ロレアル、ロクシタン、Nu Skinも導入。英米で注目のソーシャルセリングプラットフォーム
見出し画像

ロレアル、ロクシタン、Nu Skinも導入。英米で注目のソーシャルセリングプラットフォーム

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

パンデミック中に大きな飛躍を遂げた美容ブランドの新たな販売チャネル、ソーシャルセリング。ザ・ボディショップのようにブランド自らがその仕組みを構築するほか、フリーランスの美容部員、あるいは消費者の誰もがマイクロインフルエンサーとして販売、収益を得られるプラットフォームも続々と誕生している。今回は、欧米のソーシャルセリングの新しい動きをまとめて紹介する。

Z世代向けにソーシャルセリングのトライアルを重ねるロレアル

2021年に注目を集めた販売手法であるソーシャルセリング。2021年4月の記事では、「この人から買いたい、という『人』を通して広がる購買体験」と定義して、ザ・ボディショップやロレアルの動きを紹介した。

仏ロレアルは、その後も活発に取り組みを進めている。2020年12月、米国のソーシャルセリングプラットフォーム企業 Replika Softwareに投資したのち、2021年6月には、TikTokがパイロット運用するソーシャルセリングプラットフォーム「TikTok Shopping」の試験的利用に、ロレアルUK・アイルランドの「Garnier」と「NYX Professional Makeup (以下NYX)」の2ブランドで参加すると発表。グローバルビューティブランドの初参加とあって話題になった。

ロレアルUK・アイルランドCMO レックス・ブラッドショー・ザンガー(Lex Bradshaw-Zanger)氏は、ソーシャルコマースは、ライブストリーミング、ライブショッピングに続くネクストフロンティアであり、GarnierとNYXの参加は戦略的なものだと述べた。

また、「GarnierとNYXは、英国ではすでにTikTok内での存在感を示しており、高品質なコンテンツを提供するクリエイターとも良好な関係を築いている。アプリ内で直接買い物ができ、使い方も簡単な機能を付加することで、インフルエンサーとコンテンツ、そして購買をつなぐシームレスな消費者体験を提供するための、次のステップであることは明確だ」との見解を示し、ロレアルはトライアルを重ね世界的なスケールでソーシャルコマースの展開を進めている。

多数の美容ブランドが導入するTikTok Shopping

パンデミックにより、ソーシャルメディア経由でショッピングをする傾向はますます高まっており、なかでもTikTokの勢いが増したことも、TikTok Shoppingが注目を集める理由だ。

この続きをみるには

この続き: 5,434文字 / 画像5枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf