見出し画像

ロレアルとP&G、SDGs観点から「水」や「衛生」などのサステナビリティにアプローチ【CES2021】 (2)

初のオンライン開催となったCES2021のレポート第2弾は、ESGの観点に立った戦略を進めるロレアルとP&Gの最新の取り組みを紹介する。サロンのシャンプー時の水量を削減するL'Oreal Water Saverと、アバターで入場&見学をするLifeLabブースだ。

サロンの水消費量を最大80%削減、「クラウドクレンジング」を行えるシャワーヘッド

仏ロレアルは、スイスの環境系企業 Gjosaと共同開発したサステナブルなヘアケア用デバイス「L’Oréal Water Saver(ロレアルウォーターセーバー)」を今回のCESで発表した。ロレアルウォーターセーバーの洗髪用シャワーヘッドは、水圧を変えずに、通常1分間で8リットルの水を使うところを2リットルに抑える高速水流を実現。サロンで洗髪に使う水を最大80%減らすことができるとする。

さらに、ロレアルウォーターセーバーでは流す水の水滴を10分の1に小さくし、「Kérastase(ケラスターゼ)」と「L’Oréal Professionnel(ロレアル プロフェッショナル)」が開発した微粒化処方によりミクロ化した専用シャンプー、コンディショナー、トリートメントをカートリッジから高速水に直接注ぐ。これによって、ヘアケア剤の髪や水への浸透性とすすぎの速度を向上させた、特許取得済みの新しいヘアケア「クラウドクレンジング」が行える。水とコスト削減のデータは付随するダッシュボードで追跡可能で、同時にサロンオーナーは顧客の施術の履歴もここから確認できる。このシャワーヘッドを使うことで、クラウド上でサステナブルの度合いも顧客データも管理できるわけだ。

現在、ロレアルウォーターセーバーはニューヨークとパリの一部のロレアルサロンで利用が始まっており、数年のうちに全世界の1万店舗以上に導入を進める意向だ。また、家庭用デバイスも追ってローンチする予定である。

ロレアルは2020年6月に「ロレアル・フォー・ザ・フューチャー」という2030年に向けたサステナビリティ・プログラムを発表している。そのなかで、世界的に供給不足が懸念される水資源に配慮したシャンプーを作り、消費者に届けていくのも企業の責任であるとしており、ロレアルウォーターセーバーはその具体的な施策の1つだ。

アバターで訪問するP&Gバーチャルパビリオン

毎年、複数のグループ企業や傘下のブランドからなる巨大ブース「LifeLab」を設置するP&Gは、2021年はパビリオンをマイクロサイトとして丸ごとデジタル化。参観希望者は体格や髪型などを選んで自分のアバターを作り「LifeLab」内に入場する方式とした。

ほかの参加者アバターが行き交い、賑わうパビリオン内を自由に動き回って、ブランドごとの展示や仮想シアターでのセミナーやプレゼンテーションをみることができる。ゲームや空間ワープなどデジタルならではの体験を取り入れる一方で、参加者同士がマイクを使って声を掛け合ったり、スタッフのアバターにその場で質問することができるなど、リアルな展示会を再現する工夫が随所にみられた。

実際の展示会でも人気のブースには行列ができることが少なくないように、このデジタルパビリオンにも大勢が押し寄せた模様で、人数制限のため中に入れないことも多かった。また、ようやく入場しても途中でフリーズやクラッシュしてしまうなど、技術的な課題があることも露呈した。ただし、オンライン開催を象徴する意欲的なパビリオンであることは間違いなく、今後の進化に期待が集まる。

画像1

P&Gマスコットキャラクターと
入場者のアバターの記念撮影も可能
(著者撮影)

展示 としては、昨年登場したAI搭載のスマート歯ブラシ「Oral B iO」の最新版をフィーチャーしたエリアをはじめ、サステナビリティについての啓発エリアを開設。世界の官民リーダーが水資源保全や環境問題に取り組むプラットフォーム「The 50L Home Coalition」、デジタルウォーターマーク技術を使いプラスチック容器のリサイクルを推進するパイロットプログラム「HolyGrail」、そして、液体とプラスチックパッケージを排除した石鹸や洗剤ライン「EC30」の、P&Gが関与する3つの取り組みを紹介した。

The 50L Home Coalitionのバーチャル展示は、水がたたえられた空間を訪問者が歩き回り、家庭内でいかに多くの水が使われているか、そしてそれが都市部での水危機(アーバンウォータークライシス)につながっている現状と、そのソリューションを学んでいく過程にゲーム要素を取り入れている。知識が増えるごとにアバターのグラスの水量が増えていき、水がいっぱいになるとゴールに到着。「P&G Children Safe Drinking Water Programに貢献してくれてありがとう」というメッセージが出る仕掛けだ。

スクリーンショット 2021-02-02 10.20.16

出典:P&G LifeLab

あわせて、衛生的で快適な暮らしをサポートすることをテーマに、家庭用消毒剤「Microban 24」や、マイクロチップ搭載の室内用消臭剤「Febreze Fade Defy Plug」、食器用洗剤「Dawn Powerwash」といった商品を並べたホームケアエリアで構成された。

サステナビリティと衛生という、パンデミック下の消費者が関心の高いテーマに対応したブースプランといえる。

画像2

出典:P&G LifeLab

オンライン開催のCESが示すニューノーマル

パンデミックを経験した消費者が健康志向を深め、生体や環境へのダメージを懸念する傾向が世界的に強まるなか、地球環境保全を目指すサステナビリティへの配慮が、美容業界にとどまらず、企業にとって必須のものとなったことを、改めてCES2021は示している。

バーチャル見本市であるため、当然ながら、商品を実際に手にして試したり、会場を回っているうちに偶然ユニークな商品に出会うというハプニングや、出展者とその場で直接話をするといった、現場ならではの体験ができないのはオンライン開催のマイナスポイントではある。

しかし一方で、移動、滞在、商品や資料運搬、ブースの設営などの負担や諸経費が不要となったことは、企業にとって大きなメリットだ。オンラインとなったことで、現実にCO2の排出量も大きく削減したはずだ。

各企業の展示やセミナーは、ライブのほか、アーカイブでも視聴可能で、参加者にとってもそれぞれの時差やネット環境に合わせてスケジュールを組みやすく、これまで以上の数の展示やステージを訪れることができた。また、展示やセミナー動画には複数言語の字幕がつけられ、英語圏以外の参加者のハードルが下がったのも、オンラインならではのメリットだ。CESのような世界的イベントでこうした多様性への配慮がなされた意義も大きい。

次回のレポートでは、アジア圏のスタートアップの提案を中心に、引き続きコロナ下での消費者ニーズを反映したビューティトレンドや製品についてみていく。

<そのほかのCES2021レポートはこちら>
(1)AIとIoTで「カスタムビューティ」時代の到来、牽引するアモーレパシフィックやロレアル
(3)台湾はIoTスキンケア、韓国は化粧品スマートファクトリー。香水、漢方茶もカスタムの波
(4)コロナ時代の安心「ライフスタイルテック」スマートマスクにスマートベビーベッドまで
(5)肺を鍛えるデバイス、ウイルスのスクリーニング、メンタルケアなどデジタルヘルスの最前線

Text: 東リカ(Rika Higashi)
Top image: P&G LifeLab

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
39
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp