会場の様子_8_-_Salon_Cosmetic_Valley_360_-_vue_du_salon__photo_Cécile_Muzard

仏Cosmetic360に3Dメイクプリンター、IoTコスメなどのイノベーションが集結

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

毎年10月にパリで開催される化粧品の国際見本市「Cosmetic 360」は、今年で5回目を迎え、企業の社会的責任(CSR)や持続可能なビューティをテーマに講演やハッカソンが開かれたほか、招待国であるアメリカのインディーブランド、台湾発のIoTコスメなど、さまざまなイノベーションに注目が集まった。

仏国から競争力産業クラスターに指定されているコスメティックバレーが主催するこのイベントでは、製品、原料、生産、パッケージ、サービスなどさまざまな分野の企業が一同に集まり、イノベーションを発表する。今年も10月16日、17日の2日間にわたり、ルーヴル美術館直結のイベントホールで開催され、 70カ国から220企業(そのうちの25%が外国企業)が出展、5,500人(昨年の10%増)のプロフェッショナルが訪れた。

①冒頭の開会式 2 - Salon Cosmetic Valley 360 - Inauguration par Ségolène Royal - photo- Cécile Muzard

中央は開会式に出席した
コスメティックバレーのプレジデント、
マルク=アントワーヌ・ジャメ
(Marc-Antoine Jamet)氏。
その右が元環境大臣でCOP21
(気候変動枠組条約締約国会議)の
プレジデントを2016年2月〜11月まで
務めたセゴレーヌ・ロワイヤル
(Ségolène Royal)氏
photo: ©Cécile Muzard

昨年は日本が招待国となり、芸者風メイクから自然派コスメまでさまざまな日本の美容法やアイテムが紹介されたが、今年はD2Cブランドが台頭するアメリカが招待国となった。「US Block」という名の特別会場が設けられ、美容領域に特化した仏コンサルティング会社Cosmetics Inspiration & Creationのレイラ・ロシェ(Leila Rochet)氏の進行のもと、アメリカ市場のトレンドやスタートアップが紹介された。

世界初の3Dメイクアッププリンターが発売前に公開

もっとも注目を集めたのは、ビーティテック企業Minkが開発した3Dメイクアッププリンターだ。卓上サイズのコンパクトなプリンターでカラーパウダーを作ることができる。現在、プレオーダー中で、2020年秋の販売を前に、創業者自らがデモンストレーションを行った。

Minkの3Dメイクアッププリンター

操作方法は極めて簡単でスマートフォンで撮った写真をWiFi経由で3Dプリンターに送信するだけだ。約15秒でメイクアップシートに写真がプリントされ、指でこするとそのままアイシャドウやチークとして使用できる。共同創業者のグレイス・チョイ(Grace Choi)氏は、会場でトマトの写真を撮り、その場で作られたカラーパウダーを手の甲につけて見せた。
(※HPには15秒と書かれているがシートがプリンターに吸い込まれてから出てくるまで、ぴったり30秒かかるので、内部で印刷している時間が15秒と思われる)

画像2

写真がアイシャドウやチークとして使える

チョイ氏によると、現在は自然由来の成分を使用している訳ではないが、FDA(米国食品医薬品局)の認証を得た成分で、安心して肌にのせられるという。会場からの「シャネルなどの大手ブランドのアイメイクの写真を撮ってプリントすると、同じものができるのか」という質問には、かなり近い色を実現できているものの、テクスチャーなどは同じというわけではないと答えていた。

画像3

左より、Mink共同創業者の
グレイス・チョイ(Grace Choi)氏と
ジャネット・キム(Janet Kim)氏

2020年にはクリームベースのシートも導入予定で口紅も作れるようになるという。TPOに合わせて、自宅で思い思いのコスメができる日も近い。3Dメイクアッププリンターは2021年に欧州で発売予定といい、アジアはそれ以降となりそうだ。

気候など外的要因で選ぶスキンケア「Pour moi」

また、会場には肌タイプや年齢ではなく、気候や自分が置かれている環境・条件を入れていくと最適なスキンケアアイテムを選んでくれる「Pour moi」の共同創業者でCEOのユーリ・ハスラハー(Ulli Haslacher)氏も登場し、その開発背景を語った。

Pour moi

今まで大手化粧品企業や研究機関は、肌タイプ別のスキンケア開発を行っていたが、同氏の「同じ肌でも、乾燥した環境にいる時と湿気の多い環境にいる時に必要なケアは違うはずだ」という考えから、気温、湿度、環境ストレスなど外的要因で選ぶスキンケアの開発を2012年にスタートした。この今までにないコンセプトのフォーミュラは、イノベーションとCRSに積極的に取り組むフランスのラボラトリーStrand Cosmetics Europe社とパートナーシップを組み、5年の歳月をかけて完成された。パラベン、有害物質フリー、パッケージもBPAフリーのクリーンコスメで、大気汚染にも対応している。

画像4

左からStrand Cosmetics Europeの
ドゥニ・リシャール=オルリアンジュ
(Denis Richard-Orliange)氏、
Pour moiのユーリ・ハスラハー氏、
Cosmetics Inspiration & Creationのレイラ・ロシェ氏、
Premium Beauty Newsの
ヴァンサン・ギャロン(Vincent Gallon)氏

ウェルネスや環境を意識した米国インディーブランド

  Pour moiのように時間をかけてイノベーティブな製品を開発する企業もあるが、消費者の反応をダイレクトにキャッチし、スピーディーに処方やサービスを変えていけるのもインディーブランドの強みだ。Cosmetics Inspiration & Creationのロシェ氏は、米国ではウェルネスへの関心の高まりから、今まで以上にクリーンなスキンケア商品に注目が集まっていることや大麻成分(CBD)入りのコスメの台頭について語った。

また、サステナビリティを重視したブランドの増加傾向を指摘し、リサイクル可能なガラスビンやサトウキビ由来のバイオプラスティックをパッケージに使用しているスキンケアブランド「Bybi Beauty」、カラフルでインスタジェニックなメイクアップアイテムに生分解可能なラメを使用したグリッタージェルを提案している「Slayfire」など、象徴的な商品を紹介した。

⑤アメリカインディーズのコスメ

Cosmetics Inspiration & Creationが
会場で紹介したアメリカの特色ある
インディーコスメ

台湾企業のIoTコスメがAwardsを受賞

また、今年もビューティテック分野であるIoT、モバイルアプリなどにも注目が集まった。L’Oréal Research&Innovationのブースでは、ModiFaceのAR技術を活用したメイクシミュレーションアプリのデモンストレーションが行われたほか、スタートアップゾーンでは、アリババと業務提携を発表したPerfect Corp.がYouCamのAIとAR技術を応用した独自の幅広い美容体験を披露した。また、Meitu(美図)などから投資を得ているバイオテクノロジーに強い台湾企業VesCirは、もともと持っていた肌の分析技術をさらに進化させたIoTコスメ「iCi」を発表し、製品部門のCosmetic 360 Awardsを受賞した。

画像6

製品部門のCosmetic 360 Awardsを受賞した「iCi」

「iCi」はデバイスを使用して、その日の肌の状態に合わせたフォーミュラを作るパーソナルコスメだ。上記の画像の真ん中にある手の平サイズのデバイスで左右の頬、額の3ヶ所を計測すると、専用アプリにデータが転送され、10秒で肌内部の状態を分析する。分析結果は1〜7の数字で示され、画像左端の製品ボトル上に目盛られた1〜7の数字に手動で合わせると、セラムやモイスチャー成分の量が調整され、その日に必要なフォーミュラを作ることができる。

画像7

デバイスのデモンストレーションをする
VesCirのスタッフ

また、仏国のスタートアップからは、Shaydがメイクアップのインスピレーションを得られる無料のモバイルアプリを発表した。アプリ上で肌、瞳、髪の色を選択すると、自分と似た条件の人がどんなメイクをしているか検索でき、チュートリアル動画もチェックできる。投稿者はセルフィ写真とともに商品情報やコメントを書き込むことができ、閲覧者はインスタグラムのように「いいね!」をつけたり、メッセージを送ることができる。2018年4月のローンチ以来、5,000人のメイクファンのコミュニティが作られている。

モバイルアプリShayd


画像8

Shaydの公式サイトより

白髪を黒く染め、ストレートにする革新的なヘアケア登場

また、処方分野で注目されたのは、世界でも1カ所でしか生育しないという希少な植物(非公開)を使用した100%ナチュラルで、リュクスなヘアケアを発表したフランスのスタートアップNovantic Cosmeticだ。

画像9

画像提供: Novantic Cosmetic

ヘアカラーの要領で、髪に製品を塗布すると、ダメージ部分を補修しながら、白髪を半永久的に黒く染め、ヘアアイロンや熱を使わずに髪をストレートにしていく画期的な製品だ。100%自然由来の成分なので、地肌にも優しい。ケアした髪はしっとりとまとまり、雨の日など湿気の多い日でもストレートな髪をキープできる。また、気分でカールヘアにしたいときはヘアアイロンやカーラーで自由にアレンジ可能という。

