ルイ・ヴィトンの映像バッグやブルガリのIoTなどファッションテック最前線【Viva Technology2019】
見出し画像

ルイ・ヴィトンの映像バッグやブルガリのIoTなどファッションテック最前線【Viva Technology2019】

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

前回に引き続き、パリで開催されたViva Technology(VivaTech)で披露されたLVMHグループのイノベーションを中心にレポート。今回はファッション業界における革新的なプロダクトと顧客体験を紹介する。

まずルイ・ヴィトンの展示では、映像が流れたり色が変わるバッグ、スマートウォッチなどのガジェット、そしてブロックチェーンを活用したトレーサビリティという3つのトピックを紹介したい。

会場で人々の注目を最も集めていたのが、NYで2019年5月に開催されたクルーズコレクションで初披露された、映像が流れるバッグだ。カルフォルニアベースの中国スタートアップRoyole社が開発した、柔軟性のあるフレキシブルディスプレイを使用し、専用アプリでバッグの表面に好きな写真や映像を映し出せる。このスクリーンは薄く自在に曲げられるので、帽子やTシャツにも使用可能だ。

フレキシブルディスプレイを使用した
ルイ・ヴィトンのバッグ
(2020年に発売予定)

また、光ファイバーを使用し、専用アプリで色のパターンや組み合わせを自由自在にカスタマイズできるデジタルバッグとスニーカーも紹介された。こちらは2019年1月に行われたパリの秋冬メンズコレクションで発表され、2019年末に発売予定だという。

パリ・2019年秋冬メンズコレクション。
バッグとスニーカーは10:30ごろから登場

また、すでに発売されているスマートウォッチやワイヤレスイヤホンも紹介された。ルイ・ヴィトンでは、創業当初から「旅」をテーマに商品が作られており、この時計も旅先で必要な情報(飛行機や電車の時刻、ホテル情報、天気など)を文字盤で調べたり、その日の洋服やTPOに合わせて、デザインを自由にカスタマイズできるよう設計されている。ワイヤレスイヤホンは、サングラスのように専用ボックスに入れて持ち運びができる。色やデザインのバリエーションがあり、コーディネートのポイントになるのも魅力だ。

画像1

画像2

スマートウォッチ(上)とワイヤレスイヤホン(下)

この続きをみるには

この続き: 5,218文字 / 画像9枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf