老舗OEMトキワが仕掛けるイノベーション第一弾、初のアクセラレータープログラム
見出し画像

老舗OEMトキワが仕掛けるイノベーション第一弾、初のアクセラレータープログラム

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

カラーコスメに強い日本の大手化粧品受託製造(以下、OEM)トキワが、独自のアクセラレータープログラムを2020年7月8日に発表する。その背景には、オープンイノベーションで市場での競争力を確保する意図がある。また、並行してグローバルのクリーンビューティ市場での確固たるポジショニングを狙う。リリースに先駆けて詳しく話を聞いた。

創業70年以上を誇る老舗OEM/ODM企業の株式会社トキワが、オープンイノベーションとグローバル市場での存在感を強める戦略を明確に打ち出している。

カラーコスメや、いわゆる「軸もの」に強く化粧品グローバル大手との取引も多い同社は、2019年3月に米カーライル・グループと戦略的業務資本提携を締結。2020年4月に副社長兼トキワ米国及び中国 CEO として金井博之氏が就任した。P&Gの米国本社などでトレードマーケティングを長く担当し、ヘンケルジャパン株式会社代表取締役などを歴任、グローバル市場の動向を肌で感じてきた金井氏がこの一連の戦略を指揮している。そのいわば第一弾がアクセラレータープログラムである。

海外工場を含め、オープンイノベーションへ舵を切る

「美と感動と喜びを世界に届ける」というミッションを掲げるトキワは、1948年に設立された。国内に5つの工場を保有し、米国、中国、フィリピンに関連子会社や生産拠点を展開している。従業員数は876名(2020年5月末現在)で、カラーコスメに特化した独自のノウハウと知見を誇る傍ら、容器の開発・製造まで完結できる一貫した生産体制を保有しているのが強みだ。製品、製法に関する特許等の権利維持数は国内279件、海外258件に達している。こうした強みを活かし海外で展開するのが狙いだ、と金井氏は語る。

画像4

トキワの東京工場

「2019年に日本のOEMとして初めて米国工場を立ち上げた。日本だけでなく、米国、中国など、世界各地の拠点で “メイドインジャパンクオリティ” の製品を生産し、広げていくことが我々の目標だ。欧米やアジアの競合他社との競争に勝ち、10~20年後も成長できる企業になるためには既存事業の強化に加え、新たな戦略が必要であり、その一環としてオープンイノベーションに積極的に取り組んでいく」(金井氏)

金井氏photo

株式会社トキワ 副社長
兼トキワ米国CEO
金井博之氏

前例のないOEMのアクセラレータープログラム

グローバルでのOEM市場の勢力図も変化するなかで、新たな競争力確保に乗り出しているトキワは、そのひとつの動きとして「トキワビューティアクセラレータープログラム」を2020年7月8日に発表する。

この続きをみるには

この続き: 3,581文字 / 画像2枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf