AR/AI搭載スマートミラーの多機能化で、境目のないユーザー体験【CES2020】
図1

AR/AI搭載スマートミラーの多機能化で、境目のないユーザー体験【CES2020】

BeautyTech.jp

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

CES2020レポートの4回目は、「ハイテク・リテーリング・セミナー」シリーズでも注目の、AI/ARを活用したリテール・スマートミラーの最先端を検証。あわせて、Perfect Corp.が目指す、すべてのタッチポイントで消費者に対し一貫したサービスを提供するオムニチャネル化を考察する。

ARバーチャルメイクの第一人者Perfectの次のステップ

CES2020では、大手ブランドのシニアエグゼクティブらが、自社の事例や今後の展望についてセッションで語る、ハイテク・リテーリング・セミナーがいくつも開催された。その1つでPerfect Corp.が主催した「Beauty Tech 360: AIとARによるパーソナライズド・ソリューション」の内容に即して、リテールの現場で使用するAI/AR搭載スマートミラーの現況をみていこう。

図1

左よりモデレーターを務めた
Perfect Corp. US CMO の
アダム・ガム(Adam Gam)氏、
アリス・チャン氏、
ジェイ・アンダーソン氏、
ナターシャ・ハウブリーチ氏、
ジャマイラ・ジョンソン氏

「ビューティテック360: AIとARによるパーソナライズド・ソリューション」には、Perfect の創業者兼CEOのアリス・チャン(Alice Chang)氏と、同社のYouCamテクノロジーを導入しているエスティ ローダー、Sally Beauty、ニュートロジーナの各代表者が登壇した。

チャン氏は「ARの利用は、店頭やモバイル、ECサイトなど全てのセグメントでブームになっている」として、バーチャルメイクやトライオンにARが幅広く活用されるのが当たり前になり、「ハイパー・パーソナライゼーションの解決策となるビューティAI」の搭載も進む今、この先の課題として「オムニチャンネルでの一貫したサービスの提供」をあげる

いまや「顧客はブランドのECやリアル店舗だけでなく、全てのタッチポイントにおいてAIのデータがシームレスに連動し、自分にパーソナライズされた対応を受けることを期待している」とチャン氏は語る。それはつまり「それぞれのタッチポイントで違う分析やレコメンデーションが行われると、サービス自体の信頼が失われる」と言い換えることもできる。Perfectがオムニチャネル化を推進するゆえんである。

図1

現在の消費者は、AR搭載のスマートミラーやバーチャルメイクアプリを使うことで、口紅などこれまでにない数の色味を、瞬時に自分の顔上で試すことができる。トライアルにかかる時間や手間、肌へのダメージを心配する必要もない。一度染めてしまうと簡単に元に戻すことができないヘアカラーの場合はとくに恩恵がある。スマートミラーは、リスクフリーで気軽にさまざまな色を試すことを実現してくれるのだ。

この続きをみるには

この続き: 3,156文字 / 画像5枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf