その動画広告は作り手全員が楽しいのか? デジタル時代のUUUMの法則
見出し画像

その動画広告は作り手全員が楽しいのか? デジタル時代のUUUMの法則

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

動画プラットフォームでオリジナル動画を配信し、視聴数を稼ぐクリエイター。自身の趣味や得意としていることなどの「日常」を配信するクリエイターが多いが、最近では彼らの活躍に注目した企業とのタイアップ企画も増えている。驚くのがこうしたいわゆる「広告動画」が、とくに拡散施策をせずとも日常動画の再生回数を上回るケースがあることだ。

前回は、動画広告に力をいれるクラシエの事例を紹介した。では、制作側として、こうした見られる動画広告を生み出す秘訣はあるのだろうか。人気クリエイターと企業とのタイアップ動画制作を数多く手がけるUUUM株式会社(本社:東京都港区)の、バディ・プランニングユニット 執行役員/バディ・プランニング担当、市川義典氏に話を聞いた。

HIKAKIN、はじめしゃちょーなど人気クリエイターが多数所属

HIKAKINさん、はじめしゃちょーさん、佐々木あさひさんといった人気クリエイターを始め、5,000以上のYouTubeチャンネルに対するマネジメントや動画制作サポート、またクリエイターの感性とクリエイティブを活かしたプロモーションプランの提供などを行うUUUM。

YouTube FanFestで発表された「国内年間トップトレンド動画(音楽動画を除く) 2017」TOP10のうち、2位~10位までをUUUM専属クリエイターの作品が占める(ちなみに1位は登美丘高校ダンス部のバブリーダンスPV)など、2013年の創業以来、数多くの人気動画を輩出してきた。

画像1

画像:2位〜10位がUUUM専属クリエイターによる動画

同ランキングには、1年で1,950万回再生を突破したソフトバンクが2位にランクイン。

ソフトバンクとのタイアップ動画

また、ランクインこそしていないが、下記のタカラトミーの動画広告は950万回を超える。

この続きをみるには

この続き: 4,365文字 / 画像5枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf