マガジンのカバー画像

デジタルマーケティング

127
BeautyTech.jpのデジタルマーケティングに関する記事です。
運営しているクリエイター

記事一覧

【NRF APAC 2024②】リテールメディア活用の鍵となる「4C」と巨大市場アジア太平洋地…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
12日前
5

【NRF APAC 2024①】イオン、ユニクロ、ドミノ・ピザ、グローバル小売大手が語る顧客…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2週間前
3

アルタ・ビューティ、リテールメディアやイノベーション投資で米国消費の鈍化や競争激…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2か月前
9

minumは令和のプチプラコスメ。躍進のアパレル企業yutoriが仕掛ける、時代を超えて愛…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2か月前
29

英ラッシュCDOが明かすSNSもCRMも「やらない」戦略、業界に投げかけるユーザーファー…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3か月前
49

「ホリデーポップアップ」「Z世代とメタバース」がキーワード【海外トレンド 2023年11…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(…

BeautyTech.jp
7か月前
14

化粧品マーケティング支援のWacker、COSMAX JAPANと提携、自社ECローンチで描く「業界変革」

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 化粧品特化のマーケティング支援事業を行う株式会社Wackerが、2023年8月に韓国OEM企業の最大手のひとつ、韓国COSMAXの日本法人であるCOSMAX JAPAN株式会社との提携を発表。11月には、韓国のスキンケア/カラーコスメブランドを中心に取り扱う美容ECサイト「AURUD

セフォラのビューティイベント「セフォリア」、デジタルとリアルで顧客エンゲージメン…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
9か月前
19

資生堂インタラクティブビューティーの“オムニPBP”が広げる美容部員のキャリアと顧…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
10か月前
19

急成長中の美容プラットフォーム「osina」、UGC生成と小売店の棚を動かす影響力

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
10か月前
48

ロレアル中国が採用する動画生成AIスタートアップ「MOGIC」、生成と配信の自動化へ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1年前
21

美容ブランドがメタバース参入時に考えることは?【後編】カネボウ化粧品ALLIEの事例…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1年前
17

花西子からドゥ・ラ・メールまで、中国における女性ゲームユーザーへのアプローチ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1年前
7

美容ブランドがメタバース参入時に考えることは? 日本における事例から考える 前編

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o メタバースが本格的に登場して約1年半が過ぎ、さまざまな企業がメタバースへの参入を始めている。日本の美容業界での事例はまだ少ないものの、先行する他業種の事例から学べることは多い。今回は、化粧品ブランドがメタバースに参入する際に、「まず何を決める必要があるのか」「どこに着眼して決めればよ