マガジンのカバー画像

R&D

86
BeautyTech.jpのR&D(研究開発)に関する国内外の記事です。
運営しているクリエイター

記事一覧

花王のスマートガーデン、CO₂活用と植物抽出エキスの高機能化プロセスのイノベーショ…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3週間前
17

サティス製薬がユーグレナ・グループの一員に。藻類を軸にサステナブルな「化粧品メー…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2か月前
17

中国ヘアケアブランド「see young」、外資が強い市場で消費者に支持され急成長、その…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2か月前
14

コスマックスなど韓国OEM大手3社、過去最高収益の背景にみる、4つのキーワード

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2か月前
8

ロレアルなど「光老化」の理解を進めUVケアの日常使いを促進【海外トレンド 2024年3月…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2か月前
12

資生堂による「鼻骨格」と肌予測の関連性。そのユニークな視点とツール化までの全容

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3か月前
10

花王のファインファイバー技術が進化、キュレルの”着る角質ケア”として、深刻な乾燥肌のQOL向上へ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 直径1ミクロン以下の繊維を肌に直接吹きつけて極薄膜を形成する花王のファインファイバーテクノロジーが進化を続けている。繊維から保湿成分を染み出させる技術(ブリードアウト)によって、角質層の上から肌を保護するための極薄膜そのものの機能がさらに高まった。乾燥性敏感肌向けブランドの「キュレ

資生堂がCES2024に初出展した背景、来場者の反応とビューティテックへの人々の期待【…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
4か月前
11

エステーが香りとウエルネスで新規事業を積極的に展開、独自の「クリアフォレスト」技…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
4か月前
17

ファーメンステーション、化粧品や食品向け「高付加価値」バイオ素材開発でグローバル…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
4か月前
16

花王「SOFINA iP」、国内戦略ブランドとしてユーザーの声と向き合い、最新技術投入の…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
5か月前
25

韓国マイクロバイオームコスメ5社の事例、大手製薬&バイオ企業による「UIQ」は日本上…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(…

BeautyTech.jp
6か月前
12

中国「BIOHYALUX」と「WINONA」、不況でも高成長のブランドを支える共通項はバイオテ…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
9か月前
9

「ハイブランドの新化粧品ライン」「マイクロバイオーム保護のUV成分」がキーワード【海外トレンド 2023年8月-9月】

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 毎月1回、ビューティ業界にインパクトを与える海外ニュースを俯瞰し、注目すべきポイントと報道の裏側にある背景を解説。グローバルな視点からビジネスの潮流をひも解く。今回は、ラグジュアリーファッションブランドが立ち上げる新化粧品ラインとその狙い、また、欧米で定着しつつあるマイクロバイオーム