BeautyTech.jp
Cosmepolitan、世界の新興美容ブランドに向け小ロットでフルカスタマイズを実現
見出し画像

Cosmepolitan、世界の新興美容ブランドに向け小ロットでフルカスタマイズを実現

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

韓国や日本の化粧品OEM企業のネットワークを持つCosmepolitan(コスメポリタン)が、新興のD2Cやインフルエンサーブランド向けに、ロット数1,000個、80万円〜 で処方、パッケージまで含めフルカスタマイズに近いかたちで独自ブランドの化粧品を製造できる「SUCCESS PLAN」を発表した。新興ブランドのOEM生産における大きな課題を解決したその背景について聞いた。

スタートアップがパッケージにも独創性を発揮できるようOEMネットワークを強化

化粧品の新興ブランドにとって、他社との差別化を図りブランディングを確立するうえで、ユニークな成分処方や容器、パッケージの実現は、なくてはならないものである。一方で、手元資金がそれほど豊富ではないなか、すべてのクリエイティブにこだわるのは難しい。とくに容器に関しては、OEM企業やパッケージ企業が持つシンプルな型を利用することで低コストを実現している現状もあり、スタート当初からオリジナリティを発揮するのは難しいという課題があった。

韓国をはじめとしたグローバルなOEMプラットフォームをもつCosmepolitanは、韓国と日本の3,000社以上のネットワークと、国内外企業との開発実績で培ったプロデュース力を掛け合わせ、このハードルを大きく下げる新プラン「SUCCESS PLAN」を2022年5月に発表した。

SUCCESS PLANは、最小ロット数1,000個、最短納期3カ月で、開発予算80万円から化粧品ブランドを立ち上げることができるパッケージだ。初期ハードルが高い化粧品ビジネスの参入障壁を大きく下げるもう1つの特徴が、ブランドパーソナリティと独創性を高めるうえで重要なカスタマイズ範囲が非常に広い点だ。化粧品カテゴリー、テクスチャー、容器、効果・効能、マーケティング訴求ポイントをかけ合わせた500万通り以上の組み合わせから、「80万円からの予算で、ほぼフルカスタマイズに近いかたち」で化粧品づくりが可能になった。

スキンケアからメイクアップまで5カテゴリー 23種類をカバー

化粧品カテゴリーは、上記の表にあるように、スキンケアだけでなく、カラーメイクアップを含む5カテゴリー、23種類をカバーしており、テクスチャーのバリエーションは、1カテゴリーあたり20種類以上を保有。さらに、容器タイプのバリエーションは300種類超あり、擦りガラス加工、UV印刷、箔ありといった特殊加工を施すことも可能だ。

ブランド側が訴求したい効果・効能に関しては、100種類以上の成分を組み合わせることができ、たとえば「ベースの機能は保湿だが、エイジングケア効果もプラスしたい」といった要望にあわせて、独自処方を組み立てることもできる。使用する原材料の多くはCOSMOS認証を取得しており、年々ニーズが高まるオーガニックやクリーンビューティの基準を満たす製品開発も可能だ。

SUCCESS PLANでとくにこだわっているのが、前述のとおり、新興ブランドにとって今まで自由度の少なかった容器のクリエイティブだ。Cosmepolitan pte. ltd. 創業者 CEO ユン・ミジョン(Yoon Mijoung)氏は、「ユーザーは、よりオリジナリティのあるもの、新しさを感じるものを求めている。たとえ小ロット生産であっても、そのブランドの世界観を表現するデザイン性や独自性は非常に重要で、とくにインフルエンサープロデュースのブランドならなおさらだ。初期コストを抑えた開発で独自性を犠牲にするよりも、最初のスタートから他社と差別化できるような製品づくりを支援したい。そこまでやらないと、結果、エンドユーザーの方々に支持されにくくなり、その先の継続発注にもつながっていかないと感じている」と語る。

パッケージのバリエーション例
提供:Cosmepolitan
Cosmepolitan Pte. Ltd. 創業者 CEO 尹 美晶 /ユン ミジョン(Mijoung Yoon)氏
プロフィール/韓国ソウル出身。日本の高校・大学を卒業後、韓国のサムスン電子に入社し、電子ロボット開発チームへ。サムスン退職後、専門翻訳者ネットワークシステムを開発するスタートアップ 株式会社PRINを創業。さらに、K-Beautyにおけるマーケティング支援サービスを立ち上げ、そこで得た化粧品業界との強いパイプを生かし、2019年1月にシンガポールにてCosmepolitan pte. ltd. を創業。

SUCCESS PLAN以前ではあるが、同社が日本で手がけたオリジナリティのある製品事例として、FUJIMIの第一美容液と第二美容液をパッケージ内で混ぜて使うパーソナライズマスクがある。

日本では珍しいタイプのマスクとして発売当初から評判になり、FUJIMIのオリジナルなパーソナルスキンケアとして注目を集め、その後も成長を続けている。

各OEM企業と、短納期を実現する独自の製造プロセスを構築

パッケージクリエイティブにこだわっても、納期3カ月を実現できるのは、Cosmepolitanが独自に構築したカスタム式の製造プロセスがあるからだ。これまで400社以上のブランドと商談してきた経験と、提携工場の協力のもと、各OEM工場の化粧品の製造工程を細かく整理して作成している。初めて化粧品ブランドを立ち上げる場合は「何から考えて、どうオリジナリティを出し、差別化につなげればよいのかわからない」という悩みも散見されるが、このプロセスに沿って考えていけば、誰でも化粧品が製造できるいわば「指示書」となっている。

同社 取締役 ユン・スボク(Yoon Subok)氏は、「カスタム式プロセスは、化粧品製造に関わるすべての現場に足を運んで、提携工場と築いた信頼関係のもとに確立された仕組みだ。プロセスの冒頭では、なぜコスメを作りたいのか、これまでの実績、ブランドストーリーまで話を掘り下げる。そこを突き詰めることで、私たちもブランドの哲学を理解したうえで、そのコンセプトにあった最適な提案をすることができる」と話す。

このカスタム式プロセスの導入は、提携工場にとってもメリットが大きい。プロセス通りに進めることで、ブランド側が意志決定に悩んだり、後戻りしたりすることがなく、効率よく進めることができるようになったという。

「グローバルに展開しやすい化粧品製造インフラ環境が整備されている韓国と、品質で定評のある日本両方のアセットを活用することができ、かつ初期予算と在庫リスク、初期ロットを最小限にして化粧品ビジネスに参入することができる」とユン・スボク氏は語る。

Cosmepolitan Pte. Ltd. 取締役 尹 寿復 /ユン スボク(Subok Yoon)氏
プロフィール/韓国ソウル出身。日本大学を卒業。楽天銀行にて企業向け融資、決済サービス及び銀行API接続サービスなどを企画・営業。 2020年3月よりCosmepolitan取締役に就任。 現在、Cosmepolitanで日本事業及び生産管理を統括。

Cosmepolitanは、2022年5月に伊ボローニャで開催された「Cosmoprof Worldwide Bologna 2022」に出展。日本や韓国でのOEMに高い関心を寄せるヨーロッパ、アフリカ、中東の企業のほか、自身のブランド立ち上げを計画しているインフルエンサーの訪問も多く、手応えを感じたという。

Cosmoprof Worldwide Bologna 2022での出展

Cosmepolitanでは今後、日本のOEMとの協業ネットワークを広げ、MADE IN KOREAとMADE IN JAPANを、どちらも同じレベルで生産できる体制を強化していく。たとえば、韓国でしかできない容器加工技術を生かし、容器の手配とラベル印刷、加工を韓国、フォーミュラと充填は日本、というように組み合わせることができるのも強みになると考えている。

同時に、各国で物流企業とのパートナーシップも広げている。日本では、倉庫管理、発送、コールセンター機能を提供している日本の法人とも連携し、化粧品製造後のECサイト構築といった販売支援や商品の倉庫管理、発送業務、カスタマーサポートまでをワンストップで支援できる体制を整えていくという。

「我々がこれまで支援してきたブランドは、現在10カ国で20ブランド以上あり、コスメポリタンが掲げてきた "Cosmetic Manufacturing for Everyone/Everywhere"が実現しつつある。また、現在順調にクライアントブランド数も増えており、発注内容とサイクルなど、それぞれの国の地域性や需要データを活かしてブランドのマーケティング支援も将来的には行っていきたい」(ユン・スボク氏)

Text: 小野梨奈(Lina Ono)
Top image: 9dream studio via shutterstock
画像提供:Cosmepolitan pte. ltd.


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf