クラシエが放つ累計350万回再生のヒット動画広告の秘密は「口出しなし」
見出し画像

クラシエが放つ累計350万回再生のヒット動画広告の秘密は「口出しなし」

◆ English version: The secret to Kracie’s 3.5M YouTube views
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

クラシエホームプロダクツ株式会社(本社:東京都港区・以下クラシエ)は近年、YouTubeやC CHANNEL、Instagramなどあらゆるプラットフォームを活用した動画広告に力を入れている。恋愛ドラマ仕立てのオリジナル作品を制作し配信するなど、動画広告にかける思いは強い。累計350万回再生を超える広告もあるというクラシエに、ヒット広告が生まれるまでの裏側を聞いた。

UUUMとの出会いで動画広告に本腰

クラシエは旧カネボウの流れを継ぐ会社で、創業は明治20年と老舗中の老舗だ。ヘアケア、フェイスケア、ボディケアなどのトイレタリーや、食品、医薬品と扱う商品の幅は広い。これまではマス広告を中心に展開してきたが、ここ最近はYouTubeやC CHANNELなどのプラットフォームを活用した「動画広告」にも力を入れている。理由はいろいろあるが、テレビを見ない若年層へのリーチがその一つだ。

画像1

写真:人気クリエイターとのコラボ例

近年、YouTube等でオリジナル動画を制作し、配信するクリエイターが注目されていることもあり、人気クリエイターとのコラボ動画に対する企業からの視線は熱い。クラシエもその一社だ。以前から注目していたというが、人気クリエイターを多く抱え、彼らのセンスを活かした動画プロモーションを提案するUUUM株式会社(本社:東京都港区)との出会いにより、その思いは強くなった。

「クリエイターは昔のラジオパーソナリティーのような感じで、視聴者との距離が近い。テレビに出ているタレントやモデルよりも、自分との距離が近いと感じている」。そのようにUUUMから説明を受け納得したと語るのは、宣伝・販促部長の丸山誉高氏だ。

今でこそクリエイターの影響力は多くの人が知るところだが、実際それを企業として活用していくにはいろいろとハードルがあるように思える。なぜなら、YouTubeには旧来のテレビCMにはない独特のカルチャーがあるからだ。

人気クリエイターとのコラボでヒット作続々。売り上げにも貢献

クラシエ発の動画広告の中でヒット作となった「恋愛ドラマ仕立て」の企画は、誤解を恐れずに言えば、同社の「古き良き堅い企業」のイメージを覆す、いわゆる「おふざけ」要素を持ったYouTubeらしい動画と言えるだろう。

この続きをみるには

この続き: 3,710文字 / 画像2枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf