見出し画像

e-コスメティック360にみる循環型経済、非接触、成分評価のテクノロジートレンド

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2020年はオンラインでのイベント開催となった「コスメティック360」で行われた、ウェビナーやアワード、製品発表から、世界的な業界のトレンドである、3つのテクノロジートレンドを読み解くとともに、主催者である仏コスメティックバレーの意義と目指すものを考える。

オンラインならではの仕組みで開催されたe-コスメティック360

毎年10月中旬にパリで開催される化粧品の国際見本市「コスメティック360」は、国から競争力拠点(競争力産業クラスター)に指定されるコスメティックバレーが主催し、原料、生産、パッケージ、製品、サービスなどさまざまな分野の企業が一堂に集まり、イノベーションを発表する機会だ。毎年60カ国から5,000人以上のビューティ業界関係者が会場を訪れるが、第6回目となる2020年は、新型コロナウイルスの影響で100%デジタルのオンライン開催となった。

バーチャル展示会となった「e-コスメティック360」では、出展企業は12カ国から103企業(55%が外国企業)と、昨年の半分以下となったものの、10月12日〜13日の開催期間中、67カ国から視聴参加があり、プラットフォーム上では2万1,800回のアクセスやコンタクトがあったという。

デジタル開催ならではの工夫としては、プラットフォームとなる公式サイトを展示会の半月前にオープンし、来場者(視聴参加者)と出展者間で事前の商談リクエストやチャットを可能にしたり、AIのアルゴリズムによる関連コンタクト先の推奨ツールでマッチングの仕組みを用意したほか、出展企業による約40のウェビナーでは、ライブ配信中にインタラクティブな情報交換を可能にした。また、イベント終了後に出展企業の製品・サービス内容の閲覧や、動画のリプレイができるのもメリットだ。

今回はe-コスメティック360が分析する3つのトレンド:グリーンビューティ、非接触バーチャルメイク、よりパフォーマンスの高い生物学的試験について紹介する。この3つの要素は、パンデミックを経て、必要性が増している傾向にあり、この分野におけるイノベーションを発表した企業が、同イベントのアワード「e-Cosmetic Awards」を受賞する結果となった。

トレンド1:環境に配慮する“グリーンビューティ”

消費者の環境保全への意識の高まりから、企業にとっては限られた地球資源を守りながらの商品開発が不可欠となっている。環境ダメージを抑えるため、リサイクル可能なパッケージの開発、廃棄物ゼロの試みが進んでいるほか、生産過程での水の使用量を削減するため、固形状、ジェル状の製品の提案も増えている。また、成長に多くの水を必要としない植物の活用もソリューションのひとつとされている。さらに、地場の原材料を使って、運送に伴う二酸化炭素の排出量を抑えたり、農作物の廃棄物をアップサイクリングするなど、循環型経済を促進するイノベーションも次々と登場している。

リンゴの廃棄物をアップサイクリング

原材料部門でアワードを受賞したのは、仏ノルマンディー地方を拠点に、花や植物からエッセンシャルオイルを抽出する原料メーカーHerbaromだ。同社は、地域産業であるリンゴのお酒「シードル」の廃棄物(リンゴの皮、種を含む芯など)を活用した蒸留水を提案している。リンゴのフルーティで甘い香りを持つ蒸留水は、すでにEcocert から99.3%オーガニックとの認証を取得済みで、社会的責任(CSR)に取り組む企業のスキンケア製品などへの採用が期待される。こういった持続可能なアップサイクリングは、廃棄物を減らすだけでなく、農家の収益にもつながる。

画像2

出典:Herbarom公式サイト

パッケージの分野では、Citrus Packがオレンジや柑橘類の廃棄物を利用した容器を開発、Cloud Beauty innovation Hubは、自然界の岩や石に含まれる炭酸カルシウムを70%以上(残りの30%はリサイクル可能な樹脂)使用した容器を開発している。炭酸カルシウムは600時間で100%生分解されるため、プラスチックの使用量を少なくするソリューションとして期待できる。

処方の透明性で、より安全な成分へ

処方の透明性をめぐっては、食品や化粧品の成分リスクを確認できる仏発のアプリケーションYukaが話題で、フランスでは商品を購入する前に、内容成分の安全性を5段階で確認する習慣が定着しつつある。同アプリは2020年6月時点で、世界9カ国、1,800万ダウンロードされており、安全性の評価が低いと売上にも大きな影響が出るため、化粧品製造の分野において、石油化学系の成分からより安心で人体や環境に負荷の少ない成分への変更を促すとみられる。

サービス部門でアワードを受賞したスイスのkaiosIDは、独自のデジタルプリンティング技術で内容成分のみならず、商品の真贋性と製造過程の透明性を高めるソリューションを提案する。同社は、独自のアルゴリズムで商品パッケージに目に見えないインクで、ひとつひとつ異なるモチーフパターンをデジタル印刷する。消費者はモチーフが隠されたパッケージをアプリケーションでスキャンすることで、商品の真贋鑑定ができるほか、成分、製造日、製造ロット、製造場所などを即座に確認できる。ブランド側としては、高い倫理観を示せるとともに、消費者が閲覧したアクセスデータを分析して、市場分析やプロモーションにも活かせるとする。

トレンド2:非接触、マスク可のバーチャルメイク

ジェスチャーや音声で操作可能な非接触バーチャルメイク

2つ目のトレンドは、AIなど最新テクノロジーを用いたビューティテックだ。今後、家電などさまざまなモノがインターネットに繋がったIoTが日常生活レベルで普及していくと予想される。化粧品分野では、ユーザーが日々専用デバイスで肌の状態を計測したデータを収集・分析し、消費者によりパーソナライズしたアドバイスや製品紹介が可能になるだろう。

同時に、COVID-19の影響で、実店舗でのテスター使用やタッチアップが難しい状況から、テクノロジーを用いたオンライン・カウンセリング、非接触ツールなど、消費者と販売員の関係性やコミュニケーション方法も変わりつつある。

この状況で迅速に、実店舗におけるソリューションを提案したのは、AR/AI技術を応用したバーチャルメイクアプリを開発するPerfect Corp.だ。同社はリアル店舗での美容体験として、タッチパネル上で行うバーチャルメイクの先駆者だが、消費者がマスクを着用して来店するようになったのを受け、まずは、マスクを認識して、マスク以外のパーツでシミュレーションをスムーズに楽しめるようにアプリケーションを改良した。また、マスクでシミュレーションができなくなった口紅に関しては、腕に10色ほどリップシェードをバーチャルで映し出すことで、肌トーンとの相性を確認できるよう工夫を加えた。

さらに、消費者がタッチパネルに触れずに済むように、ジェスチャーや音声でバーチャルメイクや写真撮影の操作を可能にしている。8つのジェスチャーは起動時にイラストとともに画面で説明される。例えば、親指で左を指せば「次の色」、下を指せば「前のカテゴリー」、ピースサインで「写真を撮る」といった具合に指示が出せる。そして、最後に画面上に現れるQRコードをスマートフォンでスキャンすると、バーチャルトライした商品の詳細情報を得られる仕組みになっている。

非接触対応をいち早く実現したスピード性と、メイクアップの美容体験を広げるサービスであることが評価され、同社はイノベーション部門でアワードを受賞した。

トレンド3:よりパフォーマンスの高い成分テスト

3つ目のトレンドは、より高性能な成分試験だ。パンデミックによる精神的なストレスや、マスク着用による皮膚の乾燥や蒸れにより、細胞の新陳代謝に変化が起こる可能性がある。そのため、成分をより効果的に評価する、パフォーマンスの高い生物学的試験の開発が求められている。

フランスの研究センターCerevaaは、核磁気共鳴(RMN)による細胞代謝の分子を計測する革新的な技術で、成分の分子レベルの水分量を測る試験を開発している。同社は植物性の原材料の価値を正しく判定するとともに、特定のメカニズムや効果に的を絞るのではなく、成分効果を包括的に測定する試験方法を研究しており、アンチエイジングやシミ防止など、ひとつの特性はもとより、成分や商品に備わる効能を網羅して特定することができるとする。

また、同じくフランスの研究所BIO-HCは、異なる複数の効果を調べることによって、細胞の老化現象(年齢による細胞分裂の停止)を覆すような、成分の(潜在的な)能力を評価する研究方法を確立している。

スクリーンショット 2020-10-30 14.05.34

出典:BIO-HC公式サイト

ビューティ産業全体が連携して活性化と成長を推進

協業によって未来のイノベーションを生むオープンイノベーション

また、この国際見本市では、毎年「オープンイノベーション」の場を設けている。大手企業が外部企業からの革新的なプロジェクトを募集し、未来のイノベーションをともに創出する機会をつくる目的で、今年はL’Oréal Recherche & Innovation とLVMH Rechercheが門戸を開いた。世界中から約200の提案が寄せられ、そのうちの有望なプロジェクトとは、オンライン上のバーチャル・プライベートルームで30分間の面談が行われた。2015年から総計すると、35カ国から1,200プロジェクトが提案され、500の面談が実現しているという。

メイド・イン・フランスの輸出促進

また、フランスは化粧品輸出額で世界1位を誇っているが、コロナ禍で海外輸出も大きな打撃を受けた。そこで、今年は特別に、仏企業の海外展開を支援するフランス貿易投資庁「ビジネスフランス」によるウェビナーが開催され、欧州、アジア、中東、アフリカ、米国市場の状況や規制など輸出促進に関する情報がシェアされ、メイド・イン・フランス製品とサービスのグローバル化を後押しした。

また、e-コスメティック360の2日後(10月15日)には、コスメティックバレーの主催により、化粧品産業の全体会議が開催された。コロナ危機を受けて、大企業、中小企業、スタートアップ、政府機関、研究機関、インフルエンサーなど、さまざまな立場から産業の未来について意見が交わされ、産業の抱える課題を解決し、競争力を高めていくための30の対策が発表された。大手企業では、ロレアル、LVMH Recherche、シャネル、エルメス、クラランス、シスレーグループなどが登壇した。

スクリーンショット 2020-11-03 9.26.17

左端、コスメティックバレー会長の
マルク=アントワーヌ・ジャメ
(Marc-Antoine Jamet)氏
©︎Frederic Muzard

化粧品産業において、たとえ競合であっても、こうした連帯意識が生まれるのは、化粧品がそもそも原材料、成分分析・検査、パッケージ、サプライチェーン、ディストリビューション、サービスなど、さまざまな企業や研究機関のたゆまぬ努力の上に成り立っているという認識が根底にあるからだと考えられる。

より安全な処方を作るには、植物などを栽培する生産者や研究機関が必要であり、環境に配慮したパッケージを開発するには、得意分野や専門性に特化した中堅、中小企業によるイノベーションも求められる。また、デジタル化やさまざまなソリューションの実現には、斬新なアイディアと軽いフットワークを活かして最先端テクノロジーを開発するスタートアップとのコラボレーションも鍵となる。

フランスの化粧品関連産業はおよそ3,200企業から成るが、そのうち中小企業が約8割を占めるという。コスメティックバレーは、競争力を高める拠点として、産業を構成するすべての企業の価値の向上を目指して、企業の海外進出、ビジネスマッチング、またスタートアップの支援に力を入れる。「コスメティック360」もコスメティックバレーの重要な活動の1つであり、化粧品産業の発展のために、海外企業、フランス企業、双方に有益な機会の創出に努めている。

次回は、コスメティックバレーの本部であるシャルトル市で進んでいる化粧品に関する国際施設構想と、9月に始まったBeauty Hub によるスタートアップ支援プログラムなどについて紹介する。

Text: 谷 素子(Motoko Tani)
Top image: Découvrez la plateforme e-Cosmetic 360

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
13
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

BeautyTech.jp記事
BeautyTech.jp記事
  • 595本

BeautyTech.jpのすべての日本語コンテンツはこちらからご覧いただけます