2020年の韓国コスメ、激戦から生まれる注目トレンド&ブランドをGlowPickに聞く
図1

2020年の韓国コスメ、激戦から生まれる注目トレンド&ブランドをGlowPickに聞く

◆ English version: Top picks by GlowPick for 2020: South Korean brands and trends to watch out for
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2020年、韓国ブランドはどう動いていくのか。韓国の人気クチコミアプリ「GlowPick」を運営するGlowdayz Inc. 最高経営責任者コン・ジュンシク(Kong Junesik氏へのインタビューを通じて、そのトレンドと、注目ブランドについて俯瞰する。

韓国では2019年は、中小の新興ブランドの活躍が目立った。大きな理由のひとつに、オリーブヤングなどのH&Bストアや、シコールといった化粧品専門店がここ数年、中小新興ブランドの育成と販促を積極的に展開している点があげられる。こうした韓国のトレンドを俯瞰的にウォッチしてきているGlowdayz Inc.のコン氏によれば、2020年は「多くのブランドがしのぎを削る状況」だという。

Glowdayz Inc. が見つめてきた韓国化粧品市場

Glowdayz Inc.は、企業やブランドの大小に関係なく、化粧品など美容アイテムの公平な評価を下す仕組みをつくりたいという、コン代表らのモチベーションによって、2013年に設立された企業だ。


コン氏は新聞社に勤めていた経験から、広告宣伝やメディアの力で人気商品が生み出される構造をよく理解していた。そこで、バイアスに左右されない正直な意見や感想を取り入れるべく、レビューの星の数を重視したアルゴリズムを用いて、ユーザーにリアルタイムで情報を提供するアプリGlowPickを開発した。現在、そのダウンロード数は330万以上にのぼっている。

これらのレビューを同社では定期的に分析しているが、コン氏はまず、現在の韓国化粧品市場について、数多くのブランドが誕生して互いにしのぎを削る状況にあるとみている。

「韓国では力のあるOEMメーカーが揃い、アイディアと数百万円規模の資金があればすぐにでも化粧品ブランドを立ち上げられる状況にある。実際に、脱サラして個人がブランドを立ち上げるパターンも増えている。一方で、簡単にブランドがつくれるため、その絶対数も著しく増加傾向にある。現在、韓国国内には約3万ブランドがひしめく状況だとの分析もある」(コン氏)。

この続きをみるには

この続き: 3,131文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf