P&G、J&J、ロレアルの巨人たちがさらなるパーソナライゼーションへ【CES2019】
見出し画像

P&G、J&J、ロレアルの巨人たちがさらなるパーソナライゼーションへ【CES2019】

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2019年1月8日から、米ネバダ州ラスベガスにて世界最大級のテクノロジーショー「CES2019」が行われた。今年は展示会場内にビューティテック専用エリアの設置はなかったが、会場のいたるところにスタートアップブースや商品が点在し、関連セッションも開催されるなど、引き続きビューティテックに対する世界的な盛り上がりが感じられた。4回にわたり、2019年のビューティテック、関連分野であるスリープテックやベビーテック等のトレンドを見ていく。
(※ 2/20 文中のLifeLabに関する表現を修正補足いたしました)

CES2019のビューティ分野を読み解くキーワードは、「肌分析」「パーソナライゼーション」「D2C」の3つが挙げられる。特筆すべきは、化粧品業界の最大手メーカーがこぞって、この3点に本気で取り組んでいるところだ。豊富な資金で肌分析テクノロジーに磨きをかけ、顧客一人ひとりに向けてカスタマイズしたサービスを、ダイレクトに届けることをはっきり打ち出していたのである。

P&Gが初出展。グループ数社で商品を展示

CESにおけるビューティテック分野の盛り上がりを率いたのは、今回初出展となったP&G、連続参加のJohnson&Johnson、ロレアルという3つの巨大企業である。なかでも181年の歴史を持つP&Gは、今回の展示でひときわ目を引いた。展示テーマを「LifeLab」としてサイエンスとテクノロジーが交差し新しい製品やサービスを生み出していく場所というコンセプトのもと、複数のグループ企業からなる巨大ブースを設置し、最新テクノロジー搭載商品を展示。存在感を示した。

画像1

展示が始まる前に、メディア向けに行われたカンファレンスで同社は、P&Gのイノベーションを形作る重要なトレンドとして「都市化」「高齢化」「資源不足」「デジタルテクノロジー」の4つを挙げ、LifeLabの展示が掲げる目的を、「画期的な科学技術と、消費者への深い理解を組み合わせることで、人々の生活を変えるパーソナライズドされた経験を提供する」こととした。なお同展示には、P&G内のCVCであるP&G Venturesも関わっている。目まぐるしく技術革新が進む昨今の美容・ヘルスケア業界において、P&G Venturesを通じて新たなパートナー、製品、サービスを見つけ、時代変化に対応していきたい考えだ。

画像2

CESへの出展を行った狙いについて、P&GグループのSK-II ジャパン コミュニケーション マネージャー 安実直子氏は、「顧客の生活が変わり、デジタルが欠かせないようになってきた。企業としていかに、生活体験を豊かにするテクノロジーを追求する姿勢を見せられるか」が重要と話す。

画像3

SK-Ⅱブースで行われた、肌分析マシン「スキン スキャン」の
体験を求めて長蛇の列ができた

SK-Ⅱブースは日本で披露した、ポップアップストア第一世代「Future X」をベースに、中国・上海で行った第二世代ポップアップストアで紹介したリテールテーブルと、来場客から人気だったという「ピテラチューン(※)」を展示した。
(※)編集部注:SK-Ⅱを使い続けることで、肌の「触感(手触り)」が変わることを直感的に示した技術。測定時にデバイスを通じて振動(音声シグナル)を取り込み、特殊なアルゴリズムにより一人ひとりの肌状態を再現する。波長が均一だとスムース、整っていないとざらつくなど、実際に手で触ったかのような感覚を得られる。

この続きをみるには

この続き: 4,687文字 / 画像17枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。【お詫びとお知らせ】「バックナンバー読み放題プラン」の不具合が解消されました。また「記事の個別購入」を中止しております。詳しくはこちらをご覧ください → https://goo.gl/7cDpmf