見出し画像

花王など日本企業が積み重ねる消費者が「使いたくなる」サステナブル容器のいま

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

ESGに積極的に取り組む花王に代表されるように、サステナブルな社会を目指し、多くの日本企業がパーソナルケアや化粧品容器のエコ化の推進に努めている。具体的にはプラスチック使用量を削減するためのリサイクルや、生分解性素材への転換、リフィルの導入などだ。各企業の試みをみていく。

日本では日用消費財における詰め替え容器の利用が広く浸透しており、ドラッグストアやスーパーマーケットのヘアケア製品、洗浄剤の棚には詰め替え用商品が数多く並んでいる。だが世界的にみると、日本はプラスチック使用量が多い国のひとつだ。2018年に発表された国連環境計画(UNEP)の報告書によると、日本人1人あたりのプラスチックの消費量は年間32kgで、米国に次いで2番目に多い。

海洋汚染など地球規模の自然環境の悪化に伴い、環境の保全と持続可能な社会の実現に向けた意識の高まりを受けて、国内の各メーカーはプラスチックの使用量を抑える容器の開発を進めている。しかし、消費財全体の使用量が増えているため、日本のプラスチック使用量は増加し続けているのが現状だ。そのため各メーカーは環境にやさしい容器の開発はもちろん、消費者の価値観や生活習慣、社会の仕組み自体を変えていくことも求められている。海外での取り組みを取り上げた記事に続き、今回は日本国内メーカーの容器エコ化の取り組みについて紹介する。

業界のスタンダードや生活習慣まで刷新、花王の容器開発技術

ESG(環境・社会・ガバナンス)に早くから積極的に取り組んでいる企業が花王だ。環境省主催の「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」の環境サステナブル企業部門で金賞を受賞したほか、2019年の「世界で最もサステナブルな企業100社」に選定されるなど、花王の取り組みは国内外で高い評価を受けている。

同社では包装容器の開発に対しても、1960年代から力を注いできた。1968年に包装容器の開発を専門に行う「包装技術部」を設置し、1995年には現在の「包装技術研究所」の前身となる「包装技術開発研究所」を設立。現在は東京都墨田区のすみだ事業場を中心に、消費財から化粧品まで多数の容器の開発を行っている。

サステナブルというだけでなく、「使いやすさ」を大前提として、長年にわたり包装容器を研究し続けてきた結果、それまでの常識を覆す新しい容器が誕生している。その象徴的な存在のひとつが、シャンプーとリンスの容器につけられている「きざみ」だ。目の不自由な人でもボトル側面のギザギザを触っただけでシャンプーとリンスを識別できるように開発されたのが1991年のことである。これが業界の統一規格となるよう花王が各社に働きかけ、現在では日本のスタンダードとなった。花王では今、詰め替え用品のキャップにもこのきざみを採用している。

画像1

出典:花王

また、それまでの詰め替え用製品にあった“詰め替えにくさ”を解消した新しい容器「ラクラクecoパック」も生まれた。花王の調べによると、従来の詰め替え容器では「こぼれる」「最後まで使い切れない」など、91%の人が使い勝手に不満を感じていたという。ラクラクecoパックが出たあとの調査ではこれが「96%が満足」という数字に塗り替えられた。

さらにサステナビリティ志向の高まりを背景に、花王では2018年に「私たちのプラスチック包装容器宣言」を発表。新品のプラスチックの使用量を減らし、すでに使用したプラスチックや自然界に排出されたプラスチックを回収し再利用する方針を掲げている。

前述のラクラクecoパックで使い勝手を向上させ多くの人に使ってもらうなど、多くの取り組みを行った結果、2018年は9万3,100トンのプラスチック削減を達成している。シャンプーの本体ボトルでは100mlあたり13.2gのプラスチックを使用するが、詰め替え用製品では、100mlあたり2.8gと、79%の削減となる。また、このラクラクecoパックは、サトウキビ由来のプラスチックを全重量の15%使用している。

次なるチャレンジはプラスチック使用量の多い米国で新製品を展開

このように、花王が行ってきた容器技術の開発は、使い勝手の良さに加えて、消費者の生活習慣や社会の仕組みを変えることにつながってきた。この企業としての姿勢は、同社が2017年の中期経営計画発表時に掲げたスローガン「自ら変わり、そして変化を先導する企業へ」にも表れている。

環境に対する消費者の意識がとりわけ高い欧州では、消費者の声が出発点となり製品や容器開発が行われることもしばしばだが、日本は対照的にメーカー側から社会に働きかけを行うケースも少なくない。それをリードしているのが花王といえるだろう。

同社では2019年にESG戦略「Kirei Lifestyle Plan」を公表しているが、そのなかでもプラスチック使用量を減らすための取組みをアクションとして掲げている。前述のようにラクラクecoパックの開発によって、詰め替え時の手間やストレスを軽減し、日本の消費者の詰め替え習慣をさらに促進させることにつながった。そして現在では、詰め替え用フィルム容器を吊り下げるホルダーの開発を進めるなど、詰め替え容器をそのまま本体として使う発想でプラスチックボトルレス化を進めている。

画像2

出典:花王公式サイト


花王の消費者や社会への働きかけは、日本にとどまらない。米国では日本とは異なり、詰め替え容器の利用がほとんど進んでいないが、その米国市場で2020年4月、プラスチック使用量を削減した新商品「MyKirei by KAO」の展開を開始した。この商品では、通常は詰め替え容器に使用されるやわらかいフィルム素材を使用し、容器の外側に空気を入れて膨らませることで自立可能な「Air in Film Bottle」を初めて採用した。従来のポンプ型ボトルに比べ、プラスチック使用量を約50%削減し、注ぎ口の部分には植物由来のプラスチックを重量ベースで50%使用している。

画像3

出典:花王公式サイト

米国のドラッグストアやスーパーマーケットでは、詰め替え用製品はほとんど見あたらず、大容量のプラスチックボトルに入った商品がほとんどだ。また前述したように、1人あたりのプラスチックの消費量を見ると、米国は世界1位の国だ。そのようなマーケットで、プラスチック使用量を抑え、新技術を採用した新商品を展開することは、米国の消費者意識の転換を促すという意味で、同社にとって大きなチャレンジといえる。

花王では、まずは環境への負荷が少ない製品づくりに共感する人に同製品を届けることを目指し、オンライン(Amazon)での販売からスタート。今後消費者の反応を見ながら、販路を拡大していく考えだ。あわせて、テラサイクルと共同で使用後の容器を回収、リサイクルできる仕組みづくりも展開している。

木材やリサイクルガラスを利用、国内メーカーの容器開発

花王以外でも、各メーカーがプラスチック使用量を抑えるべく、さまざまな容器の開発を推進している。

たとえば、化粧品のリフィル化により、プラスチック量を削減しているのが、富士フィルムだ。同社が展開する「アスタリフト」では、2012年よりリフィルを導入。外容器を継続使用することで、廃棄プラスチック量を約70%削減した。これはCO2 排出量に換算すると、約75%の削減になるという。さらに2016年に発売した化粧水「アスタリフト モイストローション」では、パーツを減らした容器を開発し、従来製品に比べてプラスチック量の約60%削減につながっている。

またプラスチック以外の素材を化粧品容器に採用する動きもある。資生堂では木製家具メーカーのカリモク家具とコラボレーションし、家具の製造工程で発生した小さな木の廃材を再利用して容器に採用した新ブランド「BAUM」を2020年初夏に発売する。BAUMは、環境の変化に調和しながら何百年も生き続ける「樹木の力」に着目し開発されたブランドで、環境負荷軽減を目標とする同社の取組みの一環である。

画像4

出典:資生堂

エキップから2020年2月にリリースされたブランド「アスレティア」では、原料から梱包資材まで一貫してサステナビリティに配慮するコンセプトのもと、多くの容器にリサイクルガラスを90%以上使用している。とくに、従来はリサイクルの際に色ムラが出るためリサイクル率が低かったカラーガラスを採用し注目されている。また、プラスチック容器にはサトウキビ由来のバイポリエチレン素材を使ったものもあるほか、ギフトボックスは100%古紙を使用した生分解性の素材とするなど、自然環境にダメージの少ない包装容器の使用を徹底している。

プラスチック量を減らすために、新しい素材の開発に取り組むメーカーもある。ポーラ・オルビスグループのポーラ化成工業は、日立造船と共同で、2020年3月より植物由来の生分解性プラスチックの開発を始めた。生分解性プラスチックは衝撃に弱いことが課題とされてきたが、杜仲茶の木から抽出した成分「トチュウエラストマー」の配合により、植物由来の生分解性プラスチックであるポリ乳酸の耐衝撃性を従来の2.4倍にまで高められるとする。

トチュウエラストマーには水をはじく性質もあり、これまでに3Dプリンター用フィラメントやゴルフボールなどの素材として使われた実績もあるが、微生物に分解され、水と二酸化炭素に還る化粧品容器としての実用化が期待される。

また、紙を利用した容器の開発も進んでいる。大日本印刷では、チューブの胴体部分を紙にして、プラスチック使用量を15%削減できる「ラミネートチューブ紙仕様」を2020年2月、発表した。

画像5

出典:大日本印刷

凸版印刷でもチューブの使いやすさとパウチの絞り出しやすさを両立したパッケージ「チューブなパウチ」を2020年4月に発売。胴体部分を紙にすることで、プラスチックの使用量を50%削減している。

画像6

出典:凸版印刷

さらに、使用後のプラスチックを回収してリサイクルする動きも加速している。マッシュビューティーラボは、リサイクル事業を手掛けるテラサイクルジャパンと協働し、使用済み化粧品容器を回収するプログラム「リサイクル キッチン」を2020年4月より開始した。「コスメキッチン」「ビープル バイ コスメキッチン」など同社が運営する5ブランド、全国90店舗で実施し、回収したプラスチック容器は再生ペレットとして原料化され、新たな商品への使用を目指している。

テラサイクルジャパンのリサイクル事業に参加している化粧品メーカーには、ほかにヴェレダ・ジャパン、ネイチャーズウェイ、石澤研究所などがある。

かつては、主に商品そのものにスポットライトが当てられてきたが、今では商品クオリティはもちろん、容器を含めた総合的な商品企画に、メーカーの製品づくりの姿勢が反映されることを消費者は気づき始めている。地球環境をよりよく保ち、次世代に引き継いでいくことの重要性が一般の生活者レベルで意識されてきた今、企業に向けられる人々の眼はより厳しくなるだろう。利益の追求だけではなく、社会全体への貢献を踏まえたESG施策の推進が企業には求められている。

Text:佐藤まきこ(Makiko Sato)
Top image: wanpatsorn via Shutterstock

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
30
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

国と地域
国と地域
  • 424本

BeautyTech.jpの記事を国や地域別にまとめたマガジンです。