見出し画像

世界初の「汗腺を眠らせる」技術とiEM細胞培養で、マンダムが次世代の汗対策をリード

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

国内男性化粧品のトップメーカーであるマンダムは、汗腺にフタをする機能が中心だった制汗剤市場において「汗腺を眠らせる」ことで発汗を抑え、汗の量や質を改善するという新しいコンセプトの制汗剤の商品化に向けて、長年基礎研究を続けてきた。この次世代制汗剤の実現は、美容分野はもちろんのこと、多汗症や熱中症などの発汗機能障害の予防法・治療法の早期確立や、汗腺の再生技術の確立につながることが期待されており、医療分野からも注目を集めている。

日本の制汗剤市場は、417億円前後で年々拡大傾向となっており、人々の清潔意識が高まっていることが示される。ギャツビー、ルシードなど男性化粧品を中心とした事業を展開してきた株式会社マンダムは、「頭髪・頭皮」「皮膚」「体臭・制汗」の研究分野のなかでも、近年関心が高まっている「体臭・制汗」の研究を2000年頃から強化しており、2013年にミドル男性特有の「ミドル脂臭」の臭い成分を世界で初めて特定するなど、国内外の体臭・制汗分野の研究において、近年注目を集めている。

2019年6月、化粧品産業の世界最大クラスターであるフランスのコスメティックバレー(Cosmetic Valley)が主催する、最先端化粧品技術を競うコンテスト「Cosmetic Victories 2019」で、マンダムと大阪大学薬学研究科が設置した先端化粧品科学(マンダム)共同研究講座の研究グループが、日本を含むアジアで初めての最優秀賞を受賞し話題になった。その内容は、既存の制汗剤のように「汗腺の出口にフタをする」のではなく、「汗腺を眠らせる」ことで発汗を抑えるという新しいコンセプトだ。

株式会社マンダム 基盤研究所 チーフリサーチャー/大阪大学大学院 薬学研究科 招へい教員の倉田隆一郎氏によると、このアイディアを着想したのは、2009年頃だという。

「長期に渡って生活者に貢献できる新しい技術基盤を作っていくことを考えたときに、たとえばスキンケア分野では、しみはファンデーションやコンシーラーで隠す、しみのもととなるメラニンができないように根本ケアする、という”マスキング”と”ケア”の2つのアプローチがあるのに対し、制汗分野では汗腺の出口にフタをする既存のデオドラント剤という”マスキング”の解決法しかなかった。しかも、汗腺の出口を塞ぐことによる皮膚炎(あせも)や、有効成分による服の黄ばみなど、さまざまな問題が起きていることもわかっていた。そこで、汗腺の”ケア”として、汗腺の分泌部に直接作用して発汗を抑える制汗剤を開発できれば、既存のデオドラント製品で解決できなかった生活者の悩みを解消できるのではないかと考えた」(倉田氏)

汗腺を眠らせる=汗腺の筋上皮細胞の収縮を抑える

「汗腺を眠らせる」とは一体どういうことなのか。それを理解するためには、汗腺の構造と汗が出る仕組みを把握する必要がある。

汗腺は分泌部と導管部で構成された一本の管状の外分泌腺で、一部の導管部と分泌部は、糸くずが絡まるようにコイル状に複雑に折り畳まれている。

図1

汗腺の構造

体温調節を担っている脳の視床下部が体温上昇を感知すると、脳が「汗をかいて体温を下げなさい」という命令を出す。その命令が、自律神経のひとつである交感神経を介して全身に伝わり、汗腺がその情報を受け取ると、汗腺のコイル領域に存在する汗腺分泌部の管の一番外側の層にある筋上皮細胞が収縮することで分泌部から汗が放出され、導管部を通って皮膚表面に排出されることで発汗が起こるとされている。

この筋上皮細胞の収縮を緩めることで、発汗そのものを抑えることができる、というのがこの次世代制汗剤のコンセプトの概要だ。

スクリーンショット 2020-09-04 16.22.35

従来の制汗剤(左)と次世代(右)
のコンセプトの違い

構造が複雑ゆえ、解明されていなかった汗腺

汗腺を"ケア"するという新しいコンセプトを実現するためには、汗腺の構造や仕組みを正しく理解する必要がある。しかし、研究を開始した当初は、市販で汗腺を用いて実験するような研究資材がなく、また、汗腺は非常に複雑な構造を持つため、当時の顕微鏡の精度や解析技術では限界があり、汗腺研究はそれほど進んでいなかったという。

そこでマンダムは、2009年から汗腺研究をスタートし、ヒト皮膚組織からの汗腺細胞の単離や生体外での培養など、新しいコンセプトを実現するための汗腺研究の技術基盤を一つひとつ確立してきた。

2015年に設置された共同研究講座で汗腺研究が加速し、2016年に、ヒト汗腺幹細胞を発見し生体外での汗腺様構造体の再生に成功。2017年にはヒト汗腺の三次元構造を可視化(下図)、2018年には、三次元構造の時間的な変化を解析するために三次元ライブイメージング法(三次元の動きを動画で観る方法)をとりいれ、生体に近い状態の汗腺が発汗収縮する動きを明らかにした。

スクリーンショット 2020-09-04 16.21.09

可視化されたヒト汗腺の三次元構造

そして2020年5月には、汗腺の収縮をつかさどるヒト汗腺筋上皮細胞の性質を保持したまま長期培養が可能な細胞株である不死化ヒト汗腺筋上皮細胞(iEM細胞)の樹立に成功した。倉田氏は「次世代制汗剤の開発には、多くのヒト汗腺筋上皮細胞が必要となるが、それを入手するためには、顕微鏡をのぞきながら0.1mm程度しかない汗腺をピンセットでつまみ出すという1日がかりの作業が必要だった。今回、iEM細胞株の長期培養を可能にしたことで、作業を大幅に短縮することができる」とそのメリットを話す。

また、iEM細胞はその有用性が認められ、カナダのバイオ関連企業 Applied Biological Materials社との間に販売を許諾するライセンス契約を締結した。これにより、世界各国の研究チームにiEM細胞の販売が可能となり、汗腺研究がさらに加速していくことが予想される。

マンダムでは、すでにコスメティックバレーで受賞した技術を用いて、有効成分により汗腺の発汗収縮を抑制する方法の目処がついた状態であり、今後は、iEM細胞も活用しながら世界の研究チームが発表する最新研究成果にも注目しつつ、4〜5年以内の商品化を目指していく。また、汗と同様に体臭の原因となる皮脂腺やアポクリン腺についても、同様のアプローチで分泌そのものをコントロールする研究が進行しているという。

画像4

株式会社マンダム 基盤研究所
チーフリサーチャー
大阪大学大学院 薬学研究科
招へい教員 倉田隆一郎氏

倉田氏は、「制汗剤市場はアジアよりもヨーロッパの方が大きいが、欧米では自分の体臭にフレグランスを組み合わせて"マッチング"させたり、フレグランスの香りで”マスキング”する文化が根付いており、日本と同様に汗腺の”ケア”まで視野が向いていなかった。しかし、『Cosmetic Victories 2019』での受賞をきっかけに、マンダムの制汗メカニズム研究に非常に関心をもってアプローチされることが増えた。今後、汗腺の発汗収縮のコントロールや、iEM細胞などの汗腺細胞を用いた汗腺”ケア”研究が、欧米でも急速に進んでいきそうだ」と期待を語った。

Text:小野梨奈(Lina Ono)
画像提供:マンダム、トップ画像:ヒト汗腺分泌部の筋上皮細胞(赤)と神経線維(緑)の三次元配置を可視化したもの

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
10
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

BeautyTech.jp記事
BeautyTech.jp記事
  • 598本

BeautyTech.jpのすべての日本語コンテンツはこちらからご覧いただけます