マガジンのカバー画像

ESG/SDGs

98
BeautyTech.jpのESG/SDGsに関する記事です。
運営しているクリエイター

記事一覧

DE&Iの推進企業が直面する「社員の理解と浸透」をサポートする学習アプリMASHING UP L…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ |メルマガ(…

BeautyTech.jp
1か月前
8

美容業界のソーシャルグッドなマーケティング、欧米の"ウォーク批判"や矛盾の構造を理…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ |メルマガ(…

BeautyTech.jp
2か月前
37

活況のホームフレグランス製品のサステナビリティとLVMHの配送用包装規制に向けた取組…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3か月前
12

ラグジュアリーコスメの体験価値をあげるサステナブルなパッケージ・イノベーション【…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3か月前
22

SHIROのコスメロスを減らすアーカイブ販売、サステナビリティと成長性は両軸の企業哲…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3か月前
34

美容業界におけるクリーンテック、新感覚の「センソリアル処方」に注目【Cosmetic 360…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3か月前
16

中国のサステナビリティ意識が美容分野でも急激に進化、アリババの啓発から資生堂、ロレアルの動きまで

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 中国でとくにZ世代を中心とする若い層は、環境に配慮した美容アイテムを選ぶ傾向がますます強まり、資生堂、ロレアル、P&G、ユニリーバなどが環境問題の啓発で先進的な取組みを続けるアリババグループと連携し、それぞれのサステナビリティを追求している。 ビッグデータ分析会社 DATASTOR

「メタバースビッグイベント」「ロレアル、グリーンサイエンス投資」がキーワード【海…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
8か月前
6

トキワが目指すESG経営、事業成長もサステナビリティも両立させるその戦略

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
8か月前
21

Z世代環境活動家によるSHIINA organic、サステナブルな口紅を通して広げるアクション…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
9か月前
16

「美容業界におけるChatGPT」「マイクロプラスチック汚染防止」がキーワード【海外ト…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
9か月前
17

ロクシタンとテラサイクル、新プログラム立ち上げのM・A・Cなど欧米の容器回収&リサイ…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
10か月前
10

「リテールメディアの活発化」「企業をまたぐサステナブル施策」がキーワード【海外ト…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
11か月前
8

美容ブランドにおける「カーボンニュートラル」「カーボンネガティブ」9つの事例

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 化粧品製造のサプライチェーンのなかで発生するCO2を差し引きゼロにする「カーボンニュートラル」を達成する企業やブランドが増加している。なかには、CO2排出よりも吸収量が多い「カーボンネガティブ」をうたう製品も現れている。ますます高まる環境配慮を求める消費者の声を受け、グローバル市場で