SK-IIのスマート・ポップアップストアがさし示す、接客のパーソナライズ化という未来
図1

SK-IIのスマート・ポップアップストアがさし示す、接客のパーソナライズ化という未来

◆ English version: SK-II’s latest pop-up smart store, AI and robots attend to customers
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2018年より「ラーニングラボ(実験場)」と位置付けたスマートストアを、ポップアップの形で次々に発表しているSK-II。その最新バージョンが原宿に開店した。よりコンパクトになったAI肌測定、アイトラッキングを活用したテスターエリア、そしてロボット美容アドバイザーなど、テクノロジーを駆使したインタラクティブな体験を提案する意図は、ショッピングの場をコントロールする力を顧客に渡すことにある。

2019年6月7日から8月12日までの期間限定でスキンケア・ストア「SK-II Future X Smart Store 」がオープンした。そのコンセプトは、訪れた客の一人ひとりにフィジカルとデジタルが交錯する環境を自由に行き来してもらうことで、自分のペースで楽しめるストレスのない買い物体験をつくりだすというものだ。

セルフで完結する全自動AI肌測定機器

デジタルツール満載のストアの一番の目玉は、AIを活用した肌測定「マジック スキャン」だ。デバイスを肌に触れさせる必要もなく、鏡の前に座るだけの3分間で、肌の状態や肌年齢を測定し、結果に応じたおすすめ商品の紹介まで、このスキャン1つで完結する全自動肌測定機器である。AIコンピュータビジョンによる肌のエントロピー解析にもとづき、目、頬、口の3つの主要ゾーンに分けて、ゆらぎがあるのはどのパートかなど、肌の安定度が一目でわかるように視覚的に表示する。

画像1

販売店では一般的に美容部員が肌測定を行うが、マジック スキャンは肩乗せスピーカーの音声ガイダンスに従うセルフスタイルで、肌年齢や分析結果を他人に知られたくないという、プライバシーを重視する声に応えるものだ。

画像2

AI肌測定マジック スキャンのコーナー

前回、2018年11月のポップアップストアではブース型だったこの肌測定は、今回から小さなスペースですむドレッサー型になり、大幅にコンパクトになったのも特徴だ。早い時期に店頭へ設置することが現実味を帯びてきたといえる。

スマートミラーやロボットのデジタル・ビューティアドバイザーが接客

インターネットやソーシャルメディアが発達・普及した今日では、多くの人々が興味のある商品に関して事前に十分な下調べをしている。こうした顧客があえて実店舗を訪れるのは、購入する前に実際の製品を手に取り、ボトルサイズやテクスチャーなどを実感して確認するためだ。販売スタッフから商品の説明を聞くのは二度手間なので避けたいであろうし、まずは目的の商品を好きなようにトライしたいという欲求が強い。それに対応して開発されたのが、アイトラッキング技術を搭載した「マジック ミラー」を備えるテスターエリアだ。

画像3

マジックミラー 画像提供:SK-II

この続きをみるには

この続き: 2,384文字 / 画像3枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf