SK-Ⅱ初のスマートストア、店舗と自宅のシームレスな体験づくりへ
見出し画像

SK-Ⅱ初のスマートストア、店舗と自宅のシームレスな体験づくりへ

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

SK-Ⅱは、東京・原宿で、世界初となるスマートストア「FUTURE X Smart Store by SK-Ⅱ」をオープンした。6月28日までの期間限定で、無料一般公開される。顔認証技術やAIなどのテクノロジーを駆使した同ストアは、SK-Ⅱが未来への可能性を探る「実験場」でもある。37年以上前に誕生したSK-Ⅱは、デジタル戦略を通じてどのように「次の章」へと舵を切ろうとしているのか。

顔認証、AIが店舗体験を彩る

1980年、マックスファクターから生まれたSK-Ⅱ。誕生40周年を目前に控え、ブランド誕生の地で「新しい時代の幕開け」(プロクター&ギャンブル SK-II ワールドワイドCEO サンディープ・セス氏)としてオープンしたのが、東京・原宿の期間限定ポップアップ ストア「FUTURE X Smart Store by SK-Ⅱ」だ。

画像1

(写真:スマートストアらしく、Pepperがお出迎え)

「X(Experience):体験」と付けた通り、顔認証やAIなどのテクノロジーを駆使した店舗体験を提供し、既存のブランドイメージを打ち破る。

画像2

(写真:メディア向けイベントの冒頭で挨拶する、プロクター&ギャンブル SK-II ワールドワイドCEOのサンディープ・セス氏)

店に入るとすぐ目を引くのが、壁一面に広がったデジタル アート ウォールだ。これは訪れた客一人ひとりの顔の表情や体の動きに合わせ、アートの色や動きが変化するというもの。顔認証とAI、コンピュータビジョン技術を利用し、客が笑顔になればアートが暖色系の色になり、悲しい表情をすると寒色系の色になる。

画像3

また2000年代前半よりデジタル肌分析に力を入れてきたSK-Ⅱが、2012年に開発した肌分析マシン「マジックリング」を進化させた「スキン スキャン」の体験ブースも複数用意した。SK-Ⅱでは、「キメ」「ハリ」「シワ」「シミ・くすみ」「ツヤ」の5つの基本要素を分析することが大事とした上で、それぞれを解析できるシステムを開発している。従来の肌分析マシンは直接肌に触れる必要があったが、今回お披露目したスキン スキャンは、画面の前に客が座るだけで、肌分析する。100万人以上の肌を解析したデータを元に、現在の肌状態を解析するという。

画像4

(写真:スキン スキャンの体験イメージ。この後顔面をスキャンし、肌状態を解析する)

入り口で配布されたリストバンドを指定位置にかざした後、目の前にある画面から自身の年齢を選択するだけで肌のスキャンが始まる。2分程度で全工程が終了した。

この続きをみるには

この続き: 2,171文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf