサシでは、植物バイオサイエンス事業の構築を目的とした研究機関、M Lab (Morita Atsuko Lab)を本社内に開設し、原材料確保から研究、商品開発・改善と一貫した研究開発体制の確立を目指しているほか、将来的には製造まで一貫して請負うOEM/ODM構想があり、それに向けた準備にも着手したところだ。

森田氏は、「風土に根ざすということは、その土地の気候や動植物の生態系と向き合うことであり、Waphytoは化粧品ブランドという枠を超えて、人と地域、動植物と地球がつくりあげるプロジェクトだと考えている。そして、東三河の地方創生事業、同地域での1次産業から6次産業化としても大きな意味をもつ。Waphytoというブランドを軸に、独自の抽出技術と東三河産の機能性成分を強みに世界に進出していきたい」と今後の展望を語った。

Text: 小野梨奈(Lina Ono)
画像提供: Waphyto

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
62
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

テクノロジー
テクノロジー
  • 226本

BeautyTech.jpのテクノロジーに関する記事をまとめたマガジンです。