見出し画像

佐賀県コスメティック構想、化粧品産業集積地を目指し3回目のアクセラプログラム開催

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

「佐賀県コスメティック構想」のもと、化粧品産業による地域創生に取り組む佐賀県で、3回目となるアクセラレータープログラム(以下、アクセラプログラム)「SAGAn Beauty & Healthcare Global Accelerator 2022」の募集がスタートした。地元産植物のサステナブル原料化から製造、検査、物流のサプライチェーン、研究機関など、化粧品事業を展開するにあたって必要な地域アセットが揃う佐賀県の魅力について、昨年度のファイナリストへのインタビューを交えながら紹介する。

アジアの拠点となる化粧品産業クラスターを目指す「佐賀県コスメティック構想」

佐賀県は2013年より、地域創生の取り組みとして、唐津市や玄海町を中心とする北部九州に、美と健康に関するコスメティック産業の集積を目指す「コスメティック構想」推進事業に取り組んでいる。同年11月には、この構想を推進する産学官の連携組織として「一般社団法人ジャパン・コスメティックセンター(以下、JCC)」が設立され、フランスにある世界最大級の化粧品産業クラスター「コスメティックバレー」とも連携しながら、アジアの拠点となるクラスターの構築を目指している。

佐賀県でも、県の取組みや県内コスメ関連企業、地産素材を活用した商品をWebサイトで紹介
出典:佐賀コスメティック構想推進室公式サイト

浜崎クラスターと呼ばれるエリアには、化粧品原料会社からOEM会社、パッケージ印刷会社、輸出代行会社が揃っている。唐津市内で化粧品製造がワンストップで完結できるアセットを活用し、日本のソーシャルコスメをリードする佐賀発化粧品ブランドも誕生している。

JCC代表理事で、浜崎クラスターで化粧品輸入代行・成分分析を行う株式会社ブルーム 代表取締役社長 山崎信二氏は「佐賀県は穏やかな気候と自然に恵まれており、とくに唐津市や玄海町は、古くは大陸文化の窓口として歴史的、文化的に重要な役割を果たしてきたようにアジアへの輸出にとても便利な場所に位置している。フランスから香港・シンガポールへは船便で約40日かかるのに対し、唐津からは約4日で荷物を届けることができる」と、唐津がアジアの拠点となりうる地理的優位性を説明する。

株式会社ブルーム 代表取締役社長 山崎信二氏
プロフィール/1957年、佐賀県唐津市生まれ。1991年株式会社ブルーム設立 代表取締役就任、現在に至る。唐津ロータリークラブメンバー、唐津商工会議所常議員、また、一般社団法人唐津観光協会会長を8年務めるなど、地域経済活性化にも意欲的に取り組む

また、佐賀市内にある「佐賀県工業技術センター」も、公設機関としてはユニークな特徴をもつ。同センターの食品工業部は、食品やコスメ産業に関わる中小企業を技術面からサポートしており、センター内には、皮膚内部を測定・解析する超音波真皮画像装置やシワを測定する三次元皮膚画像解析システム、原料の成分分析を行う高速液体クロマトグラフ質量分析システムなど、いわゆる大手美容企業の研究所に備わる効果効能試験用の分析装置が揃っており(設備機器一覧はこちら)、全国的にも珍しいという。

自社で設備をもたない中小企業でも、佐賀県内に生産施設や研究施設を持つ事業者であれば、1時間数千円〜という値段で機器を使用して試験を行うことができる。また、同センターに各種測定や分析試験を委託することも可能だ。

この続きをみるには

この続き: 3,190文字 / 画像4枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

購入済みの方はログイン