新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ロレアルやLVMHの学生向けハッカソン、未来の人材・顧客と考える持続可能性

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

ロレアルは世界各国から学生チームが参加する、グローバルなビジネスアイディアコンクール「Brandstorm」の2020年最優秀賞を発表しスイスの学生チームが1位、アルゼンチンが2位だった。LVMHグループも毎年ハッカソンを開催している。その背景にあるのは、Z世代のインサイトの理解と人材の発掘、そして、幅広い観点からESGを推進していく企業戦略である。

一部のグローバル美容企業では、学生を対象に、革新的な製品やビジネスアイディアを募るコンクール形式のイベントを定期的に開催している。こうした試みは、優秀な人材の早期発掘と確保に有効だが、同時にZ世代である学生は、最も影響力のある購買層になりつつある世代であり、彼らの視点や発想を理解するうえでも重要な機会だ。

また、環境問題の深刻さが増し、ESG(Environment, Social, and Governance / 環境、社会、企業統治) の面からも地球環境や社会に対する企業の取り組みが加速している今、学生向けコンクールでも「サステナブル(持続可能)」はキーワードになっている。これらの施策に積極的に取り組んでいる仏大手ロレアルとLVMHグループの事例を紹介する。

今年で28回目を迎えるロレアルの次世代育成コンクール

ロレアルでは、1992年から世界中の学生を対象にしたコンクール「Brandstorm(ブランドストーム)」を開催している。毎年、時流に沿ったマーケティング課題が出され、学生は市場動向や最新の研究開発を踏まえながら、新製品のアイディアを提案する。各国のロレアル社員によるメンタリングもあり、同社の社風を肌で感じながらビジネスプランを磨き、ファイナリストは同社幹部の前でピッチができるというチャレンジだ。

最優秀チームにはパリにある世界最大級のインキュベーション施設Station Fで、3ヶ月のインターンシップの機会が与えられるとあって、参加者は真剣そのものだ。28回目を迎える今年のミッションは「化粧品産業でプラスチックレスな未来をつくる」で、65カ国から4万7,800人の学生が参加した。

ロレアルは、2020年6月末に、2030年までのサステナビリティ目標を発表。2025年までにエネルギー効率を改善して再生可能エネルギーを100%採用する、また、2030年までに製品のパッケージに使用されるプラスチックをリサイクルもしくはバイオベースの素材に100%切り替えるなど、複数のコミットメントを宣言した。今回のブランドストーム2020のミッションは、まさにこのサステナビリティ目標を達成に導くアイディアが求められている。

最優秀チームの表彰は、毎年パリの特別会場で行われていたが、今年は新型コロナウイルスの影響により、6月24日にオンライン上のライブ配信での公開となった。最終選考に残った57チームがライブでつながった状態で、9チームのファイナリストが発表され、それぞれが5分間のピッチを行った。

主催側の会場には、審査員としてロレアル幹部5名と、気候、海洋生物の多様性、海洋汚染問題などに取り組む「タラ オセアン財団(Tara Ocean Foundation)」の事務局長で航海家のロマン・トゥルブレ(Romain Troublé)氏が出席し、学生の活気に富んだピッチに対し、鋭い質問を投げかけた。最優秀賞に選ばれたのは、カクテルドリンクのようにシェイクしてから使用するシャンプーを提案したスイスチームだった。

図1

ロレアル幹部とロマン・トゥルブレ氏
(後列中央)、6名の審査員
出典:L'Oréal Group
公式ツイッターアカウント

新感覚の使用体験でサステナブルな消費へ

スイスチームが提案したのは、ビューティブランド「ガルニエ(Garnier)」からの発売を想定したパウダー状のシャンプーだ。ローンチを目指す市場は、中間所得層、ミレニアル世代やZ世代の人口が多いことでも注目を集めるインドだ。EC利用率も増加しており、同地域でデジタル戦略を加速させているロレアルの方向性とも合致する。

このシャンプーの使い方は、特殊なディスペンサーを付けたリユース&リサイクル可能なプラスチック容器に、1回分のパウダーと適量の水を入れ、カクテルのようにシェイクする。パウダーが水に溶けたら、ディスペンサーでプッシュして生じさせたクリーミーな泡で髪を洗う。パウダーの容器は紙製のボックスとサッシェの2タイプあるが、いずれもプラスチックは含まれない。

プロモーションについては、インフルエンサーがボリウッド(Bollywood)映画スターのように楽しくシェイクダンスする姿をインスタグラムやTikTokでシェアし、ムーブメントを起こすことで、商品の認知拡大と、これによるサステナブルな消費行動が“クール”であるとの意識を浸透させるという計画だ。インドのミレニアル世代の73%は「サステナブルな商品を購入したい」と考えているという統計もあり、今までにないシャンプー体験でインドのビューティ業界を揺り動かすと、エネルギッシュなピッチを披露した。

審査員からは「パウダーに混ぜる水の質や量によって、処方のクオリティや期待される効果が変わるのでは?」「パウダーを入れる紙製のボックスには、水分を遮断するためにプラスチック素材を使用する必要はないのか?」など、品質管理に関する指摘もあったが、革新的で創造的なアイディアとして高評価を得た。

Brandstorm2020の動画
(フルバージョン)

2位に選ばれたのは、温水で溶ける膜(PVA)で1回分の液体シャンプー(10ml)を包んでドロップ型にした洗髪料を提案したアルゼンチンチームだ。ドロップ型シャンプーを入れるパウチタイプのパッケージは、米の廃棄物から作られた防水性の高いライスペーパーで、生分解性で、かつコストも低く抑えられるとする。シャンプー以外にも、スキンケアやボディケアなどさまざまなアイテムやブランドに応用でき、スケールアップ可能な点が評価につながった。

そのほか、ブラジルで年間900万トン捨てられているオレンジ廃棄物を活用したパッケージ、水に溶けるゼラチン状またはタブレット状のシャンプー、海藻由来の膜に処方を詰めたスキンケアなど、パッケージレス、ウォーターレス、水溶性、生分解性、廃棄物ゼロ、持ち運びのしやすさなどをキーワードとした多彩なアイディアが提案された。最優秀賞に輝いたスイスチームは、企画の実用化を目指して、世界中から有望なスタートアップが集まるStation Fで3ヶ月のインターンシップを受ける。

多分野への惜しみない投資で業界をリードするLVMH

75のラグジュアリーメゾンを展開するLVMHグループも、学生対象のコンクールを行っている。毎年10月にパリで開催される化粧品国際見本市Cosmetic 360で、「持続可能」をキーワードにLVMH主催のハッカソンを開催。限られた時間内で、同グループのパルファン・クリスチャン・ディオール、ゲラン、ケンゾー パルファム、セフォラやLVMH Researchなどに所属する社員のメンタリングを受けつつ、イノベーティブなビジネスプランを作成し、最終日にはLVMHグループの幹部やスペシャリストの前でピッチを行う。最優秀チームには、5,000ユーロ(約60万円)が授与される。

2018年の課題は、リアル店舗において新しいデジタル体験を提供するという前提で、持続可能またはリサイクル可能な素材で製品を創作し、3Dプリンターを用いてプロトタイプまで制作するチャレンジだった。最優秀賞を受賞したのは、花にインスピレーションを受けたデジタル・アロマテラピーのディフューザーを考案したビジネススクールHEC Entrepreneur出身の女性チームだった。

画像2

最優秀チームが3Dプリンターで製作した
ディフューザーのプロトタイプ
画像提供:Cosmetic360 

2019年は、環境や社会へのインパクトを考慮しながら、いかにリュクスな化粧品を生み出せるかという問題提起に対して、持続可能な高級化粧品・サービスを創ることが課題となった。最優秀賞を受賞したビジネススクールIPAGチームが提案したのは、売れ残りの香水瓶を再利用した限定フレグランスだった。

今まで廃棄していたLVMHグループの在庫品を6ヶ月ごとに回収し、空瓶は溶かして新しい香水瓶を作り、中身はすべて混ぜ合わせてその新しい瓶に詰める。香りは混ぜ合わせた香水の組み合わせによって変わるという大胆な発想だが、環境意識の高い消費者の合意のもと、在庫品を利用してユニークな限定品を再生産できるところが評価された。

画像3

最優秀賞を受賞した5名とゲラン5代目の
調香師ティエリー・ワッサー
(Thierry Wasser)氏
画像:© Cecile Muzard

LVMH傘下のメゾンが長期的に成功し続けられるかは、製品の製造に使用する天然資源の質と量の維持に直接左右される。そのため、LVMHは環境を保護することはビジネスにおいて必要不可欠としており、2019年にはユネスコと生物多様性の保護を目的とした「人間と生物圏(MAB)」計画を支援する5年間のパートナーシップを締結したことでも話題になった

持続可能な開発を戦略的に進める同グループは、「LVMH イノベーションアワード」で選出したスタートアップと協働したり、ファッション分野ではモード学校の学生を対象に「LVMH Prize」を開催、あるいは、大学やビジネススクールの学生を対象とした「INSIDE LVMH」では、インターンシップを通じてラグジュアリー産業を深く理解する機会を与えるなど、各分野で積極的に若年層にアプローチし、ビジネスに取り込んでいる。

こういった大規模な取り組みは、資本力のある大手企業ならではともいえる。あわせて、グローバルブランドを多数有する企業は市場に与えるインパクトも大きい。業界のリーダーカンパニーが持続可能な開発を牽引していくことで、環境意識や消費者行動を世界規模でラディカルに変えることも不可能ではない。

同時に、企業が環境や社会問題にどのように取り組んでいるかは、ミレニアル世代やZ世代が就職先や商品を選択する際の基準にもなってきているため、デジタルネイティブで、ダイバーシティやインクルージョンを重視する若い世代とともに商品企画を進めること、またそうした人材を確保することは、企業規模に関わらず次世代のビジネスを切り拓く意味で重要といえる。

Text: 谷 素子(Motoko Tani)
Top image: L'Oréal Brandstorm公式サイト

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
18
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

ビジネス
ビジネス
  • 278本

BeautyTech.jpのビジネスに関する記事をまとめたマガジンです。