スマートミラーからトレーニング動画まで、美容室のDXを促進するソリューション13選
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

スマートミラーからトレーニング動画まで、美容室のDXを促進するソリューション13選

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

美容業界のデジタライゼーションが急速に進むなか、美容室でも新たな顧客体験を提供するサロン内のサービスをはじめ、マーケティングや集客、顧客管理の一元化までサポートするサービス、研修や教育分野のサービスなど、美容室に特化したソリューションが次々と登場している。2020年後半以降の発表やアップデート情報をまとめた。

美容室の店舗内サービスと新しい顧客体験の提案

シャンプー台での水の使用量を最大80%削減
L'Oréal Water Saver
ロレアルグループ

画像1

出典:日本ロレアル プレスリリース 

ロレアルの「L'Oréal Water Saver(ロレアル ウォーター セーバー)」は、スイス発の環境イノベーションカンパニーGjosaと共同開発した、ヘアサロンのシャンプー台での水の使用量を最大80%削減する設置型デバイスだ。ロケットエンジンに使用されている流体制御技術の応用により、水滴を通常の10分の1に小さくし水の流れる速度を速めるとともに、「ロレアル プロフェッショナル」と「ケラスターゼ」の独自設計でミクロ化したシャンプーやコンディショナーなどをシャワーヘッドから流水に直接注入し、ヘアケア剤の髪への浸透性を上げ、かつすすぎやすくした。これにより通常1分間に8リットル使用する水を、2リットルに減らせるとする。あわせて、どのくらいの節水や省エネ、コスト削減ができたかの記録データや、施術履歴は付随のダッシュボードで閲覧・管理できる。現在米ニューヨークと仏パリの一部のロレアルサロンで提供されており、2021年から2022年にかけて世界展開予定とする。

ヘアサロン特化型のスマートミラー
ミラーロイド
株式会社ミラーロイド

画像2

出典:ミラーロイド プレスリリース

ミラーロイド」は、Android OSを搭載したヘアサロン特化型のスマートミラーで、鏡にヘアカタログを映したり、付属のカメラで撮影した顧客の顔写真上でヘアシミュレーションを行ったり、動画の視聴などができる。動画機能を活用して店販商材をアピールし、コロナ禍にもかかわらず2020年の店販商材の売上が、対前年比で130%になった事例もあるという。

2021年4月からは、Tres Innovationと提携し、同社のVRを活用した美容師向け教育映像配信サービス「hairVR」のコンテンツ配信を始めた。これにより美容師はミラーロイドで教育用映像を見ながら施術の練習ができる。今後はヘアサロンのグループ店舗間でミラーロイドを使ったオンライン会議・セミナーができる機能の開発を予定している。 

顔認証で自動再生するヘアサロン専用サイネージメディア
be&clip
株式会社アスコン

画像3

出典:アスコン プレスリリース

be&clip(ビークリップ)」は、タクシーサイネージ端末(乗務員用・広告配信用)や教育分野向けタブレットを企画開発・製造するアスコンによる、ヘアサロン専用サイネージメディアだ。ヘアサロン平均滞在時間120分の間に、BEAUTY、FASION、FOOD & RECIPE、LIFESTYLE、TRAVEL の5つのカテゴリーを軸としたコンテンツを広告と交互に配信する。サイネージ内蔵のカメラで前に座っている人の顔を認証し、着席すると自動でコンテンツ配信をスタート。マスク姿でも顔認証が可能で、上下に顔を動かしたり、席を離れると途中でコンテンツを停止、再び席に座ると自動で次のコンテンツから再生し、顧客への確実なリーチを可能にするとしている。

「眉」×「髪」の組み合わせを提示するシミュレーター
バーチャルシュミレーターとWeb版「印象プロデュース」

コーセー ミルボン コスメティクス 株式会社

画像4

出典:コーセー プレスリリース

コーセー ミルボン コスメティクスは、美容室専売化粧品ブランド「インプレア」のカウンセリングで使えるバーチャルシュミレーターを2021年3月に発表した。パーフェクトのAR・AI技術を採用している。インプレアのアイブロウ新製品を含むメイク製品と、ミルボンのヘアカラーブランド「オルディーブ」のカラーイメージを組み合わせ、施術前に顧客の理想の印象を可視化・提案するねらいだ。

この続きをみるには

この続き: 3,815文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf