大手スーパー・イオンが若い世代と汗を流して生産から取り組むオーガニック
見出し画像

大手スーパー・イオンが若い世代と汗を流して生産から取り組むオーガニック

◆ English version: Supermarket chain Aeon leads the path for organic cosmetics in Japan
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

前回のマツモトキヨシの取り組みは、ドラッグストア店舗の顧客ニーズからのオーガニックアイテム開発だった。では、同じ生活圏内のスーパーではどのような取り組みが起こっていたのだろうか。
(※ 2/20 18:00 ホールフーズに関する内容を一部修正補足、20:35に再度修正しました)

国内最大のスーパーであるイオンでは、2018年8月にプライベートブランド(以下PB)としてのオーガニック化粧品が発売された。同社のこの取り組みを考えるときに、切り離せないのがオーガニック食品の普及だ。そして、それは米国で起こってきたことを俯瞰してみると理解しやすい。イオンは米国のトレンドをとらえ、小売りという枠を超えて自らも実践することでオーガニックの食と化粧品に深く取り組んでいるといえる。

米国のスーパーにみるオーガニック普及のポイント

オーガニックが広く一般層へも受け入れられている米国では、ホールフーズ・マーケットやトレーダー・ジョーズといった自然食品のスーパーが、特定の地域だけではなく全米単位で展開し、健康的な食についての啓発活動を行ったことがオーガニック・ナチュラル分野の拡大につながった。

1980年、テキサス州オースチンにオープンしたホールフーズ・マーケットは、90年2000年代に数多くの買収を繰り返しながら全米展開をはかった。同時期に自然食品スーパーのトレーダー・ジョーズが安価で高品質な有機農産物の提供で成長し、ホールフーズ・マーケットは約480店舗、トレーダー・ジョーズは、約460店舗を展開するまでに至る。

興味深いのは、彼らは単に自然食品店というだけでなくスーパーとしての評価も高いことだ。2018年のリテール・パフォーマンス・インデックスでは、1位にトレーダー・ジョーズ、10位にホールフーズがランクインしている。トレーダー・ジョーズについては全米で最も1平方フィートあたりの売上が高く、ホールフーズの約2倍を売上げ、また、米国最大のスーパーマーケットチェーンであるクローガーと比較しても約3倍を売り上げていることから、評価を集める理由がわかる。

こういった動きとあわせて、ミレニアル世代の台頭でより健康志向に消費が変わっていったことで、自然食品専門ではないスーパー「ウォルマート」や「コストコ」などがオーガニック食品の品揃えを充実させているというデータもある。こういった一般のスーパーの動きもありアメリカのオーガニック食品売上高は1997年の34億円ドルから、10年後の2017年には450億ドルを超え、15倍近くも成長している

この続きをみるには

この続き: 4,174文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf