見出し画像

仏に誕生のBeautyHubが異業種とのイノベーションも加速、国際競争力強化へ

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

フランスの国策化粧品産業クラスターであるコスメティックバレー。前回記事では主催する展示会を紹介したが、今回はそのコスメティックバレーの新プロジェクト、業界横断型のオープンイノベーションの機会創出をねらったBeauty Hubを紹介する。本部となる化粧品関連施設のオープンに先立ち、スタートアップ支援プログラムBeauty Up を2020年9月にスタートした。化粧品分野でフランスの国際競争力をさらに高める狙いだ。

巨大な化粧品関連施設が2023年末にオープン

フランスの化粧品産業の年間売上高は450億ユーロ(約5兆5,000億円)、雇用者数24万6,000人を誇り、輸出額では航空産業に次ぐ第2位の産業となっている。国から競争力拠点(競争力産業クラスター)に指定されているコスメティックバレーは、「メイド・イン・フランス」ブランドの価値をさらに高めながら、産業全体の国際競争力の向上に努めている。

コスメティックバレーは、パリから電車で1時間ほどのシャルトル市に本拠地を持つ。ステンドグランスが美しいシャルトル大聖堂があることで有名だが、同市を含むサントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏は、大手化粧品企業の製造工場や原料メーカー、処方、生産、パッケージ、検査・分析など、化粧品関連企業が集まる化粧品産業集積地となっている。

図1

ユネスコの世界遺産、
ゴシック建築のシャルトル大聖堂
(著者撮影)

シャルトル市は美容産業を代表する都市の1つであり、2023年末には、広さ1,500平方メートルの化粧品関連国際施設「Maison internationale de la cosmétique」をオープンする予定で、現在、大聖堂の正面にある廃校となった中学校を改装中だ。

コスメティックバレーの本部のほか、オープンイノベーションの場のBeauty Hub、一般公開の3つのエリアで構成される。1,000平方メートルの一般公開エリアでは、口紅やフレグランスの製造工程が見学できるほか、メイド・イン・フランスの化粧品、産業のイノベーション、トレンドなどを紹介し、業界関係者だけでなく、国内外の観光客も楽しめる施設にする意向だ。

化粧品に関する国際施設(Chartres Métropole)maison de la cosmétique, Crédit  Chartres Métropole

Maison internationale de la cosmétiqueの
完成イメージ図。
改装はフランス人建築家
トマ・デュビュイッソン
(Thomas Dubuisson)氏が手がける
© Chartres Métropole

Beauty Hubが持つ3つの機能「Beauty Up」「Beauty Fab」「Beauty Exp」

施設のオープンに先駆け、2020年9月からすでにサービスを開始しているのがBeauty Hubだ。

Beauty Hubとは、企業規模や業界の隔たりをなくし、スタートアップ、中小企業、中堅企業、大企業、研究機関がともに協力してプロジェクトを進めることを目的に設立されたオープンイノベーションの場である。スタートアップ支援プログラムのコワーキングエリア「Beauty Up」、機器メーカーなどがイノベーティブな製品を持ち込んで実演できる「Beauty Fab」、3Dプリンターでプロトタイプを作る「Beauty Exp」の3つのスペースで構成され、機器メーカー、原材料メーカー、製造業者、パッケージ業者など、さまざまな分野のエキスパートがコラボレーションすることによるイノベーションを奨励する。

Beauty Hubは国の支援事業にも選ばれている。フランス政府とサントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏が、4年間で150万ユーロ(約1億8,700万円)の共同出資をしており、コスメティックバレーと9つの美容関連企業(Aircos、Aptar、Chanel Parfum Beauté、I3DP、ロレアル、LVMH Recherche、Nippon Shikizai、MS Beautilab、イヴ・ロシェ)の後援のもと運営される。

スクリーンショット 2020-11-05 10.36.36

出典:Beauty Hub 公式サイト

■美容スタートアップ支援プログラム Beauty Upの第一期採択企業

コスメティックバレーでは、まずスタートアップ支援プログラム「Beauty Up」を開始した。期間は6ヶ月のプログラムで、毎回5〜10のスタートアップを選出して支援する。選ばれたスタートアップは、メンタリングのほか、マーケティング、知的財産、規制など8つのテーマのセミナーを受けることができる。

ほかのインキュベーターやアクセラレーションプログラムとの違いは、コスメティックバレーの産業ネットワークを使って、大手から中小企業まで専門技術を持つ各分野のエキスパートとコンタクトが取れることと、施設内にあるラボラトリーや最新機器を利用できる点だ。また、プログラムの最終段階では、民間のベンチャー・キャピタル、公的投資機関、コスメティック・エンジェルなどで構成される資金調達委員会が開かれ、投資家の前でピッチをする機会が創出される。プロダクトやビジネスモデルを実践的に磨き上げながら資金調達が可能な魅力的なプログラムといえる。

スタートアップのコワーキングエリア2(Cosmetic Valley)Espace co-working Beauty Hub photo Cosmetic Valley

Beauty Up のエリアには、
コワーキングスペース(12席)、
ガラス張りの会議室と
密閉された通話スペースを用意
© Cosmetic Valley

応募条件は、創業5年以内の実証実験レベルのビューティ関連スタートアップで、市場導入、スケールアップ、資金調達、海外市場への進出などの支援を必要とする企業だ。選定基準には、化粧品市場の課題を解決し、地球環境を改善するヴィジョンや付加価値があることが掲げられる。支援プログラム第1期生に選ばれたスタートアップは、次の5つだ。

Oden: 100%フランス産にこだわったオーガニックコスメ

パッケージにメイド・イン・フランスと記されている化粧品のなかには、製造はフランスで行っているものの、原料に関しては世界各地から集められた成分を配合している製品も多い。そこで、ビジネススクールを卒業し、薬草販売者の資格ももつマリオン・ウェベール(Marion Weber)氏は、農学者である母親とともに、自己資金で2017年にOdenを創業。フランスで栽培された植物のみを使用して製造する100%フランス産のオーガニックコスメを開発した。現在フランス国内の40の栽培者とパートナー契約を結んでいる。

フランス産の上質なバラやジャスミンは、大手化粧品企業がすでに生産者と独占契約をしており、小さな企業には入手が困難という状況から、コスメティックバレーのネットワークによる原料調達に期待を寄せる。また、プログラムの最後に設けられるピッチでは、化粧品に特化したビジネスエンジェルからの資金調達を目指す。

Abomey Labs: アフリカ産原料の価値を高めるエシカルビューティ

西アフリカ特有の持続可能な植物(カリテ、バオバブなど)を使用したコスメを開発するAbomey Labsは、大手化粧品企業でも採用されるこれらアフリカ産の植物成分の価値をさらに上げることで、現地で働く女性を支援し、すべての工程に関わる企業に公正な価格を支払うフェアトレードの仕組みによる社会貢献を目的とする。あわせて、製造過程で使用されなかった植物原料(廃棄物)をもとにバイオプラスチックのパッケージを製造し、廃棄物ゼロを目指す。世界最大級のインキュベーション施設「Station F」をベースに活動し、2021年に製品をローンチする予定だ。

図1

出典:Abomey Labs公式サイト

CocoriCosmetic : 肌にやさしい化粧品や生理用品をキュレーション

CocoriCosmeticは、化粧品、生理用品を中心に、自然・BIO成分を使用した肌にやさしい製品を集めたオンラインサイトで、女性向けのみならず、男性、ベビー用の製品も取り扱う。夫婦で起業したファミリー企業で、2020年末にサービスを開始する予定だ。妻のレスリー・ルペルチエ=フランソワ(Leslie Lepelletier-François)氏は企業のPRなど前職での経験を生かして、マーケティングやコミュニケーションを担当、夫のリュック・ルペルチエ(Luc Lepelletier)氏はデジタル分野の豊富な知識と経験からWebサイトを担当する。

InFlows: 化粧品フォーミュラをAIで最適化&スピードアップ

AIを利用して最適な化粧品フォーミュラを短期間で開発するInFlows は、効果的な原材料を選定し、適正な配合パーセンテージを導き出すことで、通常6ヶ月かかる調製期間を1ヶ月に短縮できるとする。共同創業者の1人は以前ロレアルで同様のシステムを開発していた経験があり、2019年に独立して起業。機能や効率を従来より高めたサービスを提供するとしている。フランスのほか、ドイツ、ベルギー、米国に顧客をもち、日本での展開にも関心をもつ。

図1

出典:InFlows公式サイト

QUIID有毒性評価技術で安全な製品開発を効率的にするプラットフォーム

2019年10月に創業したQUIIDは、AIによるアルゴリズムを用いたプラットフォーム「In Silico」が、安全な化粧品開発を可能にするとうたう。なかでも、有毒性または危険性の評価(Toxic hazard assessment)技術を用いることで、革新的な製品開発を効率的かつ効果的に進められるとする。共同創業者は「Beauty Hubの一員になることで、著名な企業とのコラボレーションや、ビューティ産業コミュニティでのパートナー関係の強化、新しいモジュール(ソリューション)の開発ができるだろう」と語り、この新しい支援プログラムに期待を寄せる。

図1

出典:QUIID公式サイト

このように、支援プログラム第1期生は、プロダクト、ECプラットフォーム、ビューティテックとバラエティに富んだ分野のスタートアップが選定された。一方で、10月中旬に、コスメティックバレーの主催でオンライン開催された化粧品の国際見本市「e-コスメティック360」では、来たるBeauty Upの 第2期においては、主にメイクアップやカラーコスメに関するイノベーションを求めていることが発表された。

■Beauty Fabはイノベーションの実演や共同開発に活用できるラボラトリー

Beauty Hubの2つ目のセクション「Beauty Fab」は、機器メーカーがスキンケアやメイクアップ製品の開発に必要な最新マシンを紹介し、デモンストレーションする場だ。フォーミュラや色素のテストをする機械装置が4台ほど設置されており、スタートアップや中小企業が、研究者とともに共同で技術開発を進めることもできる。イノベーションの新たな源となりうる農産物加工業、薬学、化学のような、ビューティ分野以外の企業も使用することができ、業界を越えたオープンイノベーションが期待される。

画像8

フォーミュラや色素のテスト機器を
備えたラボスペース
© Cosmetic Valley

■Beauty Expでは3Dプリンターで素早くプロトタイプを作成し検証

「Beauty Exp」は、コスメティックバレーの後援企業であるI3DPの3Dプリンターが設置されるスペースで、同社のエキスパートが作業に同伴してくれる最新の3Dプリンターと、エキスパートがいなくても使用できる3Dプリンターを設置予定だ。スタートアップ以外の化粧品関連企業も使用でき、スピーディにプロトタイプを作成することができる。

Beauty Hubでは今後、とくにメイクアップ関連の開発に力を入れるとしている。メイクアップは世界の化粧品市場の約4分の1を占める大きなカテゴリーだ。2017年の調査では、フランスは化粧品輸出金額全体では世界1位だが、カテゴリー別にみると、メイクアップは米国に次いで2位となっている。イタリア、韓国などでもメイク製品の開発が進んでおり、これに対抗する意味でも、フランスはBeauty Hubというオープンイノベーションの場をテコにして、国際競争力を高めていくとみられる。

Text : 谷 素子(Motoko Tani)
Top image: © Philippe Buffa

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
11
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

サイエンス
サイエンス
  • 97本

BeautyTech.jpのサイエンスに関する記事をまとめたマガジンです。