中国の肌診断、MeituがAI駆使した店舗向け機器を開発、進化し続ける性能
図1

中国の肌診断、MeituがAI駆使した店舗向け機器を開発、進化し続ける性能

◆ English version: China’s Meitu develops AI-driven skin diagnosis machines for stores
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

中国の化粧品販売の現場で、肌診断機が多機能化している。店舗での潜在顧客の開拓も含めた活躍が期待できる肌診断機や、スキマ時間に試せる肌診断ブース、アプリなどを紹介する。

中国スマホ大手のシャオミや美容ECアプリを運営するTryTryとの提携を2018年に発表した「Meitu(美図)」が開発のAI肌診断機器「MeituEve」は、医療用水準を満たしているとの説明があるほど高性能の肌診断機だ。2019年5月20日から3日間開催された「中国美容博覧会(China Beauty Expo)」にて初披露された。百貨店の美容カウンターやサロンなどの実店舗に設置し、接客やカウンセリングの際の利用を目的としている。

Meituは、もともと「BeautyPlus」をはじめとするスマホ用自撮り加工アプリや、スマートミラー「Magic Mirror」などを開発する中国企業であり、培った画像認識や画像処理分野での強みを生かす、MTLabという研究チームをもつ。そこでは独自の技術やアルゴリズムが開発されており、国際的にも評価が高い。

MeituEveは、照射する光の種類(5種類)や、分析結果の項目数(10種類)が他社製品と比較して多く、より正確な診断ができることが強みだ。また、顔輪郭の立体検知、皮膚問題検知、ワンクリックレポート、潜在顧客開拓※1、公立病院との協力体制などの面でも優れている。

※1 公式アカウントをフォローしているユーザーや、Meituが提供するアプリを使っているユーザーを、位置情報を使って近くの店に誘導するなどの仕組みがある

画像1

出典: MeituEve公式サイトより

画像2

出典: WeChatのMeituEve公式アカウントより

使い方はまず、写真のボール型の機械の部分に顔をいれる。

画像3

この続きをみるには

この続き: 2,107文字 / 画像15枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf