BeautyTech.jp
韓国化粧品開発プラットフォーム各社、国内外での販売支援サービスまで拡充へ
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

韓国化粧品開発プラットフォーム各社、国内外での販売支援サービスまで拡充へ

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

韓国では、化粧品を作りたい企業や個人クライアントのアイディアをトータルでサポートし実現化する化粧品開発プラットフォームが相次いで登場しているが、商品の製造にとどまらず、国内外、あるいは海外から韓国への直接販売支援にも注力する傾向が表れてきている。各社のサービスの最新アップデート情報をもとにそれぞれのサービス内容拡充についてレポートする。

差別化に乗り出す化粧品開発プラットフォーム

韓国で相次いで登場する化粧品開発プラットフォームは、ブランドや新商品を手掛けたい企業やインフルエンサーなどの個人に対し、業界や製品に関する事前知識の提供、市場調査および企画の練りこみ、サンプルテスト、容器やパッケージ、ラベル業者との個別の折衝などの製造過程から、マーケティングまで、化粧品づくりのすべてのプロセスをサポートしている。

こういったOEMプラットフォームが複数ある韓国では、それぞれの特色も異なる。たとえば、Cosmepolitanは小ロットでもパッケージなども含めフルカスタマイズ可能で、日本語での対応も可能だ。

今回は、化粧品の開発・製造だけでなく、自社のECモールや国内外への販売支援サービス、あるいは海外から韓国への販売支援にも力を入れはじめたOEMプラットフォームを紹介する。

Beauty Makers:海外クライアントも多く、大手ECモール内にショップも展開

出典:Beauty Makers 公式サイト

「コスメA-Z非対面フルサービス」をうたい、企画・生産・販売などの工程とソリューションを、オンラインで提供・完結させるビジネスモデルを目指すのがBeauty Makersだ。同社は20年以上にわたり経験を積んだ業界専門家が集まり設立され、ビューティ製品企画・販売代行プラットフォームとして、2018年にスタートした。

アプリ上では、スキンケア、メイクアップ、ヘアケア、マスク、ネイルなどカテゴリーごとの見積金額、およびサンプル製造が可能な最低金額を簡単に検索する機能や、4,000の製造ネットワークや個別アイテムから、適した業者やソリューションをマッチングする仕組みを提供している。昨今ではOEM事業者をヒット商品別に分けて長短所を分析する機能の実装など、マッチングの正確性や効率性を高めることにも力を入れている。

Beauty Makersは現在、公式サイトを大幅にリニューアル中だ。詳細はまだ明らかではないが、今後は化粧品を購入したい一般ユーザー向けの情報サイトを拡充し、市販されている化粧品の最安流通価格にアクセスできるようにするなど、コスメを作りたい人だけではなく、買いたい人のための機能も加える方針とされる。

Beauty Makers はまた、ネイバーやカカオ、GSなど国内大手ECモール内にショップを出店しており、同社を利用して開発された商品を販売する支援サービスの充実も図っている。一例では、2020年9月に開発されたFULVIC Bioのヘアケアシャンプーが累計10万個を売り上げるなど、ヒット商品も生まれつつあるようだ。

Beauty Makersでは、海外のクライアント企業も多く、また海外インフルエンサーとのつながりも深いため、韓国からの輸出サポート強化も推進している。2021年にはベトナムの大手化粧品成分アプリのPB商品を開発し、ベトナム国内でインフルエンサーを抱えるエージェンシーとの協業も決定した。またロシアの新興ブランドの商品を開発し、海外に輸出する契約を結んだ実績も持つ。

現在、中国、ロシア、米国、インドネシアでパートナー企業やクライアントを開拓しながら、並行して支社の設立・展開も進めている。また、韓国国内で開発された商品を輸出するため、海外バイヤーとのネットワークも整えていく方針だ。

海外クライアントの意向を集約し、韓国国内で開発を進める国内受託&輸出モデルの確立と、国内で開発された製品や新ブランドを海外に売り出す機能の強化を進めることで、プラットフォームとしてクライアント企業に対してトータルなサービス提供をしていき、一気通貫により広範な市場を獲得していくのがBeauty Makersの次なる狙いだ。

CTKコスメティックス:クーパンとの提携を発表した草分け企業

出典:CTKコスメティックス 公式サイト

韓国の化粧品開発プラットフォーマーとして、CTKコスメティックスは先駆者的な存在だ。同社は、2009年からグローバル化粧品メーカーを対象に、「フルサービス(Full-Service)」を提供することで成長を遂げてきた。フルサービスとは、クライアント企業の商品企画、開発、生産、マーケティング、品質管理、納品までのプロセスを全面的にサポートするB2Bワンストップソリューションで、2009年当時、化粧品業界に特化した同様のビジネスモデルは、韓国のみならず、世界でも類をみなかったとされる。

CTKコスメティックスは、ロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダー、シャネルなど、欧米のグローバルコスメブランドを中心に100社以上と取引し、2017年にはKOSDAQに上場を果たしている。

同社の最近の動きとして注目されるのは、系列会社であるCTK E-Vison Global Networksが、韓国EC大手クーパン(Coupang)の公式SPN(サービスプロバイダーネットワーク)に選定され、パートナーシップを締結したことだ。CTKグループは今後、海外の化粧品などのブランドがクーパンに入店を果たす際のサポート役を担う。

具体的にはCTK E-Vison Global Networksが開発した越境EC販売支援ソリューション「PopinBorder」で、海外販売事業社とクーパンのシステムを連動させ、より簡単かつ便利に直接販売を管理できるサービスを提供する。これまで、韓国のクーパンに進出したい海外販売事業社は多かったが、独自にシステムを開発するのが難しいという課題があった。今後は韓国国内に支社やリソースを配置しなくても、PopinBorderを通じてマーケティング、注文管理、配送まで業務を処理できるようになる。

CTKコスメティックスはまた、自社運営する化粧品開発プラットフォーム「CTK CLIP」と、越境ECのためのフルフィルメントサービスを連携する作業にも着手している。韓国・米国で展開しているフルフィルメントサービスの見積り依頼や、サービスについての相談を、CTK CLIP内で受け付けられるようにする予定で、フルフィルメントサービス自体も段階的にほかの国や都市において拡充していくとする。

COS247:アリババの公式パートナーとして出店をサポート

出典:Korea Cosmetic Industry News

CY Company が2020年7月にローンチしたCOS247は、化粧品の企画から開発、生産にいたるまでのあらゆる業務の完全オンライン化をサポートするサービスだ。顧客と製造事業者のマッチング、製造履歴管理、顧客管理ツールを提供し、化粧品開発・製造支援ソフトウェアという立ち位置から、エコシステムを支えるプラットフォームを目指してきた。

COS247のサービスは、ブランドや製造事業者などとユーザーのマッチングをサポートする「COS247パートナーポータル」と、依頼と提案をマッチングする形でビジネス成立をサポートする「COS247 Biz」、そして、新製品開発および管理機能「COS247 NPDシステム」で構成されている。サービスに加盟・導入している会員企業数は、2021年末の段階で、ブランドやOEM事業者などを含む200社以上と発表されている。

CY Companyは2021年11月に、世界最大級のBtoBマーケットプレイスであるアリババ(Alibaba.com)の公式パートナーに選定されており、今後、COS247の会員企業や国内事業者を対象に、アリババが運営する有料メンバーシップ「GGS(Global Gold Supplier)」への入店を全面サポートしていく予定だ。

GGSには無制限の製品登録、優先的な検索上位露出などの特典があり、世界2,600万人のバイヤーを対象に、広く広報を行うことができるとの特徴がある。各韓国企業に合うバイヤーを直接探して見積りを提出することも可能で、一般的な取引よりスピーディに契約を成就させ、新規ビジネスや顧客開拓を効率化できるというのがCY Companyの説明だ。

COS247の関係者は「国内の中小化粧品企業の進出に関しては、まだ(伸びしろがあり)活発とまではいえない。会員企業を中心にアリババへの全過程をフルサポートすることで、国内中小企業の海外進出の足掛かりをつくりたい」としている

Beautycop:メジャーなOEM企業が新たに立ち上げ

出典:Beautycop 公式サイト

2022年5月には、OEM企業Beauty Cosmeticが、製品コンサルティング企画、製造、生産、品質管理などをワンストップで提供する化粧品開発プラットフォーム「Beautycop」をローンチした。2022年内にサービスを本格稼働させる計画を発表している。

Beautycopは、既存のOEMプロセスよりもさらに利便性を重視。化粧品製造に必要な原料、フォーミュラ、パッケージ情報、開発依頼サービスなどをあわせて提供する。品質優秀全自動化製造施設(CGMP·ISO22716認証)、および海外35カ国に輸出した実績などをベースに、この先、韓国の新興ブランドの輸出活性化を担うプラットフォームとして期待されている。

Beautycopのサービスの全容はまだ明確にはなっていないが、プラットフォーム内に登録された原料、フォーミュラ、パッケージをウィッシュリストに入れるだけで簡単に商品開発をリクエストできたり、パートナーシップを締結したクライアントに対し、同社研究所、マーケティングチーム、プラットフォームチーム、営業チームがそれぞれのプロセスでサポートを提供するといった計画内容が公開されている。

Beauty Cosmeticは、化粧品開発経験のない企業や、対面相談が難しい遠方のクライアントがプラットフォームを通じて簡単に化粧品を開発できるようにすることを目標に掲げており、変化する市場に合わせて持続的にサービスをブラッシュアップしていくとする。

Text: 河 鐘基(Jonggi HA)
Top image: Mockup Cloud via shutterstock

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
BeautyTech.jp
<8/12、8/15の更新はお休みいたします>美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf