見出し画像

日本のメンズ美容関連メディア7媒体、「FINEBOYS+BEAUTY」などの動向

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

メンズコスメ市場の拡大とともに、男性向け美容に特化、もしくは男性向け美容カテゴリーを設置・充実させるメディアも増えている。今回は、この半年ほどで新しい動きをプレスリリースした媒体をまとめて紹介する。
(※掲載はリリース日付が新しい順)

ロフト コスメフェスティバル for MENと連動
FINEBOYS+plus BEAUTY
株式会社日之出出版

画像1

FINEBOYS+plus BEAUTY vol.3
出典:日之出出版プレスリリース

紙媒体として「日本で唯一のメンズビューティ専門誌」をうたう『FINEBOYS+plus BEAUTY(ファインボーイズ プラス ビューティ)』は、2021年4月にvol.3を発売した。同誌は1986年創刊の20代男性向け月刊紙『FINEBOYS』の別冊だ。『FINEBOYS』では、2015年から年2回「FINEBOYSメンズビューティ大賞」特集をおこなっており、その反響が年々増加していることも、『FINEBOYS+plus BEAUTY』の発刊理由だとしている。

『FINEBOYS+plus BEAUTY』vol.3では、創刊号、vol.2に続き、メンズコスメの販売に注力・定評のあるロフトとのコラボレーション企画を掲載している。2021年4月16日~5月31日に全国のロフト132店舗とロフト ネットストアで開催の「ロフト コスメフェスティバル for MEN 2021SS」における販売商品を、誌面や合同で行うInstagramライブで紹介する。

「メンズ美容の教科書」をYouTubeでライブ配信
VOCEウェブサイト
株式会社講談社

画像2

出典:講談社プレスリリース

2019年にメンズ美容を提案するプロジェクト「VOCE Passione(パッショーネ)」を立ち上げている美容メディアの「VOCEウェブサイト」は、2021年3月から@cosmeとのコラボレーション企画として、YouTubeでのライブ配信「メンズ美容の教科書」をスタートした。フリーランス美容師の宮永えいと氏を迎えた第1回の「基本の朝夜スキンケア(洗顔、ひげ剃り含む)」を皮切りに、2022年1月までに「ヘア、ネイル、ニオイケア」「ベースメイクとクレンジング」「アイメイク」「カラーメイク」「スペシャルケア」とのテーマで、全6回の配信を予定している。

毎回、美容家やアーティストなどのメンズ美容に精通するゲストを招き、VOCEウェブサイト副編集長の渕祐貴氏と@cosme TOKYOマネージャー村上宏明氏とで、メンズ美容の知識とテクニック、おすすめのアイテムを紹介する。配信内容はVOCEウェブサイトと@cosmeで順次アップされる予定。また、@cosmeの公式通販サイト「@cosmeSHOPPING」では、ライブ内で紹介した一部の商品をまとめた特設ページも開設されている。

スマホのブラウザで横にスライドさせて読む新フォーマット
Begin for Good Life
株式会社Begin

画像3

Begin for Good Life vol.1
出典:世界文化ホールディングス
プレスリリース

1988年創刊の月刊紙『Begin』 や、Webメディア「e-Begin」、ECサイト「Begin Market」を展開するBeginは、スマートフォンのブラウザで読むWebマガジン『Begin for Good Life』を2021年3月にプレ創刊した。

『Begin for Good Life』は、スマートフォンのブラウザを横にスライドさせながら読む「Wook(ウック。WebにBook, Mookをかけた造語)」で、従来の電子雑誌のスマホ閲覧時の読みにくさや読み疲れの改善と、「雑誌を手に取って読んだときのワクワク感や世界観」を両立するフォーマットとしている。掲載されているアイテムをクリックしてリストに保存したり、購入ができる外部のECサイトへジャンプしたりも可能だ。

メディア型ECサイトのリアルショップが大丸東京店にオープン
li1l LIONEL
株式会社コスメクリニック

画像4

大丸東京店のli1l LIONELリアル店舗
出典:コスメクリニックプレスリリース

国内外のドクターズコスメ等を集めたセレクトショップ「Cosme Clinic」や、よりナチュラル志向に特化した形態の「hinata by cosmeclinic」を展開するほか、百貨店内のメンズコスメコーナープロデュースも行っているコスメクリニックは、メンズコスメに特化したメディア型ECサイト「li1l LIONEL(リオネル)」のティザーサイトを2020年12月に開設。続いて、サイトで紹介するアイテムを実際に体感できるリアルショップを大丸東京店7階メンズコスメコーナー内に2021年2月にオープンした。

同3月に500点以上のアイテムをそろえてグランドオープンした同媒体は、今後は品揃えを随時更新しながら、メンズコスメショップとメンズ美容に関連する情報を発信していくとする。

幅広い年代の美容ビギナー男性に寄り添うコンテンツを配信
洒落男子
株式会社セルバ

画像5

洒落男子
出典:セルバプレスリリース

大阪市に本社を置くセルバは2021年2月、男性向け美容メディア「洒落男子」を立ち上げた。「男性におすすめメイクアップ用コスメブランドのカオスマップ」等の記事が公開されている。

編集部のメインスタッフは、全員が美容やファッションに関係する資格や経歴をもつ20~30代の女性。メインターゲットは20代男性としながらも、幅広い年代の美容初心者に寄り添うコンテンツを、女性の目線を生かしながら発信していくとする。

かならぼとコラボし、Z世代男子向けブランド「MENCOS」発表
Emo!miu
株式会社アイ・エヌ・ジー

第一弾商品のメンコス サンカット BB

Webマガジンの「Emo!miu(エモミュー)」は、「Fujiko」シリーズで知られるかならぼと共同開発した新ブランド「MENCOS(メンコス)」を立ち上げた。第一弾商品として、日焼け止めとしても使え、ニキビや肌荒れを隠せる日焼け止め兼ファンデーション「メンコス サンカット BB」を2021年4月に発売した。MENCOSは、「“全国のZ世代男子のほしいコスメ”の商品化」をコンセプトとしており、今後もEmo!miuのモデルや読者の男子高校生・大学生1,000名の意見を取り入れたコスメを開発・販売し、Z世代のファーストコスメブランドを目指していくとする

1990年に創業し、女子高生に特化したマーケティング事業を手がけてきた広告代理店アイ・エヌ・ジーが運営するEmo!miuは、2019年11月にサイトをオープン。男性モデル、インフルエンサーによるコンテンツを軸に、Z世代男女向けのファッション、ビューティ、エンタメ情報などを更新している。

薄毛、脱毛、EDに関するコラムや店舗紹介に特化したポータルサイト
MOTEO
カッコイイ株式会社

画像6

MOTEO
出典:カッコイイプレスリリース

MOTEO(モテオ)」は2019年10月リリースの、男性の薄毛、脱毛、EDに関するコラムやおすすめ店舗を紹介するメンズ美容ポータルサイトだ。2021年5月現在、掲載するクリニックやサロンの数は1万3,374件を数え、最寄駅や施術メニューによる絞り込み検索、クチコミや初回費用のチェック、オンラインでの仮予約などが行える。

おすすめ店舗の紹介記事は、直接インタビューにもとづくもので、東京都内を中心に実際に編集部員が訪問して施術などを体験し、ユーザー目線の記事を公開している。また、施術に従事する医師やスタッフに監修を依頼し、適切な情報の発信に努めているとする。

Text: 大塚愛(Megumi Otsuka)
Top image: Daniel_Dash via Shutterstock

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
29
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp