マガジンのカバー画像

R&D

60
BeautyTech.jpのR&D(研究開発)に関する国内外の記事です。
運営しているクリエイター

記事一覧

ユニリーバや資生堂などが取り組むマイクロバイオーム化粧品、カギは3つの方向性

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
12日前

美容とウエルネスの融合「ニュートリコスメティクス」、2030年に2兆円の市場規模…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1か月前

B Corp認証をサステナブル化粧品原料のファーメンステーションも取得、その意義とメリ…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1か月前

イスラエル発ナノスパン、生菌を肌の上で活性化する特許技術を持つ化粧品OEM

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1か月前

資生堂 社長 CEO魚谷氏、慶大先端生命科学研と10年先のイノベーションを見据え…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2か月前

アドバンジェンなど医薬部外品の育毛剤がけん引する薄毛・育毛アイテムの可能性

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2か月前

花王のKirei肌AIは「印象」の可視化による製品開発とコミュニケーションのDX

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o コンシューマー向けサービスおよびソリューションとして肌分析AIを開発するプレイヤーが増えるなか、花王が同分野における新たな成果をリリースした。情報が公開されたのは「Kirei肌AI」という名称の、開発環境の生産性を高めるための肌分析AIだ。肌の状態を正しく明示するのみならず、人間の感

スキ
14

花王やマンダムも製品開発。「宇宙美容」元年の2022年から考えるその役割と可能性

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
8か月前

「医療レベルのスキンヘルス」「中国春節限定コスメ」「B Corp認証」がキーワード【海…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
9か月前

紫外線を味方に、Second Skin技術をより広範囲に。化粧品を超える資生堂R…

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクか…

BeautyTech.jp
11か月前

シャネルのスキンケアR&Dは植物成分に注力、世界各地のラボからゲノムコホートまで

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクか…

BeautyTech.jp
1年前

日本の化粧品向けアップサイクル原料最前線、Bentenからは原料データベースも登…

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクか…

BeautyTech.jp
1年前

京都大学がLVMHリサーチセンターや花王と進めるオープンイノベーション

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクから…

BeautyTech.jp
1年前

化粧品業界の次なるSDGsトレンドは「アップサイクル」 で循環型社会へ。海外の9事例

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 本来は廃棄されるはずの素材に、手を加えることで付加価値を与え、新しい材料や製品に変換する「アップサイクル」。化粧品業界では、SDGs文脈におけるリサイクルの次の段階として、この試みが広がりつつある。パンデミックをきっかけに、注目度が高まって

スキ
64