マガジンのカバー画像

肌分析・カラー診断

81
BeautyTech.jpの肌分析・カラー診断に関する記事です。
運営しているクリエイター

記事一覧

資生堂がCES2024に初出展した背景、来場者の反応とビューティテックへの人々の期待【…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3週間前
11

AquaAge、美容サロンやブランド向けに生成AI活用の肌解析SaaS「HADABON Pro」をリリー…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1か月前
23

AI比較機能で顔の変化を精密に可視化。肌解析と顔分析のホワイトスペースを狙うEstheM…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
4か月前
11

KATEや@cosme OSAKAでリテールテイメントを実現するTOPPANの自…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
4か月前
17

中小の美容サロンや化粧品ブランドも導入しやすくなったデジタル施策、リアルの体験価…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
6か月前
7

資生堂「Beauty DNA Program」、先天的な肌特徴×生活習慣から将来予測の伴走型パーソ…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
7か月前
19

Z世代のニーズから誕生、NTTコミュニケーションズの美容体験サービス「Smart Powder Room」は共創プラットフォーム化へ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o NTTコミュニケーションズ社内の草の根的な共創アイディア募集から生まれた個室ブース「Smart Powder Room(スマートパウダールーム)」は、同社とさまざまな企業との共創による、美容体験サービスのプラットフォームとして展開を模索している。同社担当者に、実証実験や社内検証を通じ

マルホが仕掛けるAIコスメレコメンド「My Salon」、肌悩み特化コミュニティ…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1年前
19

スイス発Skin Match Technology「おすすめ理由」に透明性をもたらすレコメンドAIソリ…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1年前
6

花王が年間30万円の肌のパーソナルジム「est Skin Athlete Gym…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1年前
9

コーセー、新発想のメイクシミュレーター「COLOR MACHINE」はなぜ人気な…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1年前
12

米Finiite、AI肌診断をベースにユーザー視点で化粧品レコメンドの民主化をめ…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1年前
7

ZOZOCOSMEがARメイク実装、ユーザー視点で3つの強化を進め取扱高100億…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1年前
11

メタバース参入を発表したパーフェクトが考える、美容ブランドがとるべきアプローチ

美容業界でもメタバースへの関心・期待が高まる一方、具体的にイメージがつかみにくく、どうアプローチすべきかに苦慮するケースも多い。ARメイクアップにおいて、業界の標準ともいうべきデファクトスタンダードの立ち位置を築いたパーフェクトは、CES2022でメタバース参入を発表した。同社ではメタバースをどのように捉え、次なる戦略を描いているのか。パーフェクト株式会社 代表取締役社長 磯崎順信氏に話を聞いた。 メタバースは次世代の巨大なタッチポイントである—— AR・AIを駆使したバー