SK-Ⅱスマートストア「第3世代」は、AR技術の実験場。より豊かな購入体験をめざす
見出し画像

SK-Ⅱスマートストア「第3世代」は、AR技術の実験場。より豊かな購入体験をめざす

◆ English version: Shopping in SK-II Wonderland
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

SK-IIは、「ラーニングラボ(実験場)」とうたうスマートストアをポップアップの形で展開している。日本では2回目となるそのテーマは「SK-Ⅱ ワンダーランド」。前回はブランドイメージを覆す体験が目的だったが、今回はより進歩し、小売現場におけるユーザーの購入体験を大きく変え、そのノウハウを販売店へシェアすることをめざす。

前回から半年足らずでオープンした「SK-Ⅱ ワンダーランド」は、2018年11月から翌年1月までの期間限定で一般公開する。今回は、「ホリデーシーズン限定デザインボトルの世界観を表現する」ためにARに着目し、ビューティブランドとしては初めてストアにGoogleの「AR Core」を採用。前回人気だった肌分析機能でもARを活用している。SK-Ⅱが熱心にスマートストアに取り組む意味は、「購入体験の限界への挑戦」だとするP&Gジャパン グループ 執行役員 SK-II ヨージン・チャン氏に話を聞いた。

「第3世代のポップアップストア」

前回のスマートストア「FUTURE X Smart Store by SK-Ⅱ」は、「X(Experience):体験」とあるとおり、AIや顔認証などのテクノロジーを駆使した店舗体験を提供し、既存のブランドイメージを打ち破ることをコンセプトに掲げていたが、今回は、ホリデーシーズン限定デザインボトル『SK-Ⅱ フェイシャル トリートメント エッセンス KARAN リミテッド エディション』の世界観をARにより表現。さらに、肌分析技術といったSK-II独自のスキンサイエンスとの掛け合わせによって、従来の買物体験を変えていく狙いがある。

記者発表会の冒頭で挨拶したP&Gジャパン グループ 執行役員 SK-II ヨージン・チャン氏は、今回のスマートストアについて、「第3世代のポップアップストア」と説明する。

P&Gジャパン グループ 執行役員 SK-II ヨージン・チャン氏

第1世代は、AI・顔認証といういわば「点」の取り組み。第2世代は、後述するが9月に中国・上海でJD.comとともに披露した購買のシームレス体験だ。今回のスマートストアを第3世代とチャン氏がいうのは、AR技術を駆使してホリデーシーズン限定デザインボトルの世界観に入り込んだような体験を通じ、化粧品の購入体験を限界まで高めていきたいという意図がある。

ホリデーシーズン限定デザインボトル

ARによる体験で感じてもらいたいこととして、チャン氏は「SK-Ⅱは1980年に誕生し、2つのエンジンによって女性の肌や運命を変えてきた。一つはブランド独自の成分『ピテラ』、もう一つは長年の研究成果である『スキンサイエンス(肌への知見)』。この2つの歩みだ」と話す。また、ここで得た知見をパートナーである小売店にフィードバックしようという狙いもある。

この続きをみるには

この続き: 2,268文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf