見出し画像

LVMH、各ブランドにおける顧客ロイヤルティ醸成にNFTプロジェクトを活用【VivaTech 2022(2)】

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2022年6月15日〜18日にフランス・パリで開催された「VivaTech 2022」から、美容・ファッション業界を中心に最新テクノロジーの活用事例を紹介する第2回は、ラグジュアリー業界を牽引するLVMHによるメタバース、NFT、Web3における取り組みを現地レポートする。

メタバースとNFT分野で多くのIT企業、スタートアップと協業するLVMH

前回は、6回目となるViva Technology(VivaTech)2022で発表されたロレアルのWeb3、NFT、メタバースの取り組みについて紹介した。Web3の時代をみすえてますますデジタル変革に焦点が当てられるいま、ラグジュアリーブランドではどんな特別体験で、顧客とのつながりを強めていくのか。

VivaTechレポート第2回は、LVMHグループが発表した真正性と安全性を担保するブロックチェーンや、希少価値の高いNFTアート、そして、メタバースビジネスの展望について紹介する。

会場内に設けられた「LVMHアパートメント」と名付けられた600平方メートルの巨大ブースでは、同グループの16のメゾンと「LVMHイノベーションアワード(LVMH Innovation Award )2022」のファイナリストのスタートアップ21社、2021年度の同アワード受賞スタートアップ5社が、それぞれのプロジェクトや成果を展示した。また、「オープンキッチン」と名付けられたエリアでは、社内起業家プログラム「Dare」や、LVMH傘下のメゾンとスタートアップ企業の協働を促進するプログラム「La Maison des Startups」に参加する企業も展示を行った。

出典:LVMHの公式Instagramアカウント

今回、LVMHはリアル会場に加えて、マイクロバース(メタバース上での小規模コミュニティ)のバーチャル空間を制作し、こちらでもLVMHグループのイノベーションを紹介。LVMHイノベーションアワードのキャンペーンのミューズであり、グループ全体の「イノベーションの新しい顔」と位置づけられるバーチャルアンバサダー(アバター)のリヴィ(Livi)が進行役となり、データ変換、Web3、持続可能性などに対するLVMHのヴィジョンや戦略が語られた。

この続きをみるには

この続き: 6,825文字 / 画像9枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

購入済みの方はログイン