髪をケアしながら白髪を染め、ストレートパーマの効果が期待できる今までにない製品だが、自然由来の成分ゆえ、仕上がりまで時間はかかる。植物成分パウダーとトリートメント(補修)成分パウダーをお湯で混ぜ、地肌から毛先まで約1時間かけて塗布し、8時間乾かす。この作業を髪の長さや傷み具合によって最低3回繰り返す。一人ひとりの髪のダメージレベルに合わせて補修パウダーの量を調整するなど、パーソナライズしたケアが可能だが、技術を要するため美容サロンのみの展開となる。

画像10

塗布するごとに、髪が黒く、
まっすぐになっていく様子
画像提供: Novantic Cosmetic

希少な原材は収穫から生産まで、すべて手作業で行われており、原料はフェアトレードで取引される。売上の一部は栽培や収穫に関わる人々の支援に活用されるなど、エコロジーかつエシカルな企業でもある。すでにフランスの美容サロンでデモンストレーションを開始しており、2020年からフランス国内で展開予定だ。将来的には、黒髮の多いアジア、ブラジル、中東、北アフリカにも進出したいという。湿気が多く、黒髮の多い日本でもポテンシャルの高いケアアイテムといえそうだ。

画像11

左から、Novantic Cosmetic共同創業者で
ジェネラルマネージャーの
スティーヴ・ミュラ(Steve Mura)氏と
CEOのファティマ・ミュラ
(Fatima Mura)氏

ハッカソンで持続可能なビューティチャレンジ

LVMHグループの支援のもと、第3回目を迎えるハッカソンのテーマは「持続可能な美」。環境や社会へのインパクトを考慮しながら、リュクスな化粧品を生み出すことができるかという問題提起に、今年は学生50名からなる7チームが「2025年における持続可能な高級化粧品・サービス」のクリエーションに挑んだ。

会期中はLVMHグループ傘下のパルファン・クリスチャン・ディオール、ゲラン、ケンゾー・パルファン、セフォラの社員、LVMH Researchがメンターとしてサポートし、最終日にはLVMHグループの幹部やスペシャリストの前で4分間のピッチを行った。見事、最優秀賞を受賞したのはIPAGビジネススクールチームが提案した売れ残りの香水瓶を再利用した限定香水の提案だ。

今まで廃棄していた(LVMHグループの)在庫商品を6ヶ月ごとに回収し、中身を別にして空瓶を溶かし、新しい香水瓶を作る。回収した中身(香水)もすべて混ぜ合わせて新しい瓶に詰める。つまり香りはその時に混ぜ合わせた香水の組み合わせによって変わるサプライズだ。なかなか大胆なアイデアだが、消費者にきちんと理解してもらう前提で、在庫商品でユニークな限定品を再生産できる点が評価された。また、セフォラの大型店で来店者が床を踏むことにより発電するシステムを提案したInstitut Sup’BioTech de Parisチームが特別賞を受賞した。

12 ハッカソン 6 -Gagnantes Hackathon 2019 - Salon Cosmetic Valley 360 - Photo Cécile Muzard Photographe-72

最優秀賞を受賞した5名とゲラン5代目の
調香師ティエリー・ワッサー
(Thierry Wasser)氏 
photo: ©Cécile Muzard

地球に優しいパッケージの開発と課題

プラスチック・フリーの風潮により、化粧品業界でもガラスビンが再注目され、サステイナブルな新素材のパッケージ開発が進んでいる。Citrus Packはオレンジや柑橘類の廃棄物を利用した容器、Lys Packagingはサトウキビベースのヴィーガンボトルなど生分解可能な容器も提案された。これらは化粧品にも対応可能なものの、Lys Packagingの社員によると、まだ化粧品メーカーによる採用実績はないそうだ。循環型容器の開発が進んでいるものの、特に高価格帯の化粧品ではブランドイメージを保ち、かつ独自処方の品質を長期的に保つことができるかなどが大きなチャレンジとなっているようだ。

13 オープンイノベーション

画像:オープンイノベーションの
マッチングに参加した大手企業6社

最後になったが、今年もオープンイノベーションのマッチングが開催され、大手企業6社(Chanel、IFF、L’Oréal recherche&Innovation、LVMH Recherche、Nuxe、Rodan+Fields)のR&D部門が、将来性のあるプロジェクトを持つ中小企業やスタートアップと、およそ200の商談を行なった。市場インパクトのある大企業が中小企業、スタートアップ、研究機関など、視点や発想の異なる企業と融合することで、より革新的で、持続可能な製品やサービスが生み出されることが期待される。

Text: 谷 素子(Motoko Tani)

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
13

BeautyTech.jp

美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

BeautyTech.jp記事

BeautyTech.jpのすべての日本語コンテンツはこちらからご覧いただけます
4つ のマガジンに含まれています