見出し画像

佐賀県コスメティック構想、化粧品産業集積地を目指し3回目のアクセラプログラム開催

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

「佐賀県コスメティック構想」のもと、化粧品産業による地域創生に取り組む佐賀県で、3回目となるアクセラレータープログラム(以下、アクセラプログラム)「SAGAn Beauty & Healthcare Global Accelerator 2022」の募集がスタートした。地元産植物のサステナブル原料化から製造、検査、物流のサプライチェーン、研究機関など、化粧品事業を展開するにあたって必要な地域アセットが揃う佐賀県の魅力について、昨年度のファイナリストへのインタビューを交えながら紹介する。

アジアの拠点となる化粧品産業クラスターを目指す「佐賀県コスメティック構想」

佐賀県は2013年より、地域創生の取り組みとして、唐津市や玄海町を中心とする北部九州に、美と健康に関するコスメティック産業の集積を目指す「コスメティック構想」推進事業に取り組んでいる。同年11月には、この構想を推進する産学官の連携組織として「一般社団法人ジャパン・コスメティックセンター(以下、JCC)」が設立され、フランスにある世界最大級の化粧品産業クラスター「コスメティックバレー」とも連携しながら、アジアの拠点となるクラスターの構築を目指している。

佐賀県でも、県の取組みや県内コスメ関連企業、地産素材を活用した商品をWebサイトで紹介
出典:佐賀コスメティック構想推進室公式サイト

浜崎クラスターと呼ばれるエリアには、化粧品原料会社からOEM会社、パッケージ印刷会社、輸出代行会社が揃っている。唐津市内で化粧品製造がワンストップで完結できるアセットを活用し、日本のソーシャルコスメをリードする佐賀発化粧品ブランドも誕生している。

JCC代表理事で、浜崎クラスターで化粧品輸入代行・成分分析を行う株式会社ブルーム 代表取締役社長 山崎信二氏は「佐賀県は穏やかな気候と自然に恵まれており、とくに唐津市や玄海町は、古くは大陸文化の窓口として歴史的、文化的に重要な役割を果たしてきたようにアジアへの輸出にとても便利な場所に位置している。フランスから香港・シンガポールへは船便で約40日かかるのに対し、唐津からは約4日で荷物を届けることができる」と、唐津がアジアの拠点となりうる地理的優位性を説明する。

株式会社ブルーム 代表取締役社長 山崎信二氏
プロフィール/1957年、佐賀県唐津市生まれ。1991年株式会社ブルーム設立 代表取締役就任、現在に至る。唐津ロータリークラブメンバー、唐津商工会議所常議員、また、一般社団法人唐津観光協会会長を8年務めるなど、地域経済活性化にも意欲的に取り組む

また、佐賀市内にある「佐賀県工業技術センター」も、公設機関としてはユニークな特徴をもつ。同センターの食品工業部は、食品やコスメ産業に関わる中小企業を技術面からサポートしており、センター内には、皮膚内部を測定・解析する超音波真皮画像装置やシワを測定する三次元皮膚画像解析システム、原料の成分分析を行う高速液体クロマトグラフ質量分析システムなど、いわゆる大手美容企業の研究所に備わる効果効能試験用の分析装置が揃っており(設備機器一覧はこちら)、全国的にも珍しいという。

自社で設備をもたない中小企業でも、佐賀県内に生産施設や研究施設を持つ事業者であれば、1時間数千円〜という値段で機器を使用して試験を行うことができる。また、同センターに各種測定や分析試験を委託することも可能だ。

こうした商品開発の技術支援のほか、同センターでは、県内の大学や企業と連携しながら地産素材探求事業も行っており、佐賀県の特産物であるれんこんの皮や節から抽出したレンコンポリフェノールなどの原料研究にも積極的に取り組んでいる。同センター食品工業部 主査 岩元彬氏は、「コロナ渦で、公式noteを立ち上げたり、食品・コスメ分野における注目技術を紹介するオンラインセミナーを開催するようになってから、問い合わせが増えた」という。

佐賀県工業技術センター食品工業部 主査 博士(農学) 岩元彬氏
プロフィール/コスメティック・食品の機能解析、加工技術の研究を担当。ヒト細胞等による美容・健康効果の解析を得意とする。主な研究業績に、レンコンポリフェノールのアンチエイジング効果、イチゴ果実のアレルギー予防・改善効果、アスパラガスのアレルギー予防・改善効果などがある

自治体主催の化粧品関連事業に特化したアクセラプログラム

こうした佐賀県のコスメティック構想を加速させる取組みのひとつが、2020年にスタートした「SAGAn Beauty & Healthcare Global Accelerator」だ。創造性のある事業プランをもつ、またはすでに事業を展開している、主に美容関連のスタートアップを県が支援することで、「日本一コスメビジネスがしやすい佐賀県」の認知度を高めるとともに、県内のコスメ産業の振興を図り、新規雇用の創出を目指している。

3回目の開催となる2022年度の対象事業者は、シードステージだけでなく、県内外ですでに事業を展開しているスタートアップや、コスメ分野で事業拡大または新規参入する事業者のほか、これから起業を目指す学生も対象となっている。2022年9月1日より募集がスタートし、書類選考、ピッチ選考を経て10月末には選考を通過したファイナリスト10チームが決定。その後、佐賀県視察などを含む約4カ月間にわたるプログラムに参加し、事業活動に必要な知識・スキルの付与、外部メンター等による個別指導、ビジネスパートナーとの交流・関係構築などを通じて、アイディアや事業計画のブラッシュアップを行っていく。

アクセラプログラムを推進する佐賀県産業労働部ものづくり産業課コスメティック構想推進室 北村志帆氏は、過去2回の開催をこう振り返る。

「初年度は、県内企業とスタートアップ企業とのオープンイノベーションによる新たな事業創出を主目的に実施したが、佐賀県への事業集積には繋がりにくかったのが反省点としてあった。そこで2年目となる昨年度は、対象事業者を県外、国外にも広げて募集をかけたところ、国内外から54チームの応募があった。今年度は、『既に佐賀県内に拠点を置いている事業者、または2023年3月末までに佐賀県内での起業を予定している個人または拠点を置く予定の法人』という条件を追加しつつも、さらに多くのスタートアップや企業に応募いただきたいと考えている」(北村氏)。

アクセラプログラム終了後も、事業プランの実現に向けて、引き続き佐賀県のフォローアップが受けられるのも本プログラムの特徴だ。2021年度ファイナリストのなかから、日本美容創生、エリカ健康道場、粧美堂の3社にヒアリングを行い、その後の事業状況を紹介する。

日本美容創生株式会社: 
佐賀県内企業と協業し、更年期ケアプログラムの実証実験をスタート

ユーザーと美容室、理学療法士のマッチングプラットフォーム「Beauty Venue」の運営を通じて、地方の美容室を「まちのビューティ&ヘルスケアステーション」として再定義し、地域の課題解決につなげる事業を展開する日本美容創生株式会社は、佐賀県女性の美容室利用回数が全国1位であることと、30〜50代女性が抱える更年期症状に着目し、美容室を活用した更年期セルフケアメニューの開発を2021年度アクセラプログラムのデモデイで提案した。

理学療法士監修のフィジカルケアのほか、婦人科医 対馬ルリ子氏監修の更年期セルフケアでは、婦人科で使用する簡略化更年期指数(SMI)カウンセリングシートなどを活用した健康推進プログラムの開発が完了し、2022年9月より佐賀県内の総合理美容商社と協業して実証実験をスタートさせるとする。同社 代表取締役 金山宇伴氏は、「アクセラプログラムでは、国内外を含むさまざまなレイヤーの企業が参加しており、美容産業を基軸にした地方活性という新しい取り組みを知ることができ、さまざまな学びがあった。実証実験でエコシステムができ次第、佐賀市内の美容室10店舗を目標に導入を進めていく予定だ」と語っている。

更年期ケアメニューのデモンストレーション時の様子
画像提供:日本美容創生株式会社

株式会社エリカ健康道場:
100%佐賀県産の新商品を開発。佐賀県をファスティングの聖地に

34年前から佐賀県で断食道場を運営し、植物性発酵酵素飲料「優光泉」をおもに自社サイトで販売している株式会社エリカ健康道場は、ウエルネス志向の高まりによるファスティングブームとともに売上を伸ばし、現在は売上の86.7%が定期購入によるものだ。

佐賀県中央に位置する天山山麓で栽培された和漢植物(古来から生薬や漢方薬に使用される植物)と、佐賀市富士町や杵島群白石町で育った108種類の野菜を原材料にした100%佐賀県産の「優光泉 濃縮和漢発酵ドリンク」を2022年3月に発売し、アクセラプログラムに参加したことで深まった地元生産者や研究者とのつながりを再確認したという。

同社 代表取締役 北島昭博氏は、「和漢植物の栽培は難しく、製薬会社などでもほぼ輸入に頼っていることが多いが、天山山麓には和漢植物が豊富に自生しており、栽培にも適していることを知った。地域活性と高品質な商品を届けたいという思いから、佐賀県産のみの原材料にこだわった製品をつくることができた。将来的には、収穫体験や工場見学などもできる滞在型断食施設を佐賀県に作って、佐賀県を“ファスティングの聖地”にするための発信につなげていきたいと考えている」と展望を述べた。

優光泉 濃縮和漢発酵ドリンク
出典:株式会社エリカ健康道場プレスリリース

粧美堂株式会社:
セミナーがブランドコンセプトのヒントに。佐賀県OEM企業と製品開発を進行中

粧美堂株式会社は、1948年に化粧雑貨の一時問屋として創業した老舗美容企業だ。社内の新規事業開発プロジェクトで新ブランドの立ち上げに向けてリサーチをしていたタイミングで、2021年度のアクセラプログラムを知り参加したという。同社 商品企画グループ マーケティングチーム 佐藤裕之氏は、「ブランドコンセプトを構築していく際に、アクセラプログラムでウェルビーイングをテーマにしたセミナーに参加する機会があり、発想のヒントをいただいた。その結果、現代人の抱える“日常のマイナス”を解決するブランドのコンセプトが固まった。また、化粧品や雑貨の原料になりうる廃棄物素材などについて、佐賀県職員の方が詳しく教えてくれたことが印象的だった」と話す。

現在は、佐賀県内のOEM企業に依頼した商品サンプルができあがったところで、ユーザーテスト実施後に処方を確定し、2023年にはクラウドファンディングを開始する予定だという。佐藤氏は、「アクセラプログラムというと、スタートアップに限定したものが多いが、私たちのような社内ベンチャープロジェクトでも参加資格があり、担当者も真摯に向き合ってくれ、とても懐が深いプログラムだと感じた。企業で働く人も参加を検討してみるとよいのではないか」と語る。

ユーザーテストで使用するサンプル商品
画像提供:粧美堂株式会社

Text: 小野梨奈(Lina Ono)
Top image: SAGAn Beauty & Healthcare Global Accelerator 2022

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf