見出し画像

スマートミラーからトレーニング動画まで、美容室のDXを促進するソリューション13選

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

美容業界のデジタライゼーションが急速に進むなか、美容室でも新たな顧客体験を提供するサロン内のサービスをはじめ、マーケティングや集客、顧客管理の一元化までサポートするサービス、研修や教育分野のサービスなど、美容室に特化したソリューションが次々と登場している。2020年後半以降の発表やアップデート情報をまとめた。

美容室の店舗内サービスと新しい顧客体験の提案

シャンプー台での水の使用量を最大80%削減
L'Oréal Water Saver
ロレアルグループ

画像1

出典:日本ロレアル プレスリリース 

ロレアルの「L'Oréal Water Saver(ロレアル ウォーター セーバー)」は、スイス発の環境イノベーションカンパニーGjosaと共同開発した、ヘアサロンのシャンプー台での水の使用量を最大80%削減する設置型デバイスだ。ロケットエンジンに使用されている流体制御技術の応用により、水滴を通常の10分の1に小さくし水の流れる速度を速めるとともに、「ロレアル プロフェッショナル」と「ケラスターゼ」の独自設計でミクロ化したシャンプーやコンディショナーなどをシャワーヘッドから流水に直接注入し、ヘアケア剤の髪への浸透性を上げ、かつすすぎやすくした。これにより通常1分間に8リットル使用する水を、2リットルに減らせるとする。あわせて、どのくらいの節水や省エネ、コスト削減ができたかの記録データや、施術履歴は付随のダッシュボードで閲覧・管理できる。現在米ニューヨークと仏パリの一部のロレアルサロンで提供されており、2021年から2022年にかけて世界展開予定とする。

ヘアサロン特化型のスマートミラー
ミラーロイド
株式会社ミラーロイド

画像2

出典:ミラーロイド プレスリリース

ミラーロイド」は、Android OSを搭載したヘアサロン特化型のスマートミラーで、鏡にヘアカタログを映したり、付属のカメラで撮影した顧客の顔写真上でヘアシミュレーションを行ったり、動画の視聴などができる。動画機能を活用して店販商材をアピールし、コロナ禍にもかかわらず2020年の店販商材の売上が、対前年比で130%になった事例もあるという。

2021年4月からは、Tres Innovationと提携し、同社のVRを活用した美容師向け教育映像配信サービス「hairVR」のコンテンツ配信を始めた。これにより美容師はミラーロイドで教育用映像を見ながら施術の練習ができる。今後はヘアサロンのグループ店舗間でミラーロイドを使ったオンライン会議・セミナーができる機能の開発を予定している。 

顔認証で自動再生するヘアサロン専用サイネージメディア
be&clip
株式会社アスコン

画像3

出典:アスコン プレスリリース

be&clip(ビークリップ)」は、タクシーサイネージ端末(乗務員用・広告配信用)や教育分野向けタブレットを企画開発・製造するアスコンによる、ヘアサロン専用サイネージメディアだ。ヘアサロン平均滞在時間120分の間に、BEAUTY、FASION、FOOD & RECIPE、LIFESTYLE、TRAVEL の5つのカテゴリーを軸としたコンテンツを広告と交互に配信する。サイネージ内蔵のカメラで前に座っている人の顔を認証し、着席すると自動でコンテンツ配信をスタート。マスク姿でも顔認証が可能で、上下に顔を動かしたり、席を離れると途中でコンテンツを停止、再び席に座ると自動で次のコンテンツから再生し、顧客への確実なリーチを可能にするとしている。

「眉」×「髪」の組み合わせを提示するシミュレーター
バーチャルシュミレーターとWeb版「印象プロデュース」

コーセー ミルボン コスメティクス 株式会社

画像4

出典:コーセー プレスリリース

コーセー ミルボン コスメティクスは、美容室専売化粧品ブランド「インプレア」のカウンセリングで使えるバーチャルシュミレーターを2021年3月に発表した。パーフェクトのAR・AI技術を採用している。インプレアのアイブロウ新製品を含むメイク製品と、ミルボンのヘアカラーブランド「オルディーブ」のカラーイメージを組み合わせ、施術前に顧客の理想の印象を可視化・提案するねらいだ。

また、「インプレア」のブランドオリジナルカウンセリングメソッド「印象プロデュース」のWeb版診断システムも同時に発表した。従来の紙カルテを使用したカウンセリングと比べ、カウンセリングの流れをビジュアル化することで、顧客の理解度や楽しさを向上させ、商品を選びやすくしたとする。コーセー ミルボン コスメティクスでは、今後はAIによる印象分析機能や、メイクアップシミュレーターと印象プロデュースの連携機能の実装を検討している。

マーケティング支援や顧客管理などのビジネスソリューション

店舗独自アプリやLINEからの予約をスマホで一元管理
BeautyMerit
株式会社サインド

画像5

LINEミニアプリ予約画面イメージ
出典:サインド プレスリリース

サインドの「BeautyMerit(ビューティーメリット)」は、店舗情報やポイント付与、オンラインショップなどのコンテンツを盛り込んだ、サロン独自のスマートフォン用アプリを作成できるサービスだ。 顧客の来店予約を、同アプリや11社の外部予約サイト(2021年3月現在)に加え、2021年に追加機能としてリリースされたLINEミニアプリを通じて受け付ける。店舗側にはスタッフ専用アプリが用意されており、予約やコンテンツ、トーク機能を一元管理できる。さらにPCの画面で、予約経路、顧客のステータス、スタッフごとの売上、日ごとの売上、メニューやクーポンごとの売上などのデータ分析もできる。

スタイリストの紹介動画をタップして予約ページにジャンプ
Salon de TIG
パロニム株式会社 / 株式会社ハイパーソフト

画像6

出典:パロニム プレスリリース

インタラクティブ動画ソリューション「TIG」を提供するバロニムと、美容サロン向けのPOSやセルフレジを提供するハイパーソフトは共同で、TIGを活用した美容サロン向け体験型サービス「Salon de TIG」を開発した。顧客が動画内の気になる対象物を、スマートフォンなどの画面上でタップすると、その情報をストックでき、さらにリンク先の詳細ページへと遷移できるTIGの機能を使い、スタイリストの紹介動画から、スタイリストの得意な施術やプロフィール、指名予約ページや動画内で使用している商品の販売ページなどへ誘導ができる。これにより、顧客の興味関心により深く訴求でき、満足度の向上が期待できる。動画内のタッチポイントを0.1秒ごとにデータ取得し、再生数や視聴完了率に加え、タップ率、ストック率、ジャンプ率などを細かく計測・分析でき、顧客理解につなげてファンの獲得やリピート率の向上に役立てられる。

オンラインカウンセリング型美容師検索サービス
Change Me
株式会社ガモウ関西

画像7

出典:ガモウ関西 プレスリリース

Change Me」は、ユーザーがサロン来店前にオンラインでカウンセリングを受けることで、要望にあった美容師を見つけられるマッチング型サロン予約サービスだ。カウンセリング時間は約15 分で、髪の悩みやなりたいヘアスタイルなど、最大3名の美容師に相談できる。使用する専用ツール「salon talk」では、画面の共有や画像の貼付のほか、カットイメージやカラーイメージなどを画面上で提案が可能。初めてのサロンを利用するハードルを下げるほか、コロナ禍における店舗の滞在時間の短縮や接触濃度を低くする効果もある。

美容室とスペシャリストやメーカーをつなげるプラットフォーム
Beauty Venue Pro β版とBeauty Venue M
日本美容創生株式会社

画像12

Beauty Venue Pro β版
出典:日本美容創生 プレスリリース

Beauty Venue Pro」は、美容室にある設備(空きスペース)を貸し出したい店舗オーナーと、取得した資格・スキルで活躍したい「スペシャリスト」を つなげるマッチングサービスだ。2021年1月にWebブラウザ版を公開しており、今後スマートフォンアプリ版も公開予定とする。

日本美容創生では、メーカーと美容室をつなげる「Beauty Venue M」も2021年2月にローンチした。メーカーのインストラクターが美容室におもむき、新商品の特徴や使い方を伝える臨店活動(デモンストレーション)をサポートするサービスで、メーカー側は、Beauty Venue M 上で、臨店可能な時間帯の確認と予約、店舗で使用できる設備の確認、資料の送付、また、デモンストレーションを見学する美容師への残業代相当分の料金支払いなどを行うことができる。

美容室向けに特化したスタイル画像の販売
HAIRSTYLE PARK
株式会社YSD

画像8

出典:YSD プレスリリース

2021年3月にスタートした「HAIRSTYLE PARK(ヘアスタイルパーク)」は美容室向けに商用利用可能なヘアスタイル画像素材を販売するWebサイトだ。購入した写真は美容室の公式サイトや、ホットペッパービューティーなどの検索・予約サイト、InstagramなどのSNS、紙媒体などに期間の制限なしで幅広く使用できる。購入方法は1枚ずつの個別購入と3点もしくは10点セットのヘアカタログセットがある。ストックされている写真数は2021年3月現在4,000種類以上で、2021年内に1万種類以上に増やすことを目標としている。また、サブスクリプション(定額)サービスや、ヘアスタイル写真以外にも美容室が必要とするデジタルコンテンツの提供などを今後は行なっていく。

研修や教育、採用をデジタル化で効率アップ

ブラウザ上に360度自由に切り替える映像をクラウド配信
SwipeVideoとStudy360/Beauty

AMATELUS 株式会社

画像9

出典:AMATELUS プレスリリース

AMATELUS の「SwipeVideo(スワイプビデオ)」は、自由視点映像およびマルチアングル映像をブラウザ上にクラウド配信出来る技術だ。視聴者は好きなタイミングで画面をスワイプし、映像の視点を360度自由に切り替えることができる。美容分野では、学校法人三幸学園が運営する美容専門学校の実習授業や美容技術を競うコンテストの審査に活用されている。

また、AMATELUSはネクストビューティホールディングスと協業し、全国の美容師向けに東京都内のカリスマ美容師の技術をSwipeVideoで配信するeラーニングサイト「Study360(スタサン)/Beauty」も運営している。

VRを活用した美容師向けの教育サービス
hairVR
Tres Innovation株式会社

画像10

出典:Tres Innovation プレスリリース

hairVR(ヘアヴイアール)」は、美容師を対象にしたVR教育映像配信サービスだ。美容師目線で撮影したVR映像とその周囲からの計7視点から、講師役美容師が施術する様子を視聴することができる。視聴方法はVRと2Dのいずれかを選べ、VRはVR視聴アプリ「パノミル」とVRヘッドマウントを利用して視聴する。2Dは、スマートフォンやタブレット、PC画面などで視聴できる。2021年4月現在、月3本の新作映像を公開しており、定額見放題のプランのほか、単品購入も可能。また、サロン独自カリキュラムのVR化プランもある。

美容業界特化の動画マニュアルツール
soeasy buddy for beauty
株式会社soeasy

soeasy buddy for beauty」は、動画マニュアルツール「soeasy buddy」の美容サロン向けバージョンだ。従来は先輩が口頭で教えたり、文字で共有していた業務マニュアルを動画で作成でき、共有、閲覧までスマートフォンで行える。たとえば「シャンプーの基本手順」「清掃」「電話対応」などとフォルダを分け、関係するマニュアル動画や画像、PDFを格納しておくことで、共有された動画を新人スタッフは好きな時に繰り返し視聴できる。同ツールの導入により新人スタッフの教育期間が4分の1に短縮された実績もあるという。業務連絡や日々の気づきなどを投稿したり、コメントや「いいね」などのリアクションができるSNS 機能や、スタッフの動画視聴状況を可視化できる管理画面も備える。

美容学生とヘアサロンをオンラインでマッチング
サロン見学.ONLINE
株式会社リアル

画像11

出典:リアル プレスリリース

サロン見学.ONLINE(サロン見学ドットオンライン)」は、ヘアサロンのオンライン見学・面接に特化したサービスだ。求職者はサロン見学.ONLINEのサイトでヘアサロンの求人票情報の閲覧ができ、さらに手持ちのスマートフォンで、オンライン会議システムを使ってヘアサロンの見学、サロンオーナーとの面接ができる。ヘアサロン側は、在籍しているスタッフの出身学校を求人票情報に紐づけて登録でき、求職者も自分の出身校を登録することにより、OB・OGの検索機能が使える。

Text: 大塚愛(Megumi Otsuka)
Top image: polkadot_photo via Shuterstock

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
25
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp