見出し画像

フランス「Station F」、国籍や障壁なく世界中の有望起業家を集める巨大施設

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

前回はViva Technologyフレンチテックを例に、フランスが国家レベルでスタートアップ大国になるための取り組みについて紹介した。しかし、スタートアップを応援しているのは、国や自治体だけではない。個人レベルでもフランスを世界の中心にすべく、若い起業家をサポートしている投資家がいる。その代表的な人物が、2017年6月にパリ市内にオープンした世界最大級のインキュベーション施設「Station F(スタシオン・エフ)」の創立者グザヴィエ・ニエル(Xavier Niel)氏だ。
※2019年10月6日にグザヴィエ・ニール氏のカタカナ表記をグザヴィエ・ニエル氏に改めました。

画像1

グザヴィエ・ニエル氏
Photo by Jean-Francois Robert

ニエル氏は、フランスのインターネット・携帯電話など通信事業の「Free(フリー)」を設立した起業家であり、2009年~2015年にかけて、個人で230件のエンジェル投資を行ったフランスで最も有名な投資家のひとりでもある。CB insightsのリポートによれば、2018年第2四半期、フランス国内でアクティブな投資家第3位に選ばれている。

Station Fは、2017年にパリ13区の開発地区にできた幅58m、長さ310m、3万4000平方メートルの巨大なインキュベーション施設。コンクリート造りで天井と側面をガラスにしたこの施設には3000のデスク、60の会議室、370人を収容できるオーディトリアムを備えている。また、1000人を収容できる巨大なレストランも併設し、会員は365日24時間使用可能だ。その中では30のシャワーブースも完備しているが、現在、自転車で15分の距離に600人収容できる住居施設(居住タワー3棟)を建設中だ。

画像2

写真 : 左はコンテナのような形のミーティングルーム
右は大型レストラン「La Felicita」(Station F提供)

2017年6月29日に行われたオープニングセレモニーには、スタートアップ支援に力を入れているマクロン大統領や、パリ市長のアンヌ・イダルゴ氏も駆けつけた。グザヴィエ・ニエル氏が作ったこの施設が、国やパリ市にとって、いかに重要な存在かがわかる。

画像3

オープニングセレモニーの様子(Station F提供)

中に足を踏み入れてみると、とにかく巨大で、ここまでのインキュベーション施設はフランスではおそらく初めてだろう。創立者のグザヴィエ・ニエル氏は、アメリカの大学(キャンパス)のように広大な敷地に、ワークスペース、レストラン、住居空間など、すべてが集まった場所をフランスに作りたかったのだという。一つ屋根の下にスタートアップに必要なプログラムや設備のすべてが備わり、世界中からアントレプレナーが集まる象徴的な施設だ。その壮大なプランを実現するために、2億5千万ユーロ(約320億円)を投じたという。

その場所として選ばれたのは、1920年代から貨物列車用の駅として使用されたコンクリート造りの建物。取り壊しを阻止するためにパリ市が歴史的建造物に指定して保護したもので、2013年にグザヴィエ・ニエル氏がパリ市から購入、世界最大級のインキュベーション施設として命を吹き込んだ。名称に「Station(駅)」という名がついているのはその歴史からきている。また、語末に添えられた「F」はFrance、Freedom、Fun、Fabulous、Funding、Freyssinet(もとの駅舎の設計者名)など、さまざまなワードを想起させ、人によっていろいろな意味に解釈ができる。

画像4

Station Fの外観(Station F提供)

フランスで駅を改装した建物といえば、オルセー美術館が有名だ。1900年のパリ万博に合わせて建設された駅を1986年に国立美術館として再生させた。フランスは歴史的建設物の美しい外観を残したまま、全く新しい用途に蘇らせるのがうまいことでも知られる。

さて、ヨーロッパのインキュベーション施設といえば、2014年にオープンしたドイツのスタートアップ施設「Factory Berlin」、世界6箇所にあるグーグルのスタートアップ支援施設「Google Campus」などが有名だが、それらとStation Fの違いは、コワーキングスペースがないことだ。

「ここはアイデアを持った人が集まって新たなビジネスを生み出す場所ではない。すでにアーリーステージのスタートアップがビジネスの成長を加速するために入居する施設なのだ」とプレスのラッシェル・ヴァニエ(Rachel Vanier)氏は強調する。

無料プログラムで国籍や貧困、教育格差の壁をなくす

Station Fで提供される支援プログラムは、「Founders Program」と「Fighters Program」の2種類ある。前者は有料で月195ユーロ(約2万5,000円)。現在、マイクロソフト、Facebook、LINEなど大手企業や高等教育機関による32の支援プログラムがあり、約200のスタートアップ企業がこのプログラムを利用している。例えば、Facebookはデータ関連ビジネスを対象とした支援をしており、12のスタートアップが参加している。

Facebookは2015年AI研修センターの拠点をパリに置いたが、データ関連の支援はその延長線上にある。AIでいえば前回の記事でも触れたとおり、パリをAIの一大拠点にしようという動きでもある。2017年には、Facebookに続き、富士通が60億円以上投資してパリにAI拠点を置いたことで話題になったが、2018年にはグーグルとFacebookがともにさらなる投資を発表、マクロン大統領も2022年までに15億ユーロをAI分野に投資すると発表しており、国家戦略としてフランスがAIに注力していることがわかる。

後者の「Fighters Program」は経済的に困難な人、教育の機会に恵まれなかった人へのプログラムで、なんと利用料は無料だ。

画像5

写真:Station F提供

その適用範囲は広く、程度にもよるだろうが犯罪歴があってもテクノロジーで世の中に役に立つビジネスなら受け入れる。実際、車泥棒の罪で刑務所に入っていた元囚人が、その経験と知識を活かして車泥棒を防ぐデジタルデバイス「Digi Tall」を開発した。この「Digi Tall」は独自の特許技術でフランスの自動車窃盗の80%削減を目標としているという。成功すれば世界中に適用できるイノべーションだ。

また、タヒチのスタートアップ「LeadBees」は、ミツバチの巣箱の中の温度、湿度、ハチミツ量などを遠隔操作により管理し、ミツバチの活動を分析できるデジタルデバイスを開発。巣箱内でのダニの繁殖やその他の病気を未然に防ぐ。また、養蜂家はわざわざ巣箱を覗く必要がないので、ミツバチに刺されるリスクもない。農業での活用も期待され、フランスからアジア、アメリカなどグローバル展開を目指している。

このように無料プログラムを設けるのは、現在のところ、スタートアップを始める起業家は高学歴の人が多いというデータがあるからだ。この傾向はシリコンバレーでも同じだが、現在フランスではフレンチテックの枠組みで、どんな国籍でも、どんな学歴でも、有望な人材であればフランスを拠点に活動できるエコシステムを整えている。開設して1年以上たったStation Fがいま目指していることも、入居スタートアップのダイバーシティ(多様性)。世界中から起業家が集まる場(ハブ)にすることだという。

ちなみに、Station Fを利用するスタートアップの平均年齢は30.9歳。最年少は14歳、最年長は65歳、女性の割合は40%だ。どの国の出身であろうと、性別がなんだろうと、年齢にも関係なく、Station Fを利用できるのだ。

グザヴィエ・ニエル氏はこのStation F以外にも、優秀なプログラマーを育成するために授業料を無料にした学校「42」を創立している。経済的な理由で才能ある人材を逃さないためだ。こういった個人投資家の取り組みもフランスをデジタル大国へと押し上げる力になるに違いない。

最後に、施設内の随所に見られる現代アートを紹介しよう。村上隆、アイ・ウェイウェイ、ジェフ・クーンズなど、世界に新しい価値を示し、大きなインパクトを与える現代作家の作品が並ぶ。今、この時代に生き、メディアをにぎわせるアーティストだ。これらはグザヴィエ・ニエル氏の個人コレクションで彼らのように、世界に影響を与える起業家になってほしい、というメッセージなのかもしれない。

画像6

村上隆の作品(著者撮影)

画像7

ジェフ・クーンズの作品(著者撮影)

画像8

アイ・ウェイウェイの作品(Station F提供)

19世紀末、パリは世界中から才能豊かなアーティストが集まる芸術の都となった。21世紀、パリはイノベーティブなビジネスを手に「スタートアップが集まるデジタル都市」へと進んでいる。Station Fはフランスをイノべーション立国に伸し上げる強大なプライベートインキュベーション施設だ。次回はStation Fのパートナー企業としてスタートアッププログラムを実施しているロレアルの活動を紹介する。

Text : 谷 素子(Motoko Tani)

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
7
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

BeautyTech.jp記事
BeautyTech.jp記事
  • 553本

BeautyTech.jpのすべての日本語コンテンツはこちらからご覧いただけます