見出し画像

資生堂も出資のドリコス、IoTでサプリメントのパーソナライズ化。夢は医学分野へ

◆English version: Of Scents and Personal Sensibilities
New English article
◆新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

前回の記事では香りのパーソンライズドサービスとして、CODE Meeeを紹介した。今回紹介するのは健康や美容分野のIoT開発に取り組むドリコスが開発したサプリメントをパーソナライズするhealthServerだ。現在は出資という形でタッグを組んでいる資生堂とは、将来的な連携も視野にいれているという。ドリコス代表取締役の竹康宏氏に話を聞いた。

40代、女性、肌荒れが気になる、というケースがあったとしよう。サプリメントとして推奨されるのは、ビタミンEであることが多いはずだ。しかし、現実はまた違ってくる。ビタミンEさえとれば、このケースにあてはまる全員がその悩みを解決できるかというと、そうではない。ある人はもしかしたらほかの栄養素が足りない可能性もある。どのサプリメントを、どのくらい摂取すればいいかは、個人ごとに違うのではないか。これがドリコスの考える出発点であり、オーダーメイドサプリメントを提供するIoTサーバー、healthServer(ヘルスサーバー)が誕生した理由だ。

このhealthServerは、個人の毎日の変化を探る。もっともシンプルなパターンでは、サーバーに両親指で20秒ほど触れて、脈拍などの生体情報を取得させるものだ。または会員登録をしたのちに、そのユーザーの前後のスケジュール、たとえばサプリを飲む前は運動をしていて、これからデスクワークをするといった情報を入力することで、healthServer側で必要な栄養素を推測することもできる。入力するデータはもちろん多いほうが、より的確な推測につながる。

こういった個人データにより、心理的・肉体的なストレスがスコア化され、ベストな状態と比べて不足していると思われる粉末栄養素をhealthServerが都度、自動で配合する。それをユーザーは水やお茶に溶かしたり、サラダにかけたりして摂取する。マシンにセットされている栄養素は「ビタミンB1」「ビタミンC」「葉酸」など5種類だが、運動を積極的に行なっているユーザーからはプロテインが欲しいなどのニーズがあるため、今後はその種類を増やすことも検討しているという。

課題解決までを提供できるIoTとして個人向けも

ヘルスケア系のIoTとしては、アップルウォッチやフィットビットなどのウェアラブルデバイスもあるが、その場合は情報を取得してどう自分の課題を解決するかはまたユーザーが選んでいくことになる。つまり、課題を解決するためには、①自分のことを知る ②改善のための行動をとる という2つのステップが必要だが、ウェアラブルは①までを満たす存在だ。healthServerが画期的なのは、この①と②の2つのステップを同時に体現できることにある。課題解決まで一貫して提供できるIoTなのだ。

現在healthServerは、オフィス向けに提供されている。導入目的で多いのは、健康経営や仕事の生産性向上を目的とした従業員向けの福利厚生だ。最近ではホテルやスポーツジムなどにおいて、顧客満足度向上のための利用も増えている。どんなユーザーが多く使っているかについては、分布は極端に偏っているわけではないものの、比較的30代女性、美容や運動に気を使っているユーザーが多いという。

ドリコスが今後注力したいと考えているのが、healthServerの個人向けサービスだ。以前からリクエストは多く、2018年内に販売を開始する予定だ。マシン本体は買い切りで、粉末サプリメントを月額数千円で提供できるよう検討を重ねている。販売開始時期はhealthServerの公式サイトから登録できるメールマガジンにて先行案内される予定だという。2020年までにオフィス向け、個人向け合わせて10万台の販売を見込んでいる。

これまで取得したデータでは、美容への関心が高い、あるいはアスリートなみにスポーツをしているといった目的意識の高いユーザーが、healthServerの継続率も高いことが判明している。このことから、会員のリテンションのためには、目的を設定したほうがいいとの仮説を設定した。

人と機械の信頼関係をどう進めるかは課題

そのため個人向けのhealthServerには「乾燥肌をケアしたい」「睡眠不足を改善したい」といった個人個人の課題解決や、なりたい自分のゴールを設定できる仕様となっている。さらに「いつもよりストレスを感じている」などその日の調子を入力することも可能。これらの情報と季節や天候、時間帯などの情報を加味して、healthServerがパーソナライズされたサプリを配合するのだ。まさに一人ひとりのユーザーに寄り添ったサービスとなる。

寄り添うという意味では、healthServerの特徴は飲むタイミングにもある。通常サプリメント、あるいは薬なども朝・昼・晩の食後というように飲むべき時間帯が定められている。しかし仕事の都合で会社にあるhealthServerを使えないタイミングもあれば、出張の場合は自宅でサプリを配合することはできない。

そこでhealthServerではいつ何回飲めばいいというルールを定めず、「飲めるときに飲んでほしい」としている。healthServerはユーザーの生活リズムまでも分析して、そのタイミングでユーザーに必要なサプリメントを提供するのだ。

サプリは粉末状で提供される。水などに溶かして飲むことができる

さて、パーソナライズドサービスで必ず話題になるのは、回数を重ねることによる、パーソナライズの深化だ。healthServerでは一定期間経過後にユーザーによる評価ができるようになっている。効果がないと感じたら、healthServer側は次のアクションを提案するという流れになる。たとえば肌あれが気になる人には、まずはビタミンEを提供するが効果がなければ別の原因を解決するサプリメントを提供する、といった具合だ。

ただし、評価に応じてサプリメントを変えていく課程は合理的なようにみえて、一方で「信頼」という課題もあるという。すなわち知人や専門家に言われたら試すサプリメントも、機械に言われても信用できないのではないか、という感情的、心理的な問題だ。人間と機械の信頼関係構築は、healthServerだけではなく、IoT機器全般のこれからの課題でもある。

さらに寄り添うために、他社サービスとの連携の可能性も

ドリコスは現在、healthServerでサプリメントを提供しているが、竹氏は「人々が本当に健康になれる手段を提供する会社であり、その最初の一歩がサプリメントだ」と語る。そのためほかのヘルスケアや美容系の会社とのコラボレーションにも前向きだ。その際もキーとなるのはパーソナライゼーションだという。

現在は、healthServerがサプリメントの配合を判断するための基礎情報は、ドリコス社自身が収集しているが、ウェアラブルデバイスや食事管理アプリ、ダイエット系などのサービスと連携し、さらに詳細なデータを取得することも考えられる。ユーザーの行動履歴や理想とする状態を知ることができれば、より効果的なサプリメントの配合が可能だろう。

ドリコスは資生堂からも出資を受けており、同社が開発するパーソナライズドスキンケアIoTのOptuneとの連携などもありそうだ。「人々が健康になる」という意味ではサプリメントだけでなく、アロマといったライフスタイルサービスの可能性も出てくるだろう。

ドリコス代表取締役の竹康宏氏

また竹氏は、少しずつ医学領域へ進出する可能性も見据えている。遺伝子検査とダイエットが結びつくなど、医療とヘルスケアはその領域が重なり合いはじめている。他の分野でも、テクノロジーの出現でボーダーラインが広がってきているいま、医学・薬学分野での提携によりhealthServerで薬が調合できるという未来も思い描ける。そこまでいくと、いまは食品扱いのサプリメントも、有効性の証明のために医学的なエビデンスを付加できるようになるかもしれない。

ドリコスは社是に「1人1人の『快い』を彩る」を掲げ、ビジネスドメインとして「健康」や「美」といった、迷いがなく誰もが望むものを扱うという。その領域がどこまで広がるか。ドリコスが挑戦するのは、さまざまな領域が重なり合い、美や健康に結果を出せるデバイスが当たり前になる世界だ。

Text&Photo: 納富隼平(Jumpei Notomi)
Top image: ドリコス

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
4
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp