Kylie Skinなどセレブもヴィーガンコスメブランドを立ち上げ、市場が拡大中
見出し画像

Kylie Skinなどセレブもヴィーガンコスメブランドを立ち上げ、市場が拡大中

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

レディー・ガガがヴィーガンのメイクアップ製品を自身初のコスメブランドとして2019年7月に立ち上げ、世界的に大人気のカイリー・ジェンナーのコスメブランドは5月よりヴィーガンスキンケアラインを発売開始した。ヴィーガン市場は2025年までに208億ドル規模にまで成長するという調査もあり、ヴィーガンコスメの今後の市場性と可能性を考える。

「2018年はヴィーガニズムがメインストリームになった年」と報じられたと以前紹介したが、2019年になってヴィーガンの盛り上がりはさらに加速している。

「Jillian Dempsey」「Lime Crime」「Milk Makeup」などこれまでにも数々のD2Cヴィーガンコスメブランドが誕生しているが、このところ世界的に名前を知られるビッグスターやセレブリティが、プレステージなヴィーガンコスメを立ち上げているのだ。

2019年7月、レディー・ガガがAmazonをグローバルリテーラーとして独占契約しクリエイトしたコスメブランド「HAUS LABORATORIES」は、ガガ自身がコンセプトや企画に深く関わっているとされ、ヴィーガンでクルエルティフリー、そして、ジェンダーレスな製品であるとうたう。

「カイリーコスメティクス」人気が世界で爆発し、21歳で「米国の最年少ビリオネア」の記録を作ったカイリー・ジェンナーもまた、5月にヴィーガンかつクルエルティフリーのスキンケアライン「Kylie Skin」の販売を開始した。

さらに、長年ビヨンセのメイクアップを手がけてきたサー・ジョンが、ウールワースと提携して自身のヴィーガンコスメライン「Volume 1」を南アフリカで販売開始したほか、数々のセレブを担当しているメイクアップアーティストのニッキー・デローストが、ヴィーガンメイクアップブランド「RÓEN BEAUTY」を2019年になって発表している。

この続きをみるには

この続き: 4,288文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf