CES 2018レポート 時間も場所も選ばない美容ガジェットたちの進化
見出し画像

CES 2018レポート 時間も場所も選ばない美容ガジェットたちの進化

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

前回のCESレポート、「欧州スタートアップの活況とパーソナライズ化の波」に続いて、ここではそのほか気になった美容ガジェットを紹介したい。時間も場所も選ばず、時短かつパーソナライズ。美容はどんどん自由になっていくのだということを感じさせる。

重さ1kg未満のコードレスヘアドライヤー

コードレスヘアドライヤー「The VOLO Go Cordless Dryer」を発表したのは、長年美容業界に身を置き、アメリカ・南カリフォルニアで21の店舗とサロンを経営してきたRyan Goldman氏率いるVOLO Beauty。重さ900gと軽量のうえ、コードレスのため、好きなところに持ち運んで使用できるのが一番の特徴。最大駆動時間は14分で、本体のカラーは黒と白だ。

電気自動車に搭載されているものと同じリチウムイオン電池を採用することで、エネルギー効率が高く、サロンのドライヤー並みのパワフルな風量を実現している。また髪へのダメージを減らすため、赤外線熱を使用。同商品は現在特許申請中で、まだ価格は明らかになっていないが、ウェブサイト上ではすでに予約注文を受け付けている。これまでドライヤーは洗面所や寝室など使う場所が限定されてきたが、そうした場の制約から解放されるとあって米国メディアからの注目も高い。

出展中、同社はDysonのコードレス掃除機を引き合いに出し、いかにコードレスが有用かを説明していた。The VOLO Go Cordless Dryerをきっかけに、ドライヤー市場でも一気にコードレス化が進むことが予想される。

画像1

AIが肌の水分量を分析、適量のミストを噴射

乾燥は肌の大敵、潤いある肌を保つためには水分補給が欠かせない。だが、一方で肌に適切な水分量を与えられているのかを確認するのは難しい。「Mili Pure Spray」は、搭載したAI(人工知能)が現在の肌状態を分析し、必要な量のミストを噴射するハンディミスト。本体は3つのパーツから出来ており、先端のカプセルでは内部に設置された2本の金属棒が、タンク内の水に水素を注入して水素水を作り、中央部の噴射口からミストが出てくる仕組みだ。

下部はセンサーになっており、専用スマートフォンアプリを起動して、手、目元、顔、首の肌に押し当てると肌内部の今の水分量が分析できる。この結果に基づき、AIが肌状態にあった水分量を計算して適量のミストを放出する。測定した肌状態は日、週、月単位でアプリに保存されるため、肌の潤い度が改善していく過程がひと目で分かる。価格は79.90ドル。

この続きをみるには

この続き: 2,316文字 / 画像7枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf