仏ロレアルが協働する連帯デジタル広告、リモート植林などの各スタートアップ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

仏ロレアルが協働する連帯デジタル広告、リモート植林などの各スタートアップ

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

ロレアルは2020年6月に「ロレアル・フォー・ザ・フューチャー」という2030年に向けた新たなサステナビリティ・プログラムをローンチしたが、並行して、美容業界、地球、社会に良いインパクトを与えるデジタル・テック企業を対象としたコンテストと支援プログラム「Beauty Tech for Good Challenge」をスタートさせ、40ヵ国から115のスタートアップが応募。2020年10月13日に受賞企業3社を発表した。選出された3社の取組みを詳しく紹介する。

115社から選出のサステナビリティ・プログラム目標達成のために協働するスタートアップ

「Beauty Tech for Good Challenge」とは、社会的責任にもとづきビューティ、サステナブル、インクルーシブなサービスを提供する、革新的なデジタル・テック企業を対象にした国際コンクールだ。2020年3月に特設サイト上で募集を開始。毎年春にパリで開催される欧州最大級のテックイベントViva Technology(以下VivaTech)のロレアルブースで、ファイナリスト10社がピッチを行なって、3社が選出される予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響でVivaTechが中止となったため、受賞した3社は同社のプレスリリースにより発表された。

スタートアップはこのコンクールで受賞すると3つのメリットが得られる。1つ目は世界最大級のインキュベーション施設Station F内で行われるロレアルの6ヶ月の支援プログラムに参加し、美容業界のエキスパートからメンターシップを受けられること。2つ目はロレアル傘下のブランドのビジネスパートナーとなり、協働の機会が与えられること。3つ目は美容企業のエキスパート、メディア、投資家に紹介され、国際的にビジビリティを高められることだ。

図1

Station F内にあるロレアルの
スタートアップ支援プログラムのブース

ロレアルがこの支援プログラムの枠組みで募集した分野は、地球の環境保護、持続可能でエシカルなデジタル・エコシステム、すべての人のためのインクルーシブな製品やサービスの3つで、40カ国から115のスタートアップの応募があったという。最終的にロレアルのエグゼクティブ委員会によって選ばれた3社は、「ロレアル・フォー・ザ・フューチャー」で掲げられた目標のソリューションをもつスタートアップでもあり、同社が環境問題や社会課題に対して、積極的に外部企業とともに取り組んでいく姿勢がうかがわれる。

受賞した3つのスタートアップを紹介していく。

■仮想通貨で社会貢献を促すオンライン広告

1社目はデジタル広告でエシカルな寄付のシステムを提案するカナダのスタートアップWhatRocksだ。

この続きをみるには

この続き: 6,255文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf