ついにTouTiaoも参入。美容ブランドも活用する中国ミニプログラム事情
見出し画像

ついにTouTiaoも参入。美容ブランドも活用する中国ミニプログラム事情

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

中国Eコマースの業界で今、「ミニプログラム」と呼ばれるプラットフォームが注目を集めている。多くの中国大手IT企業が参入し、先日、TikTokで日本でも知名度が上がりはじめたByteDanceも導入を発表した。ミニプログラムとは、そしてByteDanceの狙いはどこにあるのかを探る。

2018年9月17日、中国ByteDanceは同社の柱であるニュース配信アプリTouTiao(今日頭条)で、ミニプログラムのベータ版を公開すると正式に発表した。同社は日本の若者にも人気のショート動画投稿アプリTikTokの開発元でもある。発表では「より豊富で価値のあるサービスを様々な利用者に届けたい」とアナウンス。TouTiaoのミニプログラム導入は、WeChat(テンセント)、アリペイ(アリババ)、バイドゥの大手3社に次いで4社目となった。

ちなみに、ByteDanceは2018年10月下旬に、750億ドルの評価額で30億ドルの資金調達を終えたという報道があり、創業6年にして現段階でウーバーを抜いて世界最大のスタートアップである。TikTokに似た仕組みをFacebookが、GoogleはTouTiaoのようなニュースアプリを中国ユーザー向けに開発中だという。

ミニプログラムとはどういうものか

ミニプログラムとは、WeChatなどプラットフォームのアプリ内で他社も含めた各種サービスのプログラムが利用できるもので、いわば「アプリ内アプリ」のことだ。もともと2017年にWeChatがスタートさせたもので、その便利さから一気に利用する企業が増えた。

これまでスマホユーザーは、ネットショッピング、ネット決済、ゲーム、メディア閲覧などをする際、それぞれのアプリやブラウザを起動させる必要があった。しかし、WeChatのミニプログラムは、WeChatアプリ内で上記のサービスをすべて享受し完結することが可能で、ユーザーにとっては容量の節約、ホーム上のアプリの整理、時間の短縮など多くのメリットがもたらされた。ミニプログラムを提供する企業にとっても、WeChatユーザーであれば、誰もが潜在的な顧客になりうるため、顧客の新規開拓に大きなチャンスが生まれることとなった。

ユーザーからの見え方としては、下記のようになる。

この続きをみるには

この続き: 3,656文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf