見出し画像

リアルとデジタルの連携で新しい世界観をみせたコレクション発表【Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 A/W】

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

フィジカルとオンラインでのコレクション発表を併催した「Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 A/W」。デジタルだからこその作り込みで観客の心を掴むブランドや、リアルとデジタル双方の利点を活用するなど、より魅力的なファッションウィークのあり方を探る機会となった。またジェンダーニュートラルなデザインマインドも随所にみられた。今回はKA WA KEYやTAE ASHIDA、mintdesignsなど注目のブランドをピックアップして紹介する。

Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 A/Wコレクションはリアルとオンラインの併催

2021年3月15日〜20日、国内最大級のファッションの祭典「Rakuten Fashion Week TOKYO(以下Rakuten FWT) 2021 A/W」が開催された。前回の2021 S/S に引き続きコロナ下で開かれた今シーズンでは、51ブランドの50のコレクションが発表され、そのうち20がフィジカル、30がオンラインでの発表となった。

スタッフと来場者の人数制限や検温、マスクの着用など感染防止の対応や、オンラインでの国内外への発信強化といった施策を継続したのに加え、今季からの新たな試みとして、世界最大規模のファッションキュレーションマーケットプレイス「JOOR PASSPORT」と提携。世界中の20万を超える小売店バイヤーが、参加ブランドそれぞれのJOOR PASSPORT内ページを閲覧することを可能にして、商談をサポートした。

2度目のオンラインとオフラインの併催となった今回は、多くのブランドでデジタルとリアルをうまく組み合わせることでインパクトを高める工夫がみられたのに加え、ジェンダーニュートラルが進み、包括的なデザインマインドでファッションの可能性を広げるクリエイターが増えた印象だ。

tac:tacなどブランドの世界観を伝えるハイクオリティなオンライン発表

オンラインでの発表を選んだブランドは、ランウェイを単に再現するのではなく、どのようなシーンで身にまとう服なのかを自然に見せる物語性のある映像や、デジタルならではの編集や加工、演出を加えてブランドの世界観を表現する動画が目立った。

Rakuten FWT 2021 A/Wオープニングを飾った「tac:tac」のコレクション動画は、世代の異なる3人のモデルが演じる登場人物の日常風景を切り取る短編映画のような作品だ。「時間」を考えの軸として、シンボリックに自分を語ることができる既製服を提案するデザイナー島瀬敬章氏の、「全ての人々が共有しているにも関わらず、それぞれが異なる“時間”」への思索が滲んでいる。

TAE ASHIDA」は、La maison dans la forêt(森のなかの邸宅)をテーマにオーセンティシティ×デジタルの融合(バランス)を表現。深い森の奥に佇む館で繰り広げられる、ミステリアスでフューチャリステックなムービーを公開した。金子ノブアキ氏が書き下ろし、mode-rateがミックスを手がけたオリジナル楽曲は、立体音響としており、ヘッドホンやイヤホンで聴くとダイナミックで臨場感のあるサウンドが体感できる。

コレクションは、オーセンティックな雰囲気の作品に未来的なニュアンスを効かせ、ブランドのシグネチャーでもある独自のエレガンスと、パンデミックを経た新しい時代の始まりを願い一歩を踏み出すエネルギーを感じさせる。5シーズン目となるメンズラインは、シルエット、素材ともにウィメンズとシンクロしつつ、よりジェンダーレスで中性的なアイテムが増えた。

一方、ロンドンと香港を拠点にする「KA WA KEY」は、香港生まれのカワキィ・チョウ氏とフィンランド出身のジャーノ・レッパネン氏のデザイナー・デュオによるブランドで、自身のジェンダーアイデンティティを女性や男性と固定的に定義するのではなく、その時々によって性別を行き来する「ジェンダーフルイド」な発想にもとづくカジュアルウェアとニットウェアを提案する。

「THROUGH THE LOOKING GLASS」と名付けられた2021 A/Wコレクションは、並行して存在する想像の世界と現実の世界を観察し、そこで出会う、たとえば『不思議の国のアリス』のマッド・ハッターのような奇妙なキャラクターたちに潜む二面性にインスパイアされて生まれたという。コレクションの世界観を伝えるため発表された動画は、パンデミックでロックダウン下にあったロンドンのデザイナーの自宅で作成されたものだ。デザイナーの夢想をひとり語りでつむぎながら、映像をコラージュさせてプレイフルでアートな世界を現出させている。

デザイナーのオオスミタケシ氏が1月24日、47歳で急逝した「MISTERGENTLEMAN(ミスター・ジェントルマン)」は、同氏が病室で制作していた2021 A/Wコレクションをライブストリーミングという形式で発表した。フラットな大ホールに総勢40名のモデルが参加したショーは、ストリートシーンに多大な影響を与えたオオスミ氏にふさわしいスケールとクールな躍動感があった。ショーの終了後は遺影を飾った祭壇に献花が行われた。

画像1

©︎ MISTERGENTLEMAN

mintdesignsやADELLYはデジタルとリアルイベントを連携する試み

コロナ禍で自粛ムードのなか、人々を楽しい気持ちへと開放するサーカスに心惹かれたというデザイナーの実感から「The Night Circus」コレクションを動画で発表した「mintdesigns」。夜のサーカスをテーマにモノトーンを基調にしつつ、電飾やネオンサインをイメージしたビビッドな蛍光カラーをポイントに使用している。オリジナルレースやロープなど長年使っているモチーフをブラッシュアップし、新たな挑戦に踏み出したのも特徴だ。

またmintdesignsは、Rakuten FWT 2021 A/Wの期間中、コレクションを実際に手にとることができる展示会を東京・渋谷のイベントスペースで開催した。スポットライトに照らされるピエロや曲乗りの馬のシルエットなど、グラフィックにこだわっているブランドとして、遊び心に溢れる凝ったプリントの細部までつぶさに見て欲しいとの思いからだ。こうした展示会はポッアップのような形で地方にも出していくという。

フィジカルなショーの制約をデジタルで補う試みをしたのは、「ADELLY」である。「いつの時代も普遍的なときめく瞬間に思いを巡らせ」デザインされたというドレスを身につけランウェイを実際に歩くモデルは3名に絞り、ステージの大スクリーンにそのほかのルック画像を映し出すことで、内容は濃く、だが密は避けたコンパクトなショーを実現した。ADELLYもRakuten FWT 2021 A/W終了後に、東京・銀座オフィスを会場に4日間限定の展示会を開いた。

逆に30分に及ぶフルレングスのショーを1日に3回行ったのが、キモノブランドの「JOTARO SAITO」だ。「LIMITLESS −限界なきキモノ−」をテーマに全36スタイリングを発表する意欲的なコレクションとなった。

デザインの根本に崩せない基本の型があるキモノだが、この伝統の枠組みを維持しつつ、いかに令和の時代にふさわしい表現や革新性をもたらすかということが、LIMITLESSというテーマに込められていると、ショーの後のメディア取材に応えたデザイナーの斉藤上太郎氏は明かす。あわせて、あえてフィジカルなショーを選択したのは、パンデミックに伴う外出自粛やイベントの激減のなかで、「キモノを着ていく機会をつくって欲しい」という顧客の声が多かったからだとする。「普段の暮らしのなかで、ちょっとおしゃれして出掛けるときに気張らず着られる」キモノを提案する斉藤氏は、観客の人数制限があるなか、1人でも多くの顧客に新作を見てもらいたいと3回のショーを敢行した。

ショーの模様は動画でも公開したほか、オフィシャルYouTubeチャンネルでは、コレクションの裏側をデザイナー自らが解説するライブストリーミング「JOTARO LIVE」も放映した。また、JOTARO SAITO GINZA SIX店内で最新コレクションを展示する「LIMITLESS展」も13日間にわたり開かれた。

PITTA MASK×Vantan 学生によるマスクデザインプロジェクト

世界を覆うパンデミックの象徴となった感のあるマスクだが、身に付けるものという意味ではファッション業界において無視できないアイテムともいえる。PITTA MASKはRakuten FWT 2021 A/W関連イベントとして、Vantanデザイン研究所の学生とコラボレーションして、学生オリジナルのクチュールマスクを100個作成するプロジェクトを行った。

「かつて医療器具であった眼鏡がそうなれたように、マスクはこれからの未来『本当の』ファッションになれるか」というPITTA MASKの問いに答えてクリエイトされた、ユニークな作品群のなかから、とくに優秀な10作品をPITTA MASKブランドチームがピックアップし、同社のInstagram公式アカウントで紹介した。

創造性で際立つコレクションへのバイヤー需要は減らない

帝国データバンクのアパレル上場企業月次売上高動向調査によると、対象企業24社のうち、2021年1月の月次売上高が全店ベースで前年同月を上回ったのは4社で、8割にあたる20社が下回った。また、この20社全てにおいて、前年同月比の減少率が10%以上になるなど、全体的にアパレル・ファッション業界の厳しい業況はなおも続いている。

だが一方で、ハイファッションの世界では、群を抜いたクリエーションでブランドとしての個性を確立している、力のあるクリエイターへのバイヤーからの注文は減ってはいないとして、人々の心を掴むものづくりができる限り、文化としてもビジネスとしてもファッションは衰退しないという業界識者の指摘もある。

2021 S/Sと同じく、フィジカルとオンラインの併催となったRakuten FWT 2021 A/Wでは、リアルとデジタルの双方の利点もより明確になってきた。その場に居合わせるライブの感動にかなうものはないとリアルの価値が高まる反面、デジタルだから提供できる違う種類の感動もあるのではないかとの議論もされる。また、これまでファッションウィークそのものに馴染みがなかった、一般の人々や若い世代が世界のどこからでもオンタイムでショーを見られる即効性は、デジタルの一番の強みであり、顧客の裾野を広げることにつながるはずだ。

パンデミックの収束がいまだに見通せないなか、8月30日〜9月4日に予定されている次のRakuten FWT 2022 S/Sがどのような開催形式になるのかはわからないが、デジタルの強化で参加や視聴の壁を取り払い、ブランドと消費者およびバイヤーとのコミュニケーションを活性化させる流れが後戻りすることはないとだけはいえそうだ。

Text: そごうあやこ (Ayako Sogo)
Top image: ©Japan Fashion Week Organization

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
6
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp