見出し画像

台湾はIoTスキンケア、韓国は化粧品スマートファクトリー。香水、漢方茶もカスタムの波【CES2021】(3)

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

オンライン開催となったCES2021参加レポート第3弾は、台湾や韓国企業などのアジア勢をはじめとする各国スタートアップの製品やサービスを紹介する。パンデミックの影響で、人々の関心が心と体の健康に向いている世界的な傾向を受け、家でのスキンケアやフレグランス、漢方茶といったライフスタイルテクノロジーとウエルネスの融合ともいうべき試みが多くみられた。

台湾発「iCi」は本格的なIoTスキンケアソリューション

CESには、毎年世界中から数多くのスタートアップが集合するが、今年もアジア勢の奮闘が目立った。なかでも台湾は100社もの企業を集めたバーチャルパビリオンやコンファレンスを開催し、存在感を示していた。28の台湾発スタートアップが参加したHealth &Wellness部門の注目株は、2019年の仏「Cosmetic360」でもアワードを受賞しているバイオテック企業VesCirだ。

VesCirは、気温や湿度、ライフスタイル、生理などの影響で毎日変化する女性の肌を適切にケアするための研究を10年以上重ね、家庭用IoTスキンケアソリューション「iCi」を開発した。アップデートされた最新版のiCiは、医療用レベルの肌コンディション計測デバイスと専用スマートフォンアプリ、スキンクリーム調合ボトルの3アイテムで構成される。

デバイスを用いてユーザーがセルフで肌の状態を計測したデータは、アプリに送信されてAIが即時に分析し、今現在の肌に対して最も効果的なスキンケアの処方をアプリ上に表示する。ユーザーがその処方に沿ってボトルのメモリを調整すると、ボトル内に格納された2つの有効成分が指示された量でブレンドされ、カスタムメイドのクリームが抽出される仕組みだ。日々の肌データはアプリに蓄積され、肌の症状の変化のトラッキングもできる。

スクリーンショット 2021-01-28 15.28.29

VesCirのバーチャルブース

韓国「enima」、スマートファクトリーによるスキンケアは91%の満足度

サムスン電子による社内外のベンチャーを支援する「C-lab」プログラムにも参加する韓国のスタートアップLILLYCOVER。同社は、家庭用の肌分析デバイス「Muilli」と、その診断にもとづいてカスタマイズされたシートマスクのサブスクリプションサービスを提供しているが、CES2021では、新製品「enima」を発表し、一歩進んだパーソナライズ化粧品の形を提示した。

「enima」は、Muilliで収集した個人の肌データをもとに、ロボットが14種類の成分を調合し、9,000のセラムエッセンス、8,000のローション、また、美容成分入りのファンデーションなど約1万種類の化粧品のコンビネーションのなかから、一人ひとりにパーソナライズした製品をわずか3分で作り出す「スマートファクトリー」だ。

調合の全過程は、空調管理された完全非接触の環境で行われる。ユーザーは公式サイトからオンラインで注文することも、店頭にキオスクとして設置されたボックス型マシンを使い、その場でMuilliによる計測と注文をし、支払いと商品の受け取りまで行うことが可能になる。

2021年2月に韓国で、まずはオンラインオーダーでのローンチが予定されている。2020年の8月に行われたユーザーテストでは、モニターの91% がenimaのパーソナライズ製品に「大変満足」と答えたという。

韓国大手が出資、既存ブランドとのAIマッチングを行うプラットフォーム「Skinlog」

OEM企業のCOSMAXや、NAVERが出資する韓国のスタートアップART Labも、肌データの記録とAIの分析から割り出したパーソナライズサービスを提供する未来像を描いている。

肌データの記録およびトラッキング用アプリ「Skinlog」を立ち上げ、スマホのカメラを使って左右と正面の三方向の顔を撮影すると、韓国最大の病院などの協力を得て開発中のAIがデータの分析・診断を行う。その結果をもとに、自社ブランド「Manifold」から一人ひとりにパーソナライズしたスキンケア製品を届けるというもので、2021年中のローンチが目標だ。

さらには、さまざまなコスメブランドの製品を網羅したプラットフォームを立ち上げ、Skinlogをもとに各ユーザーに最適な商品をレコメンドして購入を促すというビジネスプランもART Labでは立てている。

Founded by AI experts, ART Lab offers AI Solutions for in-depth skin analysis, product recommendation, and manufacturing...

Posted by ARTLab.ai on Tuesday, January 12, 2021


ヘアケアの新D2Cブランド「AURA」の細やかなパーソナライゼーション

AIによりパーソナライズされたビューティアイテムは、スキンケアやメイクだけではない。顧客プロファイルにあわせてカラーリストがヘアカラーを個別にブレンドする家庭用カスタマイズヘアカラーを手掛ける米eSalonが、新たに立ち上げたD2Cブランド「AURA」は、シャンプーなど、AIがパーソナライズしたヘアケア商品を提案する。

公式サイト上の髪質や理想の髪についての質問に回答することで、AIにより各自にぴったりのシャンプー、コンディショナー、ヘアマスクが提示される。原材料は、ヴィーガンかつクルエルティフリー仕様で、パラベンや合成界面活性剤は使用しない。コンディショナーとマスクには、カラーピグメントの追加ができ、仕上がりがどのような色になるかは、Perfect Corp.のバーチャルトライオンで確認してからオーダーが可能だ。また、フレグランスフリーを指定したり、もしくは、5つの香りのなかから選んで匂いの強さもリクエストできるなど、カスタマイズの選択肢を細かく揃えているほか、パッケージに好きな名前も入れられる。

フレグランスIoT「Ninu」はその日の気分で調合されるスマートパフューム

一方、クロアチアのスタートアップNinuは、世界初とされるスマートパフュームを発表した。

専用アプリを使って、AIアシスタントの香水マスターPierreの質問に答えることで、ユーザーが求めている香水のフォーミュラが導き出される。そして、アプリに連動したスマートパフュームデバイスのスイッチを押すと、内蔵された3種類のフレグランスがブレンドされ、たとえば、エレガント、リラックス、セクシーなど、その日の気分やTPOに合わせた香水が完成する。

もとになるフレグランスはフランスで調香されたもので、100%ヴィーガンで、パラベン、フタル酸塩、硫酸塩フリーの原材料を使用。また、スマートなイタリアンデザインのデバイスは、フレグランスのリフィルによりリユースができ、プラスチックゴミ削減にも貢献するとしている。

サムスン電子のC-labベンチャー発「med:na」のIoT漢方茶サーバー

スタートアップ2社からは、健康茶に着目したIoTサービスの提案があった。

サムスン電子のC-labに参加するベンチャーMedipresso が発表したのは「体質や体調にあった漢方茶を飲むことで健康を促進する」とうたうカスタマイズ・ティーソリューションだ。専用アプリ「med:na」にはDNAキットを含む健康診断アルゴリズムが組み込まれ、年齢や体型などの基礎データと、「肌の悩みはあるか」「週に何度くらい食べ過ぎてしまうか」「日中、眠気や疲れを感じるか」といった質問への自己診断を入力すると、各自の健康状態がアプリ状に可視化され、あわせて、事前に調合された目的別の漢方茶のなかから、ユーザーのコンディションや味覚の好みに最適なブレンドがレコメンドされる。

茶葉の購入はアプリからダイレクトにでき、アプリと連動するIoTティーサーバーデバイス「MEDINO」に漢方茶カプセルをセットすれば、自動でお茶を淹れてくれる。業務用コーヒーメーカーのように注ぎ口が2つあるデザインで、同時に2杯のお茶をつくれるほか、コーヒーカプセルにも対応している。アプリからお茶を淹れる時間や濃さを事前に指定したり、スマートスピーカーと連動させて音声でMEDINOを起動させることもできる。

香港からもハーブや漢方素材のパーソナルティーサーバー「Lify Smart Herbal Brewer」

香港のスタートアップLify Wellnessも、気分や体調にあったお茶が淹れられるパーソナルティーサーバーを提案。これも専用アプリからユーザーが質問に答えることで、ライフスタイルや体調、味の好みなどに合わせたティーブレンドを推薦するものだ。商品はそのままアプリから注文し、届いたティーポッドをアプリと同期する「Lify Smart Herbal Brewer」にセットしてボタンを押せば、40秒後にはユーザーが指示した通りの濃さや温度のお茶が完成する。

漢方と西洋医学の両方の知識をもつ専門家がティーブレンドを担当しており、天然のハーブやフルーツ、漢方薬材などを素材に用いているという。コラーゲン配合オレンジウーロン茶「Young 」、ルイボスやカモミールが安眠をサポートするカフェインフリーの「Sleep」、朝鮮人参入りの鉄観音茶「Boost」など13種類のブレンドを用意。なお、茶葉をパックしたポッドは生分解性の材質で、サステナビリティにも配慮がある。

このように、IoTデバイスにより家庭で完結するビューティやウエルネス関連サービスが続々と登場しているのは、世界中でステイホームが続く昨今の状況を反映しているのは間違いない。

次の4回目のレポートでも、CES2021に出展された、ユーザーの日々の暮らしの快適さを向上させるとともに、健康と安全をサポートするテクノロジーとサービスを紹介する。

<そのほかのCES2021レポートはこちら>
(1)AIとIoTで「カスタムビューティ」時代の到来、牽引するアモーレパシフィックやロレアル
(2)ロレアルとP&G、SDGs観点から「水」や「衛生」などのサステナビリティにアプローチ
(4)コロナ時代の安心「ライフスタイルテック」スマートマスクにスマートベビーベッドまで
(5)肺を鍛えるデバイス、ウイルスのスクリーニング、メンタルケアなどデジタルヘルスの最前線

Text: 東リカ(Rika Higashi)
Top image: VesCir

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
31
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp