見出し画像

ロレアルの巨大ブースも出現。Viva Technologyで欧州テック覇者を目指す仏

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

フランスで行われる欧州最大級のテクノロジーイベント、Viva Technology(ビバ・テクノロジー)。ロンドン、ベルリンに近づき、追い越して欧州のスタートアップ中心地に目論むマクロン大統領に、ロレアルをはじめ大企業が一体となって取り組んでいる。

2018年で第3回目となったViva Technologyは、5月24日から26日まで3日間で10万人の来場者、世界各地から9千人のスタートアップ、1900の投資家、1900名のジャーナリストが集まった。オープニングはマクロン大統領のスピーチで始まり、FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグ、MicrosoftのCEO サティア・ナデラ、IBMのCEOジニ・ロメティをはじめ、世界トップレベルの企業家がスピーカーとして登壇したことでも話題になった。

Image: 上下ともに@SIPA Press VivaTech 2018より

オープニングスピーチにて、マクロン大統領は「フランスを世界中のスタートアップが集まる場所、またヨーロッパの入口にしていきたい」と熱く語った。2018年はアフリカが招待国で、アフリカ諸国の若きスタートアップが数多く招待されていただけに、その言葉はより印象的なものとして、参加者に届いていたようだ。

ヨーロッパのスタートアップ支援のハブというと、ロンドン、ベルリンなどが魅力的なエコシステムを備え、国内外の才能を集めていることで知られる。各国スタートアップの資金調達額においても2017年は英国がダントツの1位、次にドイツが続き、フランスは3位だ。(四半期ごとの2017年の金額は下記資料を参照)資金調達金額から見ればまだまだ欧州のリーダーには遠いが、フランスが欧州で中心的な役割を果たすと大統領みずからが宣言したのは注目に値する。2014年の第2次マニュエル・ヴァルス内閣にて、経済・産業・デジタル大臣をつとめ、幅広い知見を持つ人物がトップにたつことの意義を業界全体が感じていることだろう。

出典:CBInsights Tech Funding Trends in France より

Viva Technologyは、基本的にはスタートアップのためのイベントだが、出展リストを見ると大企業ばかりが目につく。これは、事前に大企業が自社の課題をオープンにし、それを解決するテクノロジーを持つスタートアップが各企業のブースで紹介されるという仕組みをもっているからにほかならない。

出展企業はIT企業に限らず、ロレアル、LVMH、大手通信企業Orange、製薬会社サノフィ、航空事業エアバス、Alibaba、Softbank Roboticsなど、さまざまな分野にわたっている。特筆すべきは、国営で古い体質が残るLa Poste(フランス郵政公社)、SNCF(フランス国鉄)など、最新テクノロジーとは距離が遠く感じられる企業もIT企業と肩を並べ、スタートアップとの連携でビジネス・サービス向上を目指していることだ。

スタートアップが大手企業の支援プログラムに参加すると、「将来的にその企業に買収・吸収される可能性、また、その大手企業の競合とのビジネスが難しくなる」と警鐘を鳴らすベンチャーキャピタル、個人投資家もいる。しかし、アーリーステージでメンターサポートを得られる、知名度が飛躍的に上がるなどスタートアップにとって有益なことも多いため、どの企業、あるいは誰とどのように連携するかは各自の判断にゆだねられる。

ビューティ業界では、ロレアルが会場の中央に巨大ブースを設営。バスルーム、ヘアサロン、ブティックの3領域で、最新デジタルテクノロジーを活用して、どのようにビジネスを拡張しているかを披露した。

Image:著者撮影

3DのAI技術を使ってヘアカラーをヴァーチャル体験できるアプリは、ヘアサロンでの美容師と顧客のコミュニケーションを深めるとともに、新しい美容体験を創出する。ヘアケア製品ブランドのケラスターゼは携帯アプリ経由でライブストリームを使ったスカルプ診断を提供、診断結果から自分にあったヘアケアアイテムを見つけた顧客に、店舗での購入を促す仕組みだ。

また、2018年にロレアルグループの一員となったModiFaceは、今回のViva Techonologyのために、衣類のヴァーチャル試着ができるMemory Mirrorなどのデジタルミラーを開発するMemoMi Labs共同開発したARアプリを発表するなど、化粧品業界のリーディングカンパニーとして、どれほどBeautyTechに投資しているかを見せつけた。また、商品パッケージに3Dプリントを施すロボットなどの試みもあった。

ヘアカラーチェンジをARで体験(著者撮影)

デジタルミラーの前で(著者撮影)

3D プリンティングの実演中(著者撮影)

一方、LVMHはファッション、化粧品、時計、アルコール 、セレクティブリテーリングなど6つの分野、70メゾンを傘下に持つ巨大グループとして、500平方メートルのブースで自社22ブランドと、LVMHイノベーションアワードのファイナリストに選出されたスタートアップ30社を紹介。大規模なプレゼンテーションで終始賑わいを見せた。

Image:著者撮影

このアワードは、LVMHグループの課題に対応する革新的なアイディアを持つスタートアップを発掘するためのもので、AI、ソーシャルメディア、ブロックチェーンなどさまざまな分野にわたる。たとえば、韓国のスタートアップ「Sgnl」は人体伝導技術を搭載し、指先で外耳道の入り口にあたる耳珠(じじゅ)部分を押しながら通話ができるスマートウォッチバンドを提案。専用アプリと連動しており、手持ちのアナログ時計やスマートウォッチのベルトとして使うことができる。

出典:Sgnl公式サイトより

このアワードでみごと優勝を飾ったのが、Eコマースツールを開発するOystだ。2016年に設立された同社は、Eコマースにおけるコンバージョン率の低さに着目。購入にいたるまで通常8ステップほどもある過程を1ステップのコマンドボタンで完結するというアイディアが評価された。

他のブースでは、LVMHグループの高級化粧品ゲランは口紅の色を試せるARによるヴァーチャルメイクアップ体験を紹介。ディオールはVRによる仮想映像で、まるで自分がパリコレのファッションショーで最前列に座っているかのような体験をクリエイトしていた。

Image: 上下ともに著者撮影

今年で3回目を迎え、年々活気と熱気が高まるViva technologyだが、この背景には、国家主導でフランスをスタートアップ大国へという目標をかかげた「フレンチテック(La French Tech)」と呼ばれる施策がある。次回は、このフレンチテックについても触れていきたい。

Text&Photos: 谷 素子(Motoko Tani)

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
7
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp