マガジンのカバー画像

ミレニアル・Z世代

65
BeautyTech.jpのミレニアル・Z世代に関係する記事です。
運営しているクリエイター

#デジタルマーケ・インフルエンサー

「メタバース」「NFT」関連アプリ、美容業界にとっても次世代プロモーション主戦場…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1か月前

Z世代に人気の海外美容アプリ「パーソナライズ」「透明性」「複数機能」がキーワード

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1か月前

Douyinは「インタレストコマース」、越境ECからスタートする中国市場開拓のノ…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2か月前

Z世代とのデジタルコミュニケーション3つのキーワード「個の尊重」「系統別」「誠実…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
4か月前

あつ森とGlossier、Twitch 実況中継などゲームの世界が美容でも新たな…

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Face…

BeautyTech.jp
1年前

アモーレパシフィックも大型投資、韓国美容MCNのDMILは攻めの経営でトップを狙…

◆ English version: Amorepacific bets on dVine influence of homegrown beauty MCN compan…

BeautyTech.jp
1年前

音声コンテンツは体験を拡張する「広義のAR」 stand.fm中川綾太郎氏の試み

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o SNSや動画プラットフォーム全盛のこの時代、スマートフォンにおける「画面の取り合い」はすでに飽和状態だ。そこで脚光を浴びているのが「音声」である。「stand.fm」 は音声のもつ可能性を追求し、新たなコミュニケーションと人々のつながりを構

スキ
28

中国で伸びるラグジュアリー市場を牽引する90后、価値観が多様化する00后

◆ English version: The post-90s generation drives the growing luxury cosmetics market i…

BeautyTech.jp
1年前

中国bilibiliで化粧品ブランドが公式を相次ぎ開設、購買も可能なプラットフォ…

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Faceb…

BeautyTech.jp
2年前

TikTokは「不完全」さが信頼される。日本でも化粧品SNSマーケティングの主戦…

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Faceb…

BeautyTech.jp
2年前

韓国Zamface、自分に合う美容インフルエンサー動画とマッチングでZ世代に人気

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Faceb…

BeautyTech.jp
2年前

LUSHなど活用、Z世代が「病みつきになる」#ASMR、美容動画での活用事例

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Faceb…

BeautyTech.jp
2年前

Z世代をつかむならTikTokへ。NYXなどの米国ブランドに舵を切らせた破壊力

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Faceb…

BeautyTech.jp
2年前

Glossier PlayにKylie Skin、人気ブランドが若年層に向けた「サブブランド戦略」考察

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 欧米ではGlossierやKylie Cosmeticsなど、Z世代やミレニアル世代にカルトな人気を誇るブランドを中心に、サブブランドの発表が相次いでいる。その目的は、購買層やファンのさらなる拡大とともに、消費者を飽きさせないようブランドに

スキ
14