見出し画像

LG生活健康の新コスメブランド「UGLY LOVELY」など韓国で盛り上がるアップサイクリング事情

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

韓国では2023年を前後して、廃棄された食物や加工時に生じる副産物をアップサイクリングし原料や成分として組み込んだブランドや、パッケージのアップサイクリングが盛んになっている。グローバルトレンドと軌を一にして、韓国社会でも環境配慮に対する社会的意識がますます向上していることが一因だ。2024年以降もアップサイクルが美容業界の主要なテーマのひとつになると予想されるなか、LG生活健康など大手から中堅、スタートアップ、自治体など広がりを見せる取り組みを紹介する。


LG生活健康はアップサイクルブランド「UGLY LOVELY」をローンチ

韓国ではアップサイクルが”美容業界のニューノーマル”として注目されており、独自の商品を展開する新興ブランドが脚光を浴びている。ビール製造過程で発生する副産物の麦芽粕を化粧品原料に転換するRAFIQや、規格外野菜を使った石鹸商品を製造するSLOC、ワインを製造する際に廃棄されるパミス(一次発酵後に出るブドウの皮や種、細い茎などの残渣)を活用する化粧品ブランド「VINOIR(ヴィノアール)」を運営するDECANTなどだ。

2023年11月には、LG生活健康が”コンシャスビューティブランド”と銘打った「UGLY LOVELY」をローンチした。コンシャス(意識的な)ビューティとは、ユーザーの肌の健康をめざす機能性に加えて、地球環境に負荷が少ない原料やパッケージ調達先、調達方法などのサステナビリティにも重きを置く考え方だ。

 UGLY LOVELY
出典:LG生活健康プレスリリース

UGLY LOVELYはポップな世界観が特徴的なブランドで、韓国全土の農家から集められた、大きさや形状が規格外であったり傷があるため販売流通網にのせられない野菜と、加工の過程で廃棄される部分を原料としている。規格外野菜としては、イチジク、柚子、ジャガイモ、マンダリンオレンジ、ニンジンなどを、加工過程で捨てられてしまう胡桃の皮や杏子の種などが活用されている。2024年2月末時点で販売されている商品ラインナップは、オイルバーム、スクラブウォッシュ、シートタイプマスクなど全12種類。価格帯は1万5,000~2万8,000ウォン(約1,650〜3,080円)に設定されている。

UGLY LOVELYの全商品は自然由来指数(国際規格ISO16128にもとづき、製品中に占める自然および自然由来成分の割合を数値化した指数)が90%以上となっており、韓国ヴィーガン認証院の認証も取得している。また、パッケージには廃プラスチックを熱分解したあとに精製される熱分解油や、再生プラスチックを使用している点も環境配慮の訴求ポイントとして強調されている。

韓国では消費者の環境に対する意識の高まりに加えて、価格の安さや見ためのユニークさなど規格外野菜そのものの認知度や人気が社会的に高まっている。LG生活健康の新ブランドは、そのトレンドをベースにESG(環境・社会・ガバナンス)の観点で生まれたという。

続きをみるには

残り 2,470字 / 4画像

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